総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>付け下げについて

お 着 物 の 種 類 と 装 い

付け下げについて

訪問着より略式。小紋よりよそゆきとして位置づけられているのが「付け下げ」です。

いわば訪問着と小紋の中間的な存在といえるお着物ですが、付け下げは柄の選び方しだいで、訪問着に準じるものから、小紋感覚で着られるものまで数多くの種類が存在します。

主に、披露宴、パーティー、観劇、同窓会、食事会、茶会、他家への訪問、入学式、卒業式など「少し改まった装いを・・・」という場所へのお出掛けする際には、とても便利なきものです。

また、付け下げは柄行による使い分けの他に、袋帯または名古屋帯、どちらでコーディネートするか・・・。帯の組み合わせによってもTPOに合わせた使い分けが可能となります。

付け下げ着尺(反物として販売されいる)
別八掛が必要です
付け下げの特徴
付け下げの特徴として、まず承知したいことは「着尺」であるということです。訪問着との違いとしてよく言われることですが、「訪問着=仮絵羽(着物の形に仮仕立してあるもの)」「付け下げ=反物(着尺)」となります。

付け下げの柄付けの特徴を挙げると・・・
・左右の身頃や肩から袖に模様がつながらない
・胸と衿の模様がつながらない
・模様がすべて上(肩山)を向いている
・ポイント柄で飛び柄が多い

このように仮縫いをして染められた訪問着とは異なり、反物で染められた付け下げは、ポイント(衽・上前・後身頃・袖・胸)の箇所に絵柄が描かれているケースが多く、大人しい上品な柄行が特徴です。

しかし、これ以外の柄付けで創作されている付け下げも存在します。

裾全体の模様がつながり、見た目はほぼ訪問着と変わらない柄付けのものを「付け下げ訪問着」。
小紋のように全体に模様があり、一見は小紋のような模様ですが、前から見ても後ろから見ても柄つけが必ず上を向くものを「付け下げ小紋」と呼びます。
お客様から「付け下げと訪問着の見分け方は?」とのご質問を頂きます。
まず、店頭でのお買い求めの際であれば、「仮絵羽=訪問着」「反物=付け下げ」で見分けることが可能(付け下げを仮仕立してある場合を除き)です。しかし、仕立上がっている場合には判断が難しいこともあるでしょう。

そこで通常のケースであれば、「衿から胸に掛けての模様がつながらない」+「八掛が別八掛を使用している」という部分で見分ける方法が簡単です。既述の通り、反物として染められている付け下げは、原則として「衿と胸の柄がつながらない」という特徴があります。また、反物として販売されている付け下げの場合、別に八掛を購入する必要があり、同系の濃淡や全く違う色目の八掛でお仕立てされているケースが多くあります。(訪問着は表地と同色の共八掛が多い)

また、一般的な小紋と付け下げ小紋の違い(見分け方)ですが、これは柄の上下の向きで判断すると良いでしょう。小紋の柄付けは上下の概念がなく染められているのに対し、付け下げ小紋は模様が常に上(肩山)を向くように染められているのが特徴となります。

訪問着と小紋の中間的な存在となる「付け下げ」
「訪問着と小紋の中間的な存在」として位置づけられている付け下げですが、「?」と思われる方も多いことでしょう。

一説によると付け下げが生まれたのは戦時中。当時の政府は国民に質素な生活を求め華やかな柄つけである訪問着を禁止したことから、訪問着の代わりの社交着として控えめな柄つけである付け下げが誕生したといわれます。(※注1)

現在の付け下げを考えると「訪問着より略式。小紋よりよそ行き」として位置づけられていますが、これは時の流れとともに多種多様な柄付けの付け下げが創作され現在に至ることと関係します。

そこで、付け下げを大きく3つに分類して考えると「中間的」という意味が解かりやすくなると思います。「@付け下げ訪問着」「A飛び柄の付け下げ」「B付け下げ小紋」これら3つです。
辻ヶ花調 付け下げ着尺

(※注1)付け下げの誕生の話はもう一説あり、20世紀の前半の頃、小紋を製作する技法を発展させ、「柄つけが必ず上を向くデザインのきものが製作されたことから誕生した」とする説があります。いわゆる「付け下げ小紋」です。現在の付け下げが「訪問着から発展したものなのか・・・」「小紋から発展したものなのか・・・」どちらが正しいのかは定かではありませんが、前者の「訪問着から」を俗説とする向きもあるようです?(ご参考までに)

@付け下げ訪問着
A飛び柄の付け下げ
B付け下げ小紋
一般的な小紋
上に4つの図柄を用意してみました。

@付け下げ訪問着
訪問着とほぼ変わらない柄つけの付け下げです。華やかな柄つけのものから大人しい感覚の柄つけまで多種多様です。いわゆる「訪問着より略式」という部類に入る付け下げといえるでしょう。

一見では訪問着と見分けがつきにくいですが、衿と胸の柄がつながっていないケースがほとんどで、一般的にはここで「付け下げ」と見分けることが可能です。また、付け下げ訪問着は「訪問着に準ずるきもの」ともいわれています。そのため、こちらは訪問着と「(ほぼ)同等」と考えられても差し支えはないと思います。しかし、訪問着と付け下げの使い分けを考慮したい場合には、訪問着の代わりの社交着という背景(小紋から発展したきものである)を考え、「訪問着より略式」と捉えて着用される方が無難かもしれません。(気持ち的にはということにもなりますが…)

