総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>足袋について

和 装 小 物 に つ い て

足  袋

お着物を着用する際に必ず必要になる「足袋」。
草履と同様に足元のお洒落として重要なアイテムといえます。足袋は色目やデザインなどが豊富にあるためTPOに合わせてご使用ください。

足袋の種類は大きく分けると「白足袋」と「色足袋」に分かれます。
もっとも一般的で幅広くご使用いただけるのが白足袋で、礼装から普段着までどんな着物にもお使いいただけます。一方の「色足袋」は普段着にご使用いただけます。

「白足袋」と「色足袋」
元来、白足袋は礼装用として使われ、色物や小紋柄足袋は普段着用として使われていました。

現在では、幅広いお着物にご使用いただけることもあり、礼装、普段着を問わず「白足袋」が主流となっています。

しかし、足元のお洒落を楽しみたいという方も多く、「色足袋」や「柄足袋」をカラフルに上手にコーディネートすることで、とってもお洒落な装いをしていただくこともできます。
定番さらし裏の白足袋 様々なお着物にどうぞ!
さらし裏 白足袋(綿キャラコ)
21.5cm〜24.5cm

足袋の素材
足袋の素材は「絹/化繊(ナイロンなど)/木綿」に分かれます。
一般には「化繊」か「木綿」の足袋が多く使われていますが、特に馴染みの深い素材といえば「木綿足袋」が挙げられます。

伸縮性に優れたナイロンストレッチ足袋
ストレッチ白足袋・裏付き(ナイロン)
S/M/L
木綿の足袋
木綿の足袋は吸湿性がよく、草履との馴染みも良い素材といえます。
また、丈夫な生地なのでご家庭で気軽にお洗濯をしていただくことも出来るため、もっともポピュラーな素材の足袋といえるでしょう。


化繊の足袋
化繊の足袋の特徴は、年数の経過による黄ばみなどが少ない素材ということが挙げられます。
また、足の形を気にすることなく使える伸縮性にすぐれたストレッチ足袋(左写真)などもあります。

裏生地による使い分け
足袋を使い分けるポイントで「裏地」も重要なポイントとなります。
まず、足袋は「単衣」と「袷」のふたつの仕立に分かれます。


単衣仕立の足袋
単衣仕立てのものは6月〜9月までの単衣の時期にお使いいただけます。

袷仕立の足袋
袷仕立の足袋を大きく分類すると「白木綿」(晒裏)と「ネル」(ネル裏)に分かれます。白木綿は1年を通してご使用いただけます。一方、ネルは保温性の高い素材のため主に冬場の寒い時期にご使用いただくと良いでしょう。
木綿袷仕立(さらし裏)
ネル袷仕立(ネル裏)
「こはぜ」の枚数による使い分け
足首の部分を止める「こはぜ」の枚数ですが、それこそ幾つもの種類が存在します。
一般に多く使われているのが「四枚こはぜ」か「五枚こはぜ」となります。

なかでも、もっとも主流といえるのが「4枚こはぜ」です。お着物を着用すると、どうしても正座をする機会が多くなります。その際、四枚こはぜであれば足首の締めつけが少ないため楽にご着用いただける利点があります。逆に「5枚こはぜ」は底が深く足首が見えにくいため、立ち姿はきれいとも言われています。
木綿足袋(四枚こはぜ)
ストレッチ足袋(五枚こはぜ)
足袋を汚れから守る「足袋カバー」
お着物を着用時には草履や下駄を履くため、どうしてもホコリなどで足袋が汚れてしまうものです。お出掛け先で足袋が汚れたまま、相手方のお宅にお邪魔するものエチケットに反します。

そんなときに用意しておくと便利なのが足袋カバーです。通常の足袋の上から、足袋カバーを重ねて履き、訪問先で足袋カバーを脱いでしまえば、きれいな足元でお邪魔することが出来ます。主に茶道をやられる方に多く愛用されている商品です。
足首までしっかり止められるこはぜ付
足袋カバー(五枚こはぜ)
S・M・Lサイズ
履く、脱ぐ簡単で便利なソックスタイプ
足袋カバー(こはぜなしソックスタイプ)
M・Lサイズ
紳士用の足袋
紳士用の足袋も種類は豊富です。
礼装用や改まった席には白足袋を使い、色・柄の入ったものは主に普段着用となります。

