総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>長襦袢・コートのたたみ方(和服のたたみ方)

和 服 の た た み 方

長襦袢・コートのたたみ方

長襦袢とコートは基本的に同じ手順でたたみます。

長襦袢は、衿の仕立が関東衿・関西衿とありますが、衿の仕立によるたたみ方の違いはありません。長襦袢をたたむ際にちょっと気になる半衿ですが、こちらはつけたままでたたんでも構いませんが、衿の形が崩れてしまうのが気になる場合には、ご着用の直前に半衿つけを行うことで一層きれいにご着用いただけるでしょう。

また、コートの衿形は様々な形のものがありますが、基本はこちらでご紹介したたたみ方となりますので、工夫しながら上手にたたんでみてください。

手を洗ってから敷紙の上で作業を行なうことをおすすめします!


@裾を右にして長襦袢を広げます。上前が上になるように重ねます。

長襦袢(コート)を図と同じように広げてください。点線の位置で内側に折り返すと図Aの状態になります。



A右脇縫い線(向って手前)が中央にくるように内側に織ります。

図@の点線の位置が折り返しとなります。




B右袖を外側に折り返します。この際、袖が外に飛び出さない程度に約2/3折り返してください。




C上前も同様に身頃の中央にくるように折り返し、左袖も右袖と同じ要領で折り返します。




D丈を2つ折にします。衿は折り返さずに、そののままの状態できれいに整えてください。

折り返しの丈の長さは、収納のスペースに応じて上手に工夫してください。(裾を少し折り返してから半分にたたむなど)


元のページへ戻る