総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>裾除けについて

和 装 小 物 に つ い て

裾 よ け

お着物を着用するときの下着となる「裾よけ」。
裾よけという名称以外にも「蹴出し」(けだし)とも呼ばれています。
裾よけには様々な素材やデザインがあり、お使いになられる用途によって使い分けが必要です。

肌着と同様に素肌に触れるものですから、肌ざわりがよく、吸湿性が高いものがおすすめです。
品質もある程度は良いものをお買い求めいただく方が良いでしょう。重みのある生地のものは、長襦袢の下につけた際に着崩れを防ぎ、裾さばきもよく、歩きやすくなります。また、丈夫でしっかりした素材を選ぶことで、ご着用後に何回お洗濯をしても長年に渡りご愛用いただけるでしょう。

裾よけの種類
裾よけの主な種類をご紹介すると「腰巻式」「パンツ型」「スカート型」に分かれます。また、下着としては湯文字などがあります。

それぞれお好みによりお選びいただくことになりますが、ご着用になられるお着物を基準に使い分ける方が多いようです。

腰巻式
昔ながらのスタンダードな形といえるのが「腰巻タイプ」の裾よけです。フォーマルからカジュアルまで幅広く使われています。
特にフォーマルのお着物では、夏場などの暑い時期でも、パンツ型ではなく、腰巻式を選ばれる方が多い印象があります。

腰巻式は腰の部分に約15cm程度、晒しの生地の腰布(力布)がついています。これにより腰周りの余分な肉をウエストに押し上げて体型補正の役割もこなしながら、身につけることができます。また、これより下(脚布)部分の生地(素材)により、着用時期や裾裁きの良さなどが変わります。


パンツ型
近年、人気のあるパンツ型の裾除け。
パンツ型は、いわゆる「ステテコ」「下ばき」となりますが、下着としての役割だけでなく、裾よけの代わりとして単体でご着用をいただき愛用される方も多くなりました。

使い分けは好みとなりますが、「軽いお出掛け」「お稽古」「夏場のお着物」などで好んでご愛用いただく方が多いようです。

もちろん、裾除けと一緒に下着としての活用も効果的です。
冬場は保温、夏場は汗取りとしても重宝ですし、脚部での素肌のスレを抑えることができる点もポイントです。

基本は生地(素材)で着用時期を使い分けますが、素材によって裾裁きも変わるため、上手にお選び頂ければよろしいかと思います。
腰巻式の裾除け
人気の高いベンベルグ素材
ベンベルグ裾除け
M/L/LLサイズ
(販売)

パンツ型(ステテコ/下ばき)
ベンベルグ下ばき(パッチ)
M/Lサイズ
(販売)
スカートタイプ
スカートタイプは、既述の腰巻式の腰布部がゴムなどになっておりスカートの形状をしています。そのため、手軽に着用できる点がポイントです。季節の使い分けなどは腰巻式と同様です。

裾よけの素材
裾よけの主な素材として「絹/化繊(キュプラ・レーヨン・ポリエステル)/ウール(モスリン)」などがあります。

それぞれの特徴として、「絹」は価格の面では少々割高ですが、着心地・裾さばきがよく、静電気も起きにくい素材です。一方、化繊素材は価格も値頃で裾さばきもよい素材のため人気商品といえます。また、ウール素材は保温性の高い素材のため、主に冬場の着用に適しています。

肌ざわり、裾裁きの良さで人気の素材
旭化成ベンベルグ裾除け
M/L/LLサイズ
(販売)

夏素材「壁絽」ならではの清涼感が魅力
旭化成ベンベルグ壁絽裾除け
M/L/LLサイズ
(販売)

吸湿性の良い綿クレープは汗ばむ時期に…
クレープ裾除け(綿100%)
M/Lサイズ
(販売)
いくつかの素材の特徴をご紹介してみましょう。

ベンベルグ(キュプラ)
裾よけのなかでも人気の素材といえるのが、旭化成ベンベルグ(キュプラ)です。

肌ざわりの良い優しい風合い、ムレやベタツキを抑えた爽やかな着心地。すべりの良さによる裾さばきの良さが魅力です。

また、冬場の着用では静電気による纏わりつきが気になりますが、他の化繊と比べて「静電気が起きにくい」といわれるお客様も多い素材です。

着心地の良さ、裾裁きの良さ、お手入れのしやすさと三拍子が揃った人気商品です。

ベンベルグ壁絽(キュプラ)
ベンベルグの夏用素材となる「壁絽」。
肌ざわりの良い優しい風合いがベンベルグの魅力ですが、これに清涼感をプラスしたのが壁絽という織り方です。

壁絽とは壁糸(強く縒りをかけた糸)を横糸に使用した絽のことで、ベンベルグを壁絽で織ることで肌ざわりの良さに加え、ハリのあるサラリとした夏物の清涼感を出しています。