男性の普段着用足袋といわれて連想するのが「黒朱子」と「紺キャラコ」です。なかでも、もっともポピュラーといえるのが「黒朱子」です。光沢のある黒地で朱子織で織られた生地を使用した足袋です。これ以外の「裏地・こはぜ」などについての基本は女性の足袋と変わりません。
「黒朱子足袋」普段着のお着物に・・・
黒朱子足袋 ネル裏
24cm〜27cm
「ブロード生地の白足袋」礼装のときに・・・
白足袋 さらし裏(ブロード)
25cm〜28cm
お子様用の足袋
お子様用足袋といえば、主に七五三のお祝いで多くお買い求めいただきます。
こちらはお祝いの改まった場所というこで基本は白足袋を使用します。近年では、お洒落な色柄の足袋をご使用になられるケースもありますが、こちらはお着物とのバランスをみながら上手にコーディネートをすることが大切です。

お子様用の足袋は「綿」と「化繊」に分かれます。
近年、人気がある商品といえば、ストレッチタイプの「のびのび足袋」です。
伸縮性のある素材のため、履きやすく楽であること。また、のびのび足袋のソックスタイプは、簡単に履かせることができることでも人気がある商品です。

しかし、足袋の王道といえば「綿素材の足袋」です。こちらは草履・雪駄との馴染みの良さ、化繊素材とは異なった質感(見た目)の良さがありますので、是非おすすめしたい素材です。

こちらは、お好みで選んでいただくことになりますが、お子様の年齢により使い分ける方が多いようです。弊店では3種類のタイプをご用意しています。
草履との馴染み、質感は最高です!
お子様足袋/四枚こはぜ(綿ブロード)
13cm〜21cm
のびのび足袋だけど足首をしっかりサポート!
お子様のびのび足袋/三枚こはぜ
S・M・Lサイズ
簡単に履けるのが最大の利点!
お子様のびのび足袋(ソックスタイプ)
14-16cm 16-18cm 18-20cm

足袋サイズの選び方 (ご参考にご覧ください)
足袋のサイズを選ぶときに迷ってしまうことありませんか・・・。
「5o小さめが良い」「同じが良い」「5o大きめが良い」など、様々なことが言われています。
弊店でも、長年足袋の販売を行なっていますが、実はこれらの基準は、どれも間違いではないと思います。


足袋のサイズ選び(基準)
・足の実寸を測った場合(爪先から踵まで)には約5oを足したサイズ。
・靴のサイズを基準に選ぶ場合には約5oを引いたサイズ。もしくは同じサイズ。
・男性の場合は靴と同サイズが良いと言います。

ですが・・・。いくつか気をつけて頂きたいことがあります。
皆様も日頃「靴」を購入するとき、各メーカーさんにより微妙にサイズに違いがあったり、甲の高さ、足の巾などにより、いつものサイズでは「ピッタリ合わない」なんて経験があると思います。足袋も同じように各メーカーにより微妙な違いがあります。


出来れば足袋の試着を・・・
足袋を購入する際には、出来れば試着をしてからお買い求めになられることが望ましいと思います。実際に足袋を履いてみると思っていたよりきつく「足が痛くなってしまった」なんてことも少なくありません。もちろん、「試着品を履くのは抵抗が・・・」という方もいらっしゃるでしょう。その場合には、試しに一足購入して丁度良いサイズのものを探し、継続してお買い求めいただくことが最良かと思います。

木綿の足袋は洗うと縮む
木綿の足袋は、水につけて洗うことで多少の縮みが発生します。
お洗濯後に足袋を履かれることで、ほとんどのケースでは、元通りに足元にピッタリフィットすることが多いようです。また、足袋を干すときのワンポイントとして、表底共にしっかりシワを伸ばし形を整えることで、履きやすくなるとも言われます。