A飛び柄の付け下げ
付け下げが反物(着尺)で染められていると考えると、「もっとも付け下げらしい」と思えるのが飛び柄の付け下げです。大人しい柄つけのものが多く、一般的な訪問着(例外もありますが)には少ない柄つけといえるでしょう。

また、原則としてお仕立ての際に柄が縫い目を跨ぐことがないことも特徴です。これらの理由も含め、華やかな装いではなく「少し改まった場所」への着用におすすめとなる付け下げです。「訪問着より略式。小紋よりよそゆき」という定義で考えると中間的なポジションの付け下げと言えるのではないでしょうか。

B付け下げ小紋
一般的な小紋は繰り返しの柄で上下の概念がなく染められているのに対し、付け下げ小紋は同じ繰り返しの柄つけでも必ず柄が上(肩山)を向いているのが特徴です。柄が常に上を向くことから、「一方付け」と呼ばれることもあります。また、こちらは「小紋よりよそ行き」に近い感覚の付け下げと言えるのではないでしょうか。

このように大きく3つに分けてみましたが、上記でご紹介した以外にも多種多様な柄つけの付け下げが存在します。ひとくちに付け下げといっても「これが付け下げ!」という柄つけの定義はないに等しいと思われます。多種多様な柄つけがあり、その柄行により「着用の時、場所、所」いわゆるTPOに合わせた着用が求められるのも付け下げの特徴であり、より深いお洒落を楽しむことができるお着物といえるでしょう。

付け下げの帯と小物のコーディネート
訪問着と付け下げの違いを語るうえでも、帯のコーディネートはもっとも異なる部分といえるかもしれません。

通常、訪問着に合わせる帯は袋帯のみですが、付け下げの場合には「袋帯」のほかに「織の名古屋帯」も組み合わせることが可能です。また、控えめな柄の付け下げや紬地の付け下げには染め名古屋帯が使われることもあります。

もちろん、すべての付け下げに「袋帯・名古屋帯」のどちらを使っても良いということではなく、付け下げの柄行や格調に合わせた帯選びが必要です。

上記でご紹介した「付け下げ訪問着」「飛び柄の付け下げ」「付け下げ小紋」などの種類の違いも含め、付け下げの柄行の違いに合わせて、よりふさわしい帯選びをしていただくことが最良です。
手描き友禅 付け下げ着尺
@フォーマル向きの袋帯
主に華やか柄つけの付け下げ訪問着におすすめの袋帯。披露宴、パーティーに・・・
Aしゃれ味豊かな袋帯
洒落感のある柄つけの付け下げにおすすめ。観劇、同窓会、食事会に・・・
B織りの名古屋帯
控えめな印象での装いにおすすめなのが名古屋帯。「飛び柄」や「付け下げ小紋」に・・・
C塩瀬名古屋帯(染め帯)
季節感や洒落感を強く表現できる染名古屋帯。「紬地の付け下げ」や「付け下げ小紋」に・・・
上に4種類の帯を参考に紹介してみましたが、帯の組み合わせは「付け下げの柄行」「TPO」「ご自身の好み」により使い分けると良いでしょう。

@フォーマル向きの袋帯
付け下げ訪問着や飛び柄の付け下げに多くみられる金彩を使った格調高い柄行の付け下げに組み合わせることで、披露宴やパーティーなどの華やかな場所にふさわしい帯合わせとなります。

Aしゃれ味ゆたかな袋帯
お洒落感のある柄行の付け下げに組み合わせることで、よりお着物を引き立ててくれる帯です。袋帯なので二重太鼓となるため、織の名古屋帯とはひと味違ったお洒落を楽しむことが出来るでしょう。観劇、同窓会、食事会などにおすすめのコーディネートです。
また、こちらでご紹介している「しゃれ味ゆたか」という意味は洒落袋を指しているものではありません。洒落袋といわれるカジュアル着物(小紋・紬など)にコーディネートされる柄つけ袋帯は、TPOによってはミスマッチな組み合わせとなる場合があります。洒落袋のコーディネートは「付け下げ小紋や紬地の付け下げ」への組み合わせが良いケースが多くあります。

B織りの名古屋帯
織りの名古屋帯は、付け下げ訪問着をはじめとした格調高い柄行には向きませんが、控えめな印象を受ける柄行の付け下げにおすすめです。食事会や茶会などの仰々しい装いは控えたい場所にはおすすめのコーディネートです。

C染め名古屋帯
通常、付け下げには「袋帯または織りの名古屋帯」をコーディネートすることが多いのですが、控えめな印象の付け下げや紬地の付け下げには染め名古屋帯を合わせることもあります。但し、染め名古屋帯は洒落感のある柄や季節感の強い柄が多いため、このあたりにも注意を払いコーディネートをすることが大切です。また、そのような理由も含め、フォーマルな場所での着用、付け下げ訪問着や飛び柄の付け下げ(フォーマルタイプ)には、アンバランスな組み合わせとなるケースがありますのでご注意ください。

帯締め・帯揚げなどの和装小物も「付け下げ訪問着」「飛び柄の付け下げ」「付け下げ小紋」のタイプによる使い分けを行うことが最適です。一般的な使い分けとしてはフォーマルな場所には金銀などを使用した華やかな印象のものがおすすめとなり、控えめな印象での装いには上品な色柄のものがおすすめです。それぞれの付け下げの特徴(訪問着に近い・小紋に近い)をよく理解して小物選びをすることが最良な方法です。


元のページへ戻る