総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>半衿について

和 装 小 物 に つ い て

半  衿

お着物を着る時に必要になる「半衿」。
長襦袢の衿に縫い付けて使うものですが、お着物の雰囲気や顔映りを左右する重要なコーディネートアイテムです。

半衿には、それこそ様々な種類があります。「素材、色柄、刺繍もの」など、これらをお着物の種類により上手に使い分ける必要があります。


半衿の素材
半衿の素材は、主に正絹、化繊、交織、麻に分かれます。夏物で使用する麻を除き、これら素材によりお着物の種類を選ぶことは特にありませんが、生地の織り方や色などにより使い分けが必要です。

正絹と化繊、素材による違い(こちらは個人的な見解が含まれます。ご参考までに・・・)
正絹と化繊は同じ色であっても色目のやわらかさに違いがあるように思います。

正絹素材は適度な光沢と発色で顔映りがやわらかい色目なのに対し、化繊は強めな光沢と発色でハッキリした色にみえる場合があります。

どちらが良いとはいいづらい部分です。
一般には「礼装のお着物」や「高級品とされるカジュアルのお着物」には正絹半衿、「惜しげないカジュアルのお着物」には化繊半衿と使い分ける方が多いようです。

お着物は結婚式やパーティーなど、人が集まるときにご着用いただくことが多く、そのような理由も含め、正絹素材の半衿を選ぶ方が多くいらっしゃいます。

しかし、正絹素材の欠点として、年数の経過により黄ばみが出てしまうことが挙げられます。
また、近年では洗える正絹素材の半衿もありますが、「お手入れのしやすさ」という意味では化繊素材に分がありそうです。(ご参考までに)


「白」と「色物」の使い分け

半衿は大きく分けると「白」と「色物」があります。

白半衿はフォーマルからカジュアルまで幅広く使用されていますが、特に「留袖・振袖・訪問着」などのフォーマルのお着物では白半衿が正式となります。

近年ではセミフォーマルのお着物では、薄い色目の半衿であればOKともいわれています。顔映りをソフトにしたい時に使われている方が多いようですが、コーディネートで迷ってしまったときには、白半衿を使われるのが無難ともいえるでしょう。

一方、色物の半衿は、お洒落感を引き立たせたり、地味な色目の着物を明るく見せる役割があります。そのため、「紬・小紋」などカジュアルのお着物にご使用いただくのがおすすめです。

また、フォーマルからカジュアルのお着物まで「幅広く使いたい!」というときには「塩瀬の半衿」がおすすめです。ごく一般的なスタンダードな半衿となりますが、礼装から日常着まで幅広いお着物に利用が可能となるため、1枚の長襦袢を「様々なお着物に組み合わせたい」というケースではとても重宝です。
礼装からカジュアルまで幅広いお着物に・・・
正絹塩瀬半衿
小紋・紬などのカジュアルのお着物に・・・
洗えるラミエール ちりめん半衿

正絹絽半衿
季節による使い分け
半衿も季節による素材の使い分けが必要です。
袷のきものには「塩瀬」「縮緬」「綸子」「明雲」などを使い、単衣の時期には「絽」「紗」「麻」「絽縮緬」などを使います。

袷から単衣の時期へ替わるときの目安を一例としてご紹介します。お着物種類(染め物、織り物)や生地(絽、紗、麻、薄物)なども使い分けに少し影響を受けますが、大まかな目安は以下の感じです。

(お好みもありますので一例としてご覧ください)
5月までは「塩瀬」。6月から織りのきものには「絽縮緬・楊柳」、染めのきものには「絽」。7月・8月(盛夏)は、絽は「絽」、紗は「絽」「紗」、麻は「麻」を合わせれば理想的です。9月は、前半までは「絽」「絽縮緬」の夏素材。後半には塩瀬などで、秋を先取りするのも面白いと思います。


刺繍半衿の使い分け

近年、とても人気の高い「刺繍半衿」ですが、こちらもTPOによる使い分けが必要です。

白地に「白・金・銀」の刺繍半衿は主に婚礼でご着用になる、黒留袖や訪問着などでお使い頂くと良いでしょう。特に留袖の場合には、「白地に白・金・銀糸」を使用した刺繍半衿をご使用ください。