しかし、品質や素材によっては縮みの程度が大きく変わるケースがありますので、商品によっては想像以上に縮みが大きく履けなくなってしまうこともあるかもしれません。いずれにしても、各商品の特長を理解して「少し大きめが良い」「同じサイズでもOK」などを見極めてお買い求めいただくことが最良でしょう。

元のページへ戻る



弊店定番商品 きねや足袋「特級白四枚」のご紹介!
弊店が定番商品として扱っている女性用サイズの足袋が、きねや足袋さんの「特級白四枚」という白足袋です。豊富な種類を取り扱っている「きねや足袋さん」が、看板商品として自信を持ってお客様へおすすめされている足袋となります。

きねやさんの指定工場にて別織で織られている生地は、細番手の糸を使用した高級キャラコ木綿生地です。適度なコシがある別織キャラコは、丈夫でしっかりした生地質であるということはもちろん、見た目の良さ、足への馴染みがとても良いことが特徴です。

また、つくりへのこだわりも感じさせてくれるお品物です。

まずは「手掛け仕立て」です。足袋は「こはぜ」で足首を止めて履いて頂きますが、一級品とされる足袋のみ、コハゼを留める為の糸を手で縫い付けています。これにより生地の傷みも少なく、なにより足へのフィット感が向上します。

そして右写真の「ドイツ式八方ミシン」。
なにやらレトロな風情を感じさせてくれる不思議な形のミシンですが、つま先部分を縫うために、遠くはドイツから渡ってきた足袋用に改良されたミシンです。(元々は靴用)

履き心地を左右するつま先部分のふくらみは、小さなふくらみ(ギャザー)を取りながら立体的に縫っています。こちらの伝統ミシンと熟練した職人の技により、履き心地の良いふっくらした足袋に仕上がっています。

最後に大切な工程となる仕上げです。
こちらは機械を使わずに、職人さんが様々な形の木製の道具を使い手作業にて行っています。

・高品質を証明する「足袋の耐久性」
・足元を美しく見せる「シルエット」
・別織高級キャラコ生地を活かす「履き心地」

これらに重点をおき、つま先からかかとまで1点1点を丁寧に仕上げています。一級品としての足袋づくりにかける、きねや足袋さんのこだわりを感じさせてくれる行程です。

また、足袋を洗濯されて何度か使用されたいケースでも、お洗濯後の風合いも楽しんで頂ける足袋といえます。

こちらのきねや足袋特級シリーズは、その品質の良さからご愛用を頂いているお客様も多く、弊店も「おすすめできる足袋」となります。是非、お試しください。
手掛け仕立て
一級品のみコハゼを留める
糸を手で縫い付けています

ドイツ式八方ミシン
履き心地を左右するつま先は伝統ミシンで安定したふくらみ(ギャザー)を取りながら縫製しています。

手作業による仕上げ
履き心地を追及し、つま先からかかとまで丁寧に仕上げていきます。

種類も豊富な「特級」シリーズ
ご紹介の特級シリーズは「柳型・あで細型・細型・中型・現代型・F型」の6型があり、既製品でありながら、お客様の「足首、足巾、甲」のサイズに合わせてお好みでお選び頂くことが可能です。

この中で、弊店が通常在庫として扱っているのが。

◆中型…標準サイズ

◆現代型…ややゆったりサイズ

◆F型…ゆったり(足首が気になる方におすすめ)

これら3種類は常備取り扱い品(品切れはご容赦ください)として、店頭でお買い求め頂けます。

店頭では足袋のご試着が可能です
弊店では足袋のご購入時に「ご試着」をおすすめしております。この際、お客様から靴のサイズをお伝え頂くのですが、実際に足袋を履いていただくと「きつかった」「大きかった」というケースも少なくありません。

特に、特殊サイズといえる「現代型」「F型」では、ご試着をおすすめしております。
足首、甲、巾が標準の方におすすめ!
きねや特級白四枚・さらし裏・中型(23cm)

足首、甲、巾が「ふっくらサイズ」の方に!
きねや特級白四枚・さらし裏・F型(23cm)

