総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>伊達衿・重ね衿について

和 装 小 物 に つ い て

伊達衿(重ね衿)

お着物の二枚重ねを略して、衿の見える部分だけをあたかも二枚重ねに着ているように見せる衿のことを「伊達衿」といいます。伊達衿という名称以外では「重ね衿」とも呼ばれています。

古来には礼装の時ほど、きものを襲ねて着る習慣がありました。その名残として現代の「伊達衿」があるといえます。また、留袖の比翼仕立ては「襲ね着」の大きな名残といえます。白の羽二重の生地を使い、重ね衿のように衿だけではなく、裾、袖口、振りなども2枚重ねて着ているように見せる仕立を行ないます。

留袖の比翼衿と同じような意味合いを持つ伊達衿は、訪問着、付け下げ、色無地、振袖などの礼装のお着物で使われます。

また、小紋にも伊達衿を使われるケースもありますが、お洒落用の伊達衿などの例外を除けばカジュアル着として着る小紋にはあまり使われません。この場合には柄行を含めた格調も考慮する必要があるかと思います。尚、紬(織のきもの)には使われません。

伊達衿(重ね衿)の素材は、塩瀬、縮緬、綸子、羽二重などがあります。
一般には無地や地紋の入ったもが多く使われていますが、なかには絞りや小紋調の柄物、レースを施したものがあります。また、着用時に好みの巾に折って着れる広衿タイプ(下写真)。あらかじめ巾が狭く仕立てあるバチ衿タイプなどもあります。

衿の形はどちらが良いということはありません。なかには表と裏で違う色目を組み合わせてあり両面で使えるタイプや伊達衿(重ね衿)自体がさらに2枚重ねに見えるタイプもあります。これらはお好みに合わせてお選びいただいければよろしいかと思います。

三越ちりめん 伊達衿(広幅)
塩瀬 伊達衿(広幅)

伊達衿(重ね衿)のコーディネート
伊達衿(重ね衿)のコーディネートは個人の好みに大きく左右される部分でもあり、ひとくちにご説明できるものでもありません。

そこで・・・。
目安となるポイントを考えてみました。

重ね衿の項目ページでこのようなことを書くのもなんですが。まず伊達衿を「使うか」「使わないか」の選択が必要です。先述のように原則フォーマルのお着物に多く利用されているのですが、必ず使わ
色目も豊富にあります!
なくてはならないというものではありませんし、むしろ伊達衿を付けずにスッキリした衿もとを好む方もいらっしゃいます。

伊達衿(重ね衿)選びで大切な要素は「顔映り」をきれいに見せ、これに季節感や華やかさなどの情緒や感性を表現することにあると思います。上品に装いたい場合には「やわらかい色目の同系色」がイメージできますし、華やかな装いであれば「同系色の濃い目、もしくは補色」などの色がイメージされます。

この他、お着物のひと柄で使われている配色を元に同系濃淡で組み合わせたり、帯締めや帯揚げなどの小物に合わせて色目を選んだりすること可能です。

色目の組み合わせにより「上品に・・・」「シックに・・・」「モダンに・・・」など様々なイメージに変化しますので、お好みに合わせて上手に伊達衿をお選びください。


元のページへ戻る