また、裾さばきの良い素材でもあるため、夏の着物全般にお使いになられることが多い商品です。

綿クレープ(綿100%)
夏場はもちろん、春先から秋口までの汗を意識する時期におすすめなのが綿クレープです。

木綿は吸湿性が良く、さらりとした着心地が特徴となるため、汗ばむ時期にはおすすめの素材です。

これをクレープ地(糸を強く縒ってシワ、シボを出す織り)にすることで、素肌へ触れる面積を減らし、べたつかない爽やかな着心地にしています。また、平織り木綿と比べ、やわらかい風合いも魅力です。

汗を吸い取る吸湿性の良さ、暑い時期でも体温が籠らないなど、化繊との違いも挙げられるでしょう。暑さを感じる時期におすすめのお品物です。

この他にも絹、ポリエステル、ウール、麻などの100%素材。または混紡糸(綿+麻)などの互いの良さを活かした「良いとこ取り」の混合素材など、お品物(素材)により特徴も様々です。

また、季節による素材の使い分けも大事ですが、お着物では裾さばき(すべり)の良さが判断基準になることもあります。どちらにしても着る方が「快適」と感じられる素材選びがおすすめです。

裾よけのデザイン
既述した「裾よけの種類」とは別に、裾よけのデザインについてもご紹介してみましょう。

こちらは腰巻式の3種類となりますが、左から「普通の裾除け」「レース付きの裾除け」「東(あずま)スカートの裾除け」となります。下の写真をパッと見ても同じような感じで、なんだか違いがよく分からないかもしれませんが、それぞれデザインが異なります。

左から順番にご紹介いたします。
まずは普通の裾除けです。もっともスタンダードなデザインの腰巻式裾除けです。
腰布は綿、脚布は一面すべてがベンベルグとなっています。特にこだわりがなければ、こちらをご用意されれば、フォーマルからカジュアルまで幅広くご使用いただけます。

スタンダードなデザイン
ベンベルグ裾除け
M/L/LLサイズ
(販売)
お洒落なレース付タイプ
ベンベルグ裾除け(レース付)
M/Lサイズ
(販売)
マチ布付で肌蹴ない裾除け
ベンベルグ裾除け(東スカート)
M/Lサイズ
(販売)

お洒落なレース付の裾よけ(販売)

マチ布がついて肌蹴ない東スカート(販売)
レース付きの裾よけ
裾よけにおしゃれ心をプラスしたいときには、レース付きの裾よけがおすすめです。

また、爽やかな印象のあるレース付は夏物でも人気があります。「おしゃれな裾よけを・・・」と思う日や振袖のお嬢様方に人気のお品物です。

また、レース生地がついているため、裾に重みが出ることもあり「レース付が好き」というお客様もいらっしゃいます。お好みに合わせてご使用ください。


裾よけ(東スカート)
普通の腰巻式の裾除けに、一巾(約40cm)程度のマチがつけられ、全体が輪(スカート状)になる裾よけを「東(あずま)スカート」といいます。

一般に踊り用として足を開いた振り付けの時など、素肌が見えないようにマチがつけられています。
もちろん、普段使いでのご利用になれるお客様もいらっしゃいます。お好みに合わせてご使用ください。


裾折り返しタイプ
ご紹介のお品物は普通の裾ですが、裾生地を折り返して重みを出す裾折り返しタイプもあります。

裾よけの色柄について
色柄は「白、ピンク、ブルー」など様々なお色のものから小紋柄のお洒落なものまで種類は豊富です。お洒落な色柄の入ったものを選ばれるときの注意点として、「濃い色目の裾よけ」は「薄い色の着物」には映る場合があるので念のため気をつけたいところです。

また、一般には留袖や訪問着などのフォーマル着物には「白色」の裾よけが無難です。もしくは、上品な薄い色目のものをご使用なられると良いでしょう。


裾除け番外編/着付け和装品のご紹介

着くずれを防ぐための和装用ショーツ股割タイプ
お着物の着用時には、お手洗いで着くずれしてしまうことで悩まれる方も多いことでしょう。
そんな時には、股割タイプのショーツがおすすめです。

こちらはコーマ掛けした高級綿糸を使用したショーツです。コーマ糸は繊維が均一で糸むらも少なく、美しくつややかな光沢と丈夫さ(強さ)が特徴です。そのため、下着としての吸湿性も非常に高く、毎々のお洗濯にも強い高級綿といえます。肌ざわりも良く、冬は保温に、夏は汗取りとして、着心地もさわやかなお品物です。

また、丈の長さ(五分長・七分長)はお好みでお選びください。

五分長の和装ショーツ
和装ショーツ五分長股割
M/L
(販売)
七分丈の和装ショーツ
和装ショーツ七分長股割
M/Lサイズ
(販売)



上記でご紹介の商品をオンラインショップにて販売しております!
皆様からのご注文を心よりお待ち申し上げます。




元のページへ戻る