帯板について

和装小物について

 

帯板について

お着物を着用するときに必要な帯板。
着付けで帯を締めるとき、前にはさみ、前帯の部分にシワがよらないようにするための和装小物です。帯板という名称以外では「前板」とも呼ばれています。

 

一般には、厚めのボール紙で板状のものに布地が貼り付けられています。この布地に様々な色柄が配されています。また、プラスチック製の帯板もあります。

 

帯板には様々な種類がありますが、主な使い分けの方法は「長さ」と「色」で決めていただくことになります。しかし、帯板の使い分けに必ずという決まりはありません。
そこで、主な使い分けの目安をご紹介いたします。

 

長さによる使い分け

様々な長さの帯板がありますので、ここでは目安をご紹介します。

 

長めの帯板:花嫁衣裳やフォーマルのお着物に向いていると言われます。脇まで全体をしっかりとサポートしてくれます。しかし、細身の方など体型によっては、長すぎると脇に当たって痛いときもあるようです。

 

短め帯板:カジュアルのお着物に向いていると言われます。

 

体型による長さの目安は、胴の両側脇より少し短めのものを選ぶと綺麗にご着用いただけます。最終的には、使いやすさを重視して、体型に合わせお好みで長さを選ばれるほうが良いでしょう。

帯板とは,帯板画像,帯板サイズ,帯板値段,帯板使い方,帯板浴衣,帯板前板,バンド付帯板,メッシュ帯板

帯板(ピンク地の紗綾形紋)

上:横49.5cmサイズ

中:横43.5cmサイズ

下:横34.5cmサイズ


幅(高さ)による使い分け

一般的な帯板の幅は10〜15cm程度のものが多いようです。これ以上の幅があるものは、帯幅の調整できる帯にご利用ください。

 

幅(高さ)の選び方にも決まりはありませんが、目安をご紹介いたします。

 

幅が広い帯板
留袖・訪問着・振袖など礼装のお着物には袋帯を合わせますが、帯幅を広めにとることで華やかな印象を与えることが多くあります。その際、帯板も少し幅広のものを選ぶことで、より綺麗にご着用いただけると思います。

 

幅が狭い帯板
名古屋帯などの帯幅の決まっている帯には、帯からはみ出ないように、帯幅に合わせた幅の狭い帯板をご利用ください。

 

お子様の帯板
七五三や十三参りなど、お子様の着付けの際にも、帯から帯板がはみ出さないように気をつけてください。大人用の帯板では「幅がはみ出る」「当たって痛い」などの問題がある場合もありますので注意してあげたいところです。このような場合はお子様用の帯板をご利用ください。

 

着付けに便利なバンド付タイプ

通常の帯板は着付けの帯結びを行なう際に差し込んで使うものですが、こちらの「バンド付タイプ」はあらかじめバンドで胴に留めてから帯結びを行います。そのため、ご自身で着付けをされる時には、とっても便利です。

 

こちらは、若い方などゆかたのお客様に、よくお買い求めいただきます。あらかじめ、バンドで帯板を固定しておくことで、スムーズに帯結びが行えますから、着付けが不慣れな方にはおすすめの帯板です。

バンドで固定できるから着付けも楽々

帯板とは,帯板画像,帯板サイズ,帯板値段,帯板使い方,帯板浴衣,帯板前板,バンド付帯板,メッシュ帯板

帯板バンド付タイプ(横43.5cm)


柔らかく通気性の良い素材(メッシュタイプ)

帯板とは,帯板画像,帯板サイズ,帯板値段,帯板使い方,帯板浴衣,帯板前板,バンド付帯板,メッシュ帯板

帯板メッシュタイプ(横54.5cm)

夏場のお着物用のメッシュ素材の帯板もあります。

 

メッシュの帯板は、主に夏用として使用するのが一般的ですが、薄めの素材のため、柔らかい締め心地で通気性が良いことから、1年を通してご利用になられる方もいらっしゃいます。

 

また軽い素材なのでゆかたの兵児帯のときに使うのにも最適です。


 


はじめに 会社案内・地図 お問い合わせ リンク お買い物ガイド