総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>腰紐について

和 装 小 物 に つ い て

腰  紐

お着物を着用する際に必ず必要になる「腰紐」。
通常はお着物に2本、長襦袢に1本、着付けの際に帯の仮止め用に1〜2本が必要になり、合計5本を用意すれば良いでしょう。

腰紐は着付けの要となる重要な役割があります。
腰紐でしっかり着付けをすることで着くずれを防ぎ、さらにお着物の裾線を綺麗につくれば、美しいきもの姿でご着用いただくことができるでしょう。特に留袖、振袖、訪問着などの重たいお着物を着用するときには、馴染みがよく、すべりにくい(着くずれしにくい)素材を選ぶなど、ポイントをおさえてご購入いただくことが最良かと思います。


腰紐の素材
腰紐の素材は幾つかあり、基本は正絹、化繊、モスリン(ウール)、ゴム製品に分かれます。
それぞれ、価格、使いやすさ、お手入れのしやすさなど一長一短があります。個人のお好みもあり一概にはいえませんが、それぞれの特徴はこんな感じでしょうか?


正絹素材の腰紐
正絹腰紐はお着物との馴染みもよく、締りも良いため、とても使いやすい素材といえます。お品物によっても多少の違いがありますが、お客様からは「薄くて帯周りがスッキリ締められる」「生地が柔らかいので使いやすい」と評価されることが多いです。価格とお手入れの部分では、難渋なところがあると言えるでしょうか?

正絹腰紐といえば…この商品!
正絹腰紐(絞り入り)(販売)
厄除け鱗文様の正絹腰紐 オリジナル別注品
正絹腰紐(鱗文様)(販売)

化繊素材の腰紐
化繊の腰紐は価格が安く、お手入れがしやすいという部分では魅力ですが、一部のお品物では「滑りやすく、結び目が硬くなってしまい解けにくい」と評価されてしまうものもあるようです。

この辺りは使用頻度や価格などを含めてご選択いただくことが最良かと思います。

また、右写真のようなお洒落柄の腰紐は、化繊素材ならではといえるでしょう。こちらは化繊長襦袢地を腰紐としてお仕立てしたものです。
見えない所で自分だけの楽しみを…
お洒落腰紐(ポリエステル)(販売)

モスリン素材の腰紐
もっともポピュラーで定番素材と言えるのがモスリンの腰紐です。

締まりすぎず、ゆるみも少なく、馴染みもよい、さらに絹のきものを傷めてしまったり、色落ちなどの心配も少ない素材といえます。

そのため、留袖や訪問着などの重めの着物からゆかたなどの普段着まで幅広く使われています。

なにより、お手頃な価格、お手入れがしやすいということでも人気の高い素材です。
おすすめの定番品 モスリン腰紐
モスリン腰紐(白・ピンク)(販売)

長さ、巾で選ぶ腰紐!(モスリン腰紐にてご紹介)
腰紐を上手に選ぶ際のポイントとして考えたいのが「長さ」と「巾」です。
着付けの際に紐を締める方法も「結ぶ派」「絡める派」などの違いもあり、少し長めの方が結びやすいという方もいらっしゃいます。こちらはお好みにてお選びください。

また、腰紐の「巾」も気にしたいところです。
腰紐の素材によって(特に絹、化繊の薄手の生地質のもの)は、紐が細く丸まってしまうことで、身体へ食い込みで痛くなってしまことがあるようです。そのため、ある程度の巾がある腰紐の方が、締める力も分散して安定して締めやすい傾向にあります。

こちらは素材や好みによるところもありますが、お客様からの評価を参考にさせて頂き、弊店では巾の目安を「約4.5cm以上」のお品物で取り揃える(販売する)ようにしています。

腰紐の素材(生地質)、生地の取り方(巾/裁断)、縫製方法などによっての価格の違いもありますが、腰紐をご購入される際のワンポイントとして「長さ」と「巾」に注目されては如何でしょう。

弊店でオンラインショップでご購入頂けるモスリン腰紐(4種類)をご紹介!
それぞれ「長さ」と「巾」を明記してみました。
お求めやすい 特価3本セット
モスリン腰紐(白・ピンク)(販売)
長さ約200cm/巾約4.5cm
弊店で一番売れてる定番品
モスリン腰紐(白・ピンク)(販売)
並尺:長さ約210cm/巾約4.5cm
長尺:長さ約230cm/巾約4.5cm

長さたっぷりの超長尺タイプ
モスリン腰紐(白のみ)(販売/限定2本のみ)
超長尺:長さ約260cm/巾約5cm
遊び心あるお洒落腰紐
モスリン腰紐(鳥獣戯画)(販売)
長さ約220cm/巾約4.5cm

和装アンダーベルト(販売)
美容ひも(5cm巾)(販売)
ゴム製品のアンダーベルト
ゴム製品のアンダーベルトは、伸び縮みをするため圧迫感が少なくソフトな締め心地であること、身体の動きに合わせて伸縮するため「お着物の着用が楽になりました」といわれることが多いお品物です。

また、普通の腰紐と違い、結び目がゴロゴロせず、帯下がスッキリとご着用いただけることも魅力です。

この他「お食事会で沢山食べれました(笑)」「着付けた後でもお直しができる」などの評価を頂きます。


お客様からの評価を参考にした見解ですが…
アンダーベルトはゴム製品のため「ガッチリ」と締めつけることができないことで、着付け後に着崩れの原因になってしまう場合もあるようです。

この際、同じく伸縮性のある(シャーリング)伊達締めなどを併用すると良いそうです。ご参考までに。

美容ひも(5cm巾タイプ)
上記のアンダーベルト程の伸び縮みはしませんが、こちらも伸縮性のある「美容ひも(5cm)」です。簡単に止められて、結び目ができないことが人気のお品物となります。


衿の着くずれを防ぐきものベルト

美しいきもの姿といえば、衿もとは重要なポイントです。衿もとを整える和装製品として、こちらの「美容きものベルト」があります。これ以外の名称では「コーリンベルト」と呼ばれています。

こちらは伸縮性のある織ゴムを使用し、上前と下前の衿を両側についている留め具で引っ張り合い、衿の着くずれを防ぐ和装製品です。


腰紐のように締めつけるものではありませんが、衿もとの着くずれを防ぐ効果的な商品です。
美しくきれいな衿もとを保つのが役割
美容きものベルト(コーリンベルト(販売)
美容きものベルト(コーリンベルト)の使用方法
STEP1 STEP2 STEP3 STEP4
下前の衿先をコーリンベルトで留める。位置は身八ツ口の下ぐらい。 身八ツ口からコーリンベルトをひきだしうしろへ。 ゴムはゆるめに長さを調節して、うしろから前の方へ。 前にきたベルトで上前の衿先を留める。位置は高すぎないように。

帯を傷めず変わり結びの羽を押さえる
三 重 紐(販売)

変わり結びに便利な三重紐
変わり結びを行なう際に、用意しておくと便利なのが三重紐です。

紐の中央が三重に分かれています。ここで様々な形にする変わり結びの羽を押さえます。

これ一本で大小様々な形にする羽を強力に押さえつけ、さらに着用時は楽に着付けをおこなうことができます。しかも、帯自体を傷めることが少ないため、変わり結びを行なう際の必需品ともいえる商品です。



上記でご紹介の商品をオンラインショップにて販売しております!
皆様からのご注文を心よりお待ち申し上げます。

お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!



元のページへ戻る