総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>夜着だたみ/お着物のたたみ方(和服のたたみ方)

和 服 の た た み 方

夜着だたみ

夜着(よぎ・やぐ)だたみはきものシワを最小限に抑えるたたみ方です。

豪華な箔や刺繍が施されたきもので、出来るだけ模様に折り目をつけたくない場合に有効なたたみ方となります。また、模様の部分には和紙などをあてて保護しながらたたみ、折り返しの部分には真綿棒、もしくは白い布や紙(和紙)を丸めた芯をいれると良いでしょう。

手を洗ってから敷紙の上で作業を行なうことをおすすめします!



@裾を右にして、おきものを広げます。下前の脇縫い目線を内側に折り、続いて同様に上前の脇縫い目線を内側に折って整えます。さらに衿付け線から衿を内側に倒して折ります。
両胸の文には和紙をあてて保護をすると良いでしょう。


おきものを図と同じように広げてください。


A両袖を身頃に折り重ねます。両袖の紋と模様全体を覆うように和紙などの薄紙をあてましょう。また、身丈の半分くらいのところに真綿棒を挟み折り目がつかないようにすると最適です。

薄紙は色移りがないように無色のものをご利用ください。また、棒芯は和紙や布を丸めたものでも構いません。




Bシワがつかないように注意しながら、内側に2つ折にします。その際、物指しを折り目にあてるときれいにたたむことが出来ます。

左記の点線で更に半分に折ると図Cの状態となります。



C更に半分のところで真綿棒を挟み、物指しを使いシワがつかないようにたたみます。また、背中の紋にも和紙をあて収納します。


元のページへ戻る