総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>肌襦袢(肌着)について

和 装 小 物 に つ い て

肌 襦 袢

お着物を着用するときの下着となる「肌襦袢」。
肌襦袢という名称以外では「肌着」とも呼ばれています。肌襦袢にはさまざまな素材やデザインがあり、ご使用になられる用途により使い分けが必要です。

また、肌襦袢は素肌に触れるものですから、肌ざわりがよく、吸湿性が高いものがおすすめです。そのため、素材の品質もある程度の良いものをお買い求めいただく方が良いでしょう。丈夫でしっかりした素材であれば、ご着用後に何回お洗濯をしても永年にわたりご愛用いただけるかと思います。

肌襦袢の素材
肌襦袢の主な素材は「絹・さらし・ガーゼ・クレープ・絽」などがあります。一般的に多く利用されているのが「さらし」と「ガーゼ」の素材です。

「さらし」は汗の吸収もよく、肌ざわりもさわやかなことから1年を通して利用できる素材です

「ガーゼ」も通年でも使われていますが、保湿・保温性に優れた素材のため主に冬場(袷時期)におすすめ。

「クレープ・絽」は通気性の良い素材のため、夏場の時期に使用します。

下記に主な3種類の特徴を挙げてみました。
必ずという決まりはありませんので、季節(地域)や用途などに合わせてお選び頂ければ良いと思います。
お手頃な価格がうれしいガーゼ肌襦袢!
ガーゼ肌襦袢(共袖)特別価格892円
Mサイズ/Lサイズ
(販売)
さらし肌襦袢(共袖)
M/L/LLサイズ(販売)
通年で使われるさらし肌襦袢。
張りのある生地質となるため、さらりとした感触を好んで使われる方が多い素材。汗の吸湿も良く、爽やかな着心地が特徴です。
ガーゼ肌襦袢(共袖)
M/L/LLサイズ(販売)
肌ざわりの良い、柔らかい感触が特徴のガーゼ肌襦袢。肌ざわりが良いことから通年で使われる場合もありますが、やや保温性の高い素材のため袷時期に向きます。
クレープ肌襦袢(レース袖)
M/Lサイズ(販売)
主に夏場に利用されるクレープ肌襦袢。ですが季節に拘らず、春先や秋口の汗ばむ時期にもおすすめです。肌ざわりも良く、柔らかい質感もうれしい素材です。

お洒落な肌襦袢
「お洒落な装いを・・・」という方には、袖口にレース生地をつけたもの、袖や衿に色・柄物をつけたデザインのものなどがあります。

但し、色柄に関しては少し注意も必要です。
基本としてフォーマルのお着物にご着用になられる際は、全体が「白色」のものをお使いになるのが無難です。もちろん、カジュアルのお着物でも白色で構いません。
また、袖口にお洒落な色・柄が入っているものは、お着物の袖口から肌襦袢が見える場合もありますので、カジュアルな小紋、紬、木綿のお着物に適しています。

同じガーゼ肌襦袢でも…
ガーゼ肌襦袢(共袖)
Mサイズ/Lサイズ/LLサイズ(販売)
こちらはお洒落なレースの袖つき!
ガーゼ肌襦袢(レース袖)
Mサイズ/Lサイズ(販売)

婚礼衣装などの衿ぬきの深いお着物に・・・
ご祝儀用ガーゼ肌襦袢(共袖)
Mサイズ/Lサイズ
(販売)

えり抜きの深いお着物には・・・
これら以外では婚礼花嫁衣裳でご利用いただける御祝儀用の肌襦袢もあります。

花嫁衣裳である白無垢や打掛はえり抜きが深く、通常の肌襦袢では衿が出てしまうため、えり抜きが深い花嫁衣裳用の肌襦袢をご用意ください。

こちらは、えり抜きを深くとりたいお着物や舞台衣装など全般にご利用いただけます。


半襦袢について・・・
長襦袢の替わりに衿もとに半衿を取り付けることができる肌着を「半襦袢」と言います。

衿は半衿の取り付けがしやすいように「広衿」になっているものが大半です。さらに、この半襦袢に「半衿・襦袢袖」を取り付けるとお着物の着用時に外見からは、あたかも長襦袢を着ているように見えることから「うそつき襦袢」とも言われています。

身近なところでいえば、二部式襦袢の上だけがこれにあたります。

「簡単に着られる、洗濯がしやすい」などの理由の他にも、襦袢袖の取り付けをマジックテープで行うことで「裄丈の調整」が可能であったり、「半衿・襦袢袖」の色柄・種類を替えることで様々なお着物に着用することも可能です。軽い外出着やお稽古の時などにはとても便利な肌着です。
軽い外出、お稽古の時にはとっても便利
ローズカラー半襦袢(半衿付)

ご自身のアレンジで様々な着用が可能
さらし半襦袢(レース袖)
Mサイズ/Lサイズ
(販売)

身頃のみの半襦袢もあります。
上記でご紹介の半襦袢は、あらかじめ「半衿と襦袢袖」が取り付けられている既製品となりますが、日頃から半襦袢をご愛用される方には、オリジナリティに溢れたデザインの半衿や襦袢袖をご使用になられるケースがあります。

そんな時に便利なのが身頃のみの「半襦袢」です。

半襦袢でも構わないような簡易的な着用目的のお着物であれば、オリジナリティ溢れたものをご使用になれるのも楽しいものです。

例えば、半襦袢(既製品)の多くは襦袢袖が化繊というケースが多いものですが、敢えて正絹長襦袢地(袖のみであれば数枚作れます)で、こだわりを持ったお気に入りの一枚にしても良し。和服では少ない、華やかな洋服生地など使用するのもお洒落の醍醐味と言えます。マジックテープなどで簡易取り付けにすれば交換やお洗濯時にも便利です。

半衿を縫い付けて…
究極の簡易式は半衿のみで使う方法。この時、半襦袢に袖を付けず、お着物の袖の内側に、予め襦袢袖を縫い付けておくこともあります。
既製品の襦袢袖
既製品の襦袢袖を利用する方法。こちらのお品物は半無双袖仕立て。
正絹長襦袢地を襦袢袖に…
正絹長襦袢を購入して、お友達やお仲間で分ける方もいらっしゃいます。見た目、着心地も良く、こだわりの半襦袢を作られるのも楽しみのひとつです。



上記でご紹介の商品をオンラインショップにて販売しております!
皆様からのご注文を心よりお待ち申し上げます。




元のページへ戻る