また、薄い色目の刺繍半衿で品格のある刺繍のものであれば、訪問着、付け下げ、色無地などにご利用なられることで、上品なお洒落さを演出できます。

最後に色半衿にお洒落な刺繍を施してあるものは、紬や小紋などのお洒落着でご使用になられると良いでしょう。

近年では、交織や化繊素材の刺繍半衿であれば、比較的廉価なお値段でご購入が可能です。
きもの姿の重要なポイントともいえる衿もとを、刺繍半衿でお洒落に演出されてみては如何でしょうか。
留袖や訪問着など礼装のお着物に・・・
絹交織刺繍半衿
小紋・紬などのカジュアルのお着物に・・・
化繊刺繍半衿(ポリエステル)

左:三河半衿芯 右:衣紋抜き
衣紋抜き

「衿もとを美しく見せる」三河芯と衣紋抜き
ここまでご紹介のように、美しいきもの姿の要といえる衿もとですが、半衿に関連した商品に「三河芯」と「衣紋抜き」があります。

どちらも「衿もとをより美しく見せる」役割を担うものです。これが無くては着物が着れないということはありませんが、是非お使いいただきたい和装製品のひとつです。


三河半衿芯について
半衿の台衿となる三河半衿芯。
衿もとがしっかりして、お着物を着用して動いているときにも、衿もとが乱れることが少なく、美しさを保ってくれます。

半衿と衿芯を長襦袢につける方法は2種類。
衿芯に半衿をかぶせて縫い、それを長襦袢に縫いつける方法がひとつ。こちらは衿の内側にシワが寄りにくいと言われています。
もうひとつは、先に長襦袢へ衿芯を縫いつけ、その上から半衿を重ねて縫う方法があります。こちらは半衿だけを簡単に取り外しが行なえるので、お手入れや交換が簡単に出来ることが利点です。


衣紋抜きについて
こちらも衿もとを美しく保つためのものですが、衿の抜き方ひとつで、見た目の印象はかなり変わるものです。

衿の抜き加減を調整し固定することで、長時間の着用でも衿抜きが安定しますので、きれいな衿もとを保つことができます。

どうしても、お着物の着用時に動いていることで衿の抜きが詰まってきてしまうことが多くあります。

こちらも必ず使わなくてはならいものではありませんが、衣紋抜きをご使用になられることで、着くずれを防ぎ、長時間の着用でも安心してお着物をご着用いただくことができるでしょう。

衿芯(はめ込みタイプ)
こちらは長襦袢の衿に差し込んで使うタイプの衿芯です。通称「差し込み芯」とも言われています。

衿の立ち上がりを自然できれなラインに整えたり、衿もとに丸みをもたせる役割をします。

素材は「ナイロン、ポリエチレン」が多く、形状は「直線、カーブ、くりタイプ」と様々です。

「着る方の体型」や「硬め、やわらかめ」など、ご自身の好みで使い分けていただくと良いでしょう。
衿もとをきれに見せる差し込み衿芯
ナイロンベルト・くり型差し込み芯(長尺)

例えば船底タイプは二通りの使い方が可能!

オーソドックスな使い方 逆向きで使うと・・・
こちらが一般的といわれる使用方法。
衣紋を深く抜きやすくなり、衿もとが首に添うためシャープな印象の衿もとをつくります。
こちらは「衿もとゆったり派」の方におすすめ。
写真のように膨らみがでるため、衿が首に当たりづらく首回りに余裕ができます。

衿山のシワ、波打ちを抑える
(左)バイアス半衿
(右)バイアス衿芯
適度な伸縮性のあるバイアス半衿
長襦袢の「衿山にシワや波打ちが出来てしまうのが気になる」という方におすすめなのがバイアス半衿です。

斜めに交差する特殊な綾織の生地を45°の角度でカットすることにより、適度の伸縮性を実現。衿山のシワ、波打ちを解消して理想の衿ラインを生み出します。

また、バイアス半衿をご使用になられる際は、同じバイアス製の衿芯をご使用になられた方が良いでしょう。

お互いとも生地に適度な伸縮性があるので、素材どうしが馴染むことで、襦袢の衿にゆるみが少なく、きれいにご着用いただくことができるでしょう。



上記でご紹介の商品をオンラインショップにて販売しております!
皆様からのご注文を心よりお待ち申し上げます。

お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!



元のページへ戻る