元のページへ戻る

オンラインショップでよく売れてます!特殊サイズの「現代型」「F型」
特級シリーズ「中型・現代型・F型」の3種類は、弊店オンラインショップでもご購入を頂けます。
なかでもオンラインショップでよく売れているのが「現代型」「F型」の特殊サイズです。

さて、こちらの特殊サイズの足袋ですが、既述のように実店舗では「足袋のご試着をお願い」しておりますが、オンラインショップでのご購入では「ご試着を…」という訳にはいきません。

そのため、お客様から「現代型の大きさはどのくらいですか?」「足首が太いので合うサイズの足袋を探しています」などのご質問やお問い合わせを頂戴したことがございます。

そこで…
弊店といたしましても「お客様にできる限りご満足を頂けるお品物をお届けしたい」ということから、きねや足袋株式会社様へお願いしまして、特殊サイズの足袋につきましては「先周、甲周、斜周、足首周」の目安表を作成させて頂きました。

こちらは「あくまで目安としてご活用ください」ときねやさんからは念を押されておりますが、ご購入時の目安としてご参考にして頂けましたら幸いです。

特殊サイズの足袋を探されているお客様も多いため、こちらでご紹介をさせて頂きます。

足袋のサイズの測り方
測る上での注意点
メジャーにて所定のポイントで巻いて、力を入れた状態ではなく、食いこませずメジャーが上にピタッと乗っている状態にする。
凹凸部分は指でさわりポイントを確認してください。
B斜周の計測に関しては、かかとと床の間に丁度メジャーが入る位置にして、そこをポイントにして測ってください。

@先周 A甲周
親指の下にある山の最も高い部分と小指の下にあるくぼみにポイントを合わせメジャーを1周させます。
甲の最も高い所にポイントを定め  底から垂直になるようにメジャーを1周させます。

B斜周 C足首周
足首始まりのくぼみとかかと+底の間にポイントを定め、メジャーを1周させます。
底から11cmの足首にポイントを定め、メジャーを1周させます。


「特級白四枚・さらし裏・現代型」の目安表
現代型タイプ(ゆったりサイズ)/目安表 中型(標準)より「もう少しゆったり」という方におすすめです!
足袋サイズ 22.0cm 22.5cm 23.0cm 23.5cm 24.0cm 24.5cm
@先周サイズ 20.3cm 20.9cm 21.2cm 21.2cm 21.5cm 22.5cm
A甲周サイズ 22.0cm 22.6cm 23.2cm 23.3cm 23.7cm 24.7cm
B斜周サイズ 26.4cm 26.6cm 27.4cm 28.0cm 28.6cm 28.8cm
C足首周サイズ 18.8cm 19.8cm 20.0cm 20.0cm 21.0cm 21.2cm
※現代型のご購入はこちら

「特級白四枚・さらし裏・F型」の目安表
F型タイプ(ふっくらサイズ)/目安表 「かなりゆったり目の足袋が良い」という方におすすめです!
足袋サイズ 22.0cm 22.5cm 23.0cm 23.5cm 24.0cm 24.5cm
@先周サイズ 21.2cm 21.5cm 22.0cm 22.7cm 23.1cm 24.1cm
A甲周サイズ 23.1cm 23.6cm 24.0cm 24.8cm 25.4cm 26.4cm
B斜周サイズ 28.6cm 28.8cm 29.0cm 30.2cm 30.8cm 31.6cm
C足首周サイズ 23.2cm 23.4cm 24.0cm 24.6cm 25.4cm 26.0cm
※F型のご購入はこちら

中型(標準サイズ)もご用意しております!
中 型 もっとも標準的なサイズとなります。過去に足袋をお買い求めになられて特に問題がない方はこちらをお買い求めください。
※中型は2種類の裏地をご用意しております。 さらし裏はこちら /ネル裏はこちら
現代型 中型より、ややゆったりしたサイズで作られています。
標準サイズの足袋では少しきつく感じられる方におすすめです。
F 型 足首・足巾・甲のサイズがふっくらした方におすすめです。
全体にかなりゆったりとしたサイズとなっています。



上記でご紹介の商品をオンラインショップにて販売しております!
皆様からのご注文を心よりお待ち申し上げます。

お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!



元のページへ戻る