総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>帯枕について

和 装 小 物 に つ い て

帯  枕

帯の形を作る土台となる「帯枕」。
着付けの際、お太鼓結びをする時など、さまざまな帯姿を形づくり、帯山に立体感を出すための和装小物です。大きさ、形には様々な種類があり、目的に応じて選ぶ必要があります。

帯枕の使い分け
様々な種類のある帯枕ですが、幅・高さ・膨らみ具合・色柄をお好みに応じて選んでいきます。

まず、帯枕選びの基準にしたいのが、帯結びを行なった際、お太鼓の帯山の膨らみ具合で、「華やか(派手)・落ち着いた(地味)」な印象をあたえるところにあります。

ご着用になれるTPOやお着物の種類により使い分ければ、様々な印象で帯結びが行なえます。
そこで・・・。基本的な選び方の目安をご紹介します。
オーソドックスなピンク地の帯枕
帯枕(ピンク地の紗綾形紋)
標準サイズ(縦7.5cm×横20.5cm)
(販売)
小ぶりサイズ(縦7cm×横18cm)(販売)

大きくて厚めの帯枕
大きくて厚めの帯枕は、帯結びを行なった際、お太鼓の山が高く膨らみができます。そのため、帯結びが派手に見える傾向があります。そこで留袖・訪問着など華やかな印象で装いたい礼装のお着物に向いています。また、若い方であれば、華やかさ・派手さのある帯結びが行なえます。

薄くて小さめの帯枕
一方、小さくて薄い帯枕は、お太鼓の山が小さく平らになるため帯結びは落ち着いた印象で見える傾向があります。そのため、ご年配の方やカジュアルのお着物、小紋や紬に適していると言われます。また、不祝儀の時に、控えめで落ち着いた印象を与える帯結びがしたいという方に向いているといえます。

大きさに対して「必ず」という決まりはありません。大きすぎず、小さすぎずの適度な大きさの帯枕であれば、フォーマルからカジュアルまで幅広くご利用いただけると思います。いずれにしても、TPOに合わせて上手に帯枕を使い分けください。

帯枕ガーゼ付(標準サイズ)(販売)
紐タイプ、ガーゼ付き2種類の帯枕
一般に帯枕には「紐タイプ」と「ガーゼタイプ」の2種類がありますが、こちらはお好みでお選びください。

近年ではガーゼタイプの帯枕が「締めやすい、馴染みが良い、緩まない」などの理由で人気が高いといえるでしょうか。

また、弊店のお客様ではガーゼを自作で縫製されている方、他の素材を使用してご利用いただく方もいらっしゃいます。このようなお客様には紐タイプをご購入を頂くことが多いです。

まくら紐(販売)
ガーゼタイプに生まれ変わる「まくら紐」
お手持ちの帯枕にガーゼが付いていない、または汚れてしまったときの交換用としてもおすすめなのがまくら紐です。

既に袋状に縫製がしてありますので、左図のように帯枕を中に入れて頂くだけでご使用頂けます。

付属に「枕止め用のゴム」が付いておりますので、帯結びを行う際、あらかじめ帯枕に帯揚げを掛けておき、こちらのゴムで止めておけば帯揚げがズレてしまうことも少なく着付けがしやすくなります。


また、帯枕にガーゼをかぶせて、紐の替わりに結ぶことで安定したしっかりした帯結びが行えます。
柔らかい素材のガーゼは、ソフトな締め心地でありながら、緩みにくいという特徴もありますので、この辺りも人気の理由かと思います。

変わり結びの帯枕
通常のお太鼓結びではなく、変わり結びの際には、はまぐり型の帯枕が最適です。

こちらは、主にふくら雀などの変わり結びを行なうときに利用されています。

振袖の変わり結びには必需品といえる帯枕です。
主に振袖で使われる はまぐり型の帯枕
帯枕 はまぐり型(ガーゼ付き)(販売)

色柄による使い分け
まず、色柄で注意していただきたいのが、「薄い色目の帯揚げ」「夏物の帯」では帯枕が透けて見えてしまうケースも考えられますので注意が必要です。(わざと見せるというお洒落もありますが)

そのため、一般には無地のものがおすすめとなりますが、特に礼装の装いのときには配慮が必要です。

そこで、「婚礼には白」・「不祝儀には黒」と使い分ける方もいらっしゃいます。また、色柄ものは主にカジュアルのお着物に向いています。
白地の婚礼用帯枕 黒地の不祝儀用帯枕
帯板(白小桜紋)(販売)/(黒紗綾形紋)(販売)

帯枕番外編/着付け補正用品のご紹介

帯揚止(販売)
帯を結ばず、しっかり止まる「帯揚止」
着物姿の要といえる帯結び。
できれば簡単に着付けたいものです。そんな帯結びをサポートしてくれる帯揚止のご紹介です。

本来では帯を結ぶ(ねじる)手順で帯を結ばず、そのまま下の金具を外し左写真の向きに背中から差し込みます。この際、帯全体(背中から外側まで)を挟み込んで固定することで帯を結ばずにお太鼓作りの手順に入れます。その後は、普段通りに帯枕を乗せて帯結びを行うと完成です。

帯揚止金具は「これがなくては着付けが出来ない」というものではありませんが、「手を離しても帯が緩まない」「お太鼓の山が着崩れしない」「硬い帯でも着付けやすい」「帯の傷みを軽減できる」などの理由で、愛用する方も多いお品物です。

御腰あて(販売)
身体のラインを平らにするための補正用品
お着物では「筒型ボディ」が理想とされています。
直線断ちされているお着物は、なだらかなボディラインを作ることで布地が身体に沿いやすくなり、着付けもしやすく、着物姿もきれいです。

こちらは腰のくぼみを補正する「御腰あて」です。
背中からヒップラインをなだらかに整える和装製品ですが、着物姿の要ともなる「帯」にも関係してくる個所となるため、ご愛用をいただく方が多いお品物です。



上記でご紹介の商品をオンラインショップにて販売しております!
皆様からのご注文を心よりお待ち申し上げます。

お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!




元のページへ戻る