総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>紬について

お 着 物 の 種 類 と 装 い

紬について

洒落着として楽しめる織りのきものが「紬」です。
紬は普段着として着られてきた長い歴史を持っています。

紬の成り立ちを考えてみると、かつてはそれぞれの町や村にある養蚕農家で商品化できない繭糸を使って、仕事着や野良着として織られたことに始まります。そのため色柄は素朴で丈夫な硬い生地質で作られているものが多くあります。

しかし現在では、それらの伝統技術が高く評価されたことも含め、普段着(仕事着)から街着へと変わり、高級品としての紬が多く生産されています。

このようなことからも、紬は着る人の個性を存分に表現できる普段着であり、とてもお洒落なきものとなります。

柿渋染め 本真綿紬着尺
紬は先染めのきもの
紬は、糸の状態で染めてから織りで柄を表現する「先染め」のきものを指しています。

「後染め」の訪問着や小紋のように、白生地にさまざまな技法で模様が染められているものではなく、あらかじめ色糸として染められた糸を手機や機械を使い、織りで柄を表現しています。

そのため、「紬=先染め」という認識で間違いではありませんが、なかには紬糸を染めずに反物として織ってから模様を染める「後染めの紬」もあります。後染め紬のきものは小紋柄、絵羽模様の双方ともに多くのきものがあります。また、最近では織り柄の紬(先染め)でも絵羽模様のものがあります。

これら絵羽模様の紬は、先染め、後染めを問わず、「紬の訪問着」として、近年とても人気のあるおきものとなっています。

全国各地で製作される紬
紬の魅力を語るうえで欠かせないことは、全国各地で作られた織物(紬)があることだと思います。

それぞれの地方での歴史や風土に強い影響を受け育まれた織物(紬)は、それこそ個性溢れるものが多くあります。

大島紬(鹿児島)、塩沢紬(新潟)、結城紬(茨城)、牛首紬(石川)、信州紬(長野)、郡上紬(岐阜)、黄八丈(東京八丈島)・・・などご紹介しきれいほどの紬があります。
本場大島紬(泥染め)

やまだ織 本塩沢
それでは、もっともスタンダードといえる「大島・塩沢・結城」のそれぞれの特徴をご紹介してみます。

大島紬
大島紬は鹿児島県の本土及び奄美大島で織られています。
光沢のあるしなやかな地風、緻密な模様の絣柄が特徴である大島紬。きもの通でなくても「名前は知っている」といわれる日本最高峰の紬のひとつです。

車輪媒という植物染料に鉄分の多い奄美大島の泥を媒染に用いる泥染めで染められます。また、手紡ぎ糸ではなく練り糸を用いていることから、正確には紬ではなく絣織物というのが正しい分類といえるでしょう。ですが、先染めの織物であることも含め「大島紬」という名称が一般的となっています。

しなやかな風合いと裾さばきの良さ、精緻な絣模様と独特の光沢が、他の紬織物にはないドレッシィな印象であることも大島紬の魅力のひとつでしょう。
本塩沢(塩沢御召)
塩沢は新潟県塩沢で織られています。
塩沢紬と呼ばれるものは「塩沢紬」と「本塩沢」のふたつに大きく分けられます。一般に塩沢といわれて連想するのは本塩沢(塩沢御召)でしょう。

繊細な細かなシボでシャキッとした感触の着心地、細かい絣柄でドレッシィな印象を受ける柄行が大きな特徴です。また、細かなシボがある地風は肌に貼りつかず涼やかな感触であるため、6月・9月の単衣としてお誂えになられる方が多いお着物でもあります。ひとえの時期なら絽塩瀬帯などを合わせて優しい風情がとてもよく似合うきものです。


結城紬
結城紬は茨城県と栃木県で織られています。
軽く柔らかくてふっくらとした独特の風合い、亀甲絣、蚊絣で構成される精巧な模様が大きな特徴です。結城紬といえば、国の重要無形文化財に指定されている技術がある最高峰の紬ですが、これには3つの基準があります。@真綿から糸を紡ぎだす技術「糸つむぎ」。A手括りによる絣付けの技術「絣括り」。B地機とよばれる古くからの織機による製織り技術「機織り」。
これら3つの条件を満たし、更に「幅、長さ、打ちこみの数、絣模様のズレなど」いくつもの厳しい検査に合格したものだけが「重要無形文化財」の証紙を得られます。基本的には模様が小さいものほど工程は複雑になり値段も高価になります。

地機のように高度な技術で織られた結城紬も魅力ではありますが、もっとも一般的でひろく用いられいるのが「高機」です。こちらは重要無形文化財の指定はありませんが、購入するにも手頃な価格帯となります。温かな風合いと上質で気軽なお洒落着として楽しめる結城紬です。

紬の帯と小物のコーディネート
紬は着る人の個性を存分に表現できるおきものです。
帯や小物のコーディネート次第で、さまざまなお洒落を楽しむことが出来ます。

主に紬に組み合わせてコーディネートする帯は、織り名古屋帯、染め名古屋帯、袋名古屋帯(八寸帯)、洒落袋帯、京袋帯が挙げられます。

どのタイプの帯もそれぞれの特徴がありますが、弊店がおすすめしたい基本的なコーディネートの方法は「紬のイメージを存分に引き立てる帯(小物)」が理想的といえるでしょう。

もちろん、普段着として「家で着たい」、お出掛け着として「街着で着たい」など、「どのような場面で着用したいのか」ということも重要であります。

右にふたつの紬と帯をコーディネートしてみました。
@「紅花紬+洒落袋帯」は、紬でも構わないような「軽いパーティーなどで着用いただきたい」というイメージでコーディネートしてみました。紅花紬の上品で明るいさわやかなイメージにふさわしい、可愛らしい子犬柄の洒落袋帯を合わせています。こちらのポイントは「人が多く集まるパーティー」ということで、あえて二重太鼓になる洒落袋帯を選んでいる点です。

A「十日町紬+染名古屋帯」は、「お友達とのランチなど」気軽な街着をイメージしてコーディネートしてみました。普段着や街着というイメージが強い縞柄の十日町紬に、東京染め紅型調の染名古屋帯を合わせています。
こちらのポイントは、織物である紬のきものに、染め帯という性質の異なる帯を合わせることで、組み合わせの絶妙なバランスを楽しむコーディネートでもあります。

このように紬のきものと帯の組み合わせだけでも、さまざまなお洒落を楽しむことができるわけです。

そして紬のコーディネートは帯に留まらず、帯揚げ、帯締め、バッグ、草履などの小物。さらには長襦袢や半衿に至るまで、さまざまなお洒落を楽しむことができるきものといえるでしょう。
@紅花紬+洒落袋帯

A十日町紬+染紬地名古屋帯



弊店オンラインショップにて紬(織のきもの)の販売を行っております!
皆様からのご注文を心よりお待ち申し上げます。




元のページへ戻る