総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>名古屋帯のたたみ方(和服のたたみ方)

和 服 の た た み 方

名古屋帯のたたみ方

なごや仕立の帯は、お太鼓の部分を除いて帯幅がすべて半巾に仕立たものとなります。

そのため、たたんだ時に厚さが均等になるのが望ましいと言えます。袋帯と同様にたたむ際は前柄とお太鼓柄の部分に折り目がつかないように上手にたたんでください。
また、開き仕立の場合は、袋帯と同じようにたたんでください。

手を洗ってから敷紙の上で作業を行なうことをおすすめします!




@たれの裏側が右にくるように帯を広げます。前帯とお太鼓の縫いどまりを三角形に折ります。そのまま手先をたれの先端に向けて折り、たれの端にきちんと重ねます。




A手先がたれの先端に届いたら、たれに沿って左図のように折り返します。




B手先を三角形に折り、左に折り返します。たれに沿って左図のように折り返します。




C図Bのように縫い止まりからはみ出した手先を三角形より少し内側に折り返します。

三角形を内側に折り込み、点線の位置で折り返すと図Dになります。



D図Cの点線の位置で半分に折り返します。


元のページへ戻る