総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>本だたみ・お着物のたたみ方(和服のたたみ方)

和 服 の た た み 方

本だたみ

本だたみは、最も基本的なたたみ方となります。

小紋、紬、ゆかた・・・など染め・織りを問わず、ほとんどのきものはこの方法で保管します。
この方法でたたむと市販のタトウ紙にピッタリ収まります。また、和箪笥の引出しにも丁度良いサイズとなり、夜着だたみに比べ厚みが出ないことでも収納しやすいたたみ方といえます。
尚、本だたみの際も、箔や刺繍、紋の部分には和紙をあてて保護しましょう。

手を洗ってから敷紙の上で作業を行なうことをおすすめします!




@裾を右にして、お着物を広げます。下前の脇の縫い目線を内側に折り、後身頃と前身頃を重ねます。


お着物を図と同じように広げてください。




A下前と上前の衽(おくみ)の縫い目線から、衽を手前に折り返し、衿肩あきを内側に折り返します。


図@の状態から下前(向って手前の部分)を図のように折り返します。その際、衿の部分も図のようになるようしてください。次の工程が簡単になります。




B左の脇縫い線を右の脇縫い線に対照的に合わせます。両方の脇線がきちんと重なるように気をつけてください。

図Aの状態から上前(向って奥の部分)の衽を手前の衽と対照的に合わせます。



C下前の衽に上前の衽を重ねます。同時に衿も重ねてください。衿先、衿下、衿先をずれないように整えてください。

図Bの状態から左の脇縫い線を両手で持ち、右の脇縫い線まで移動させます。すると左図のようになります。また、ここで衿が乱れてしまう事がよくありますので気をつけてください。



Dここで裾を3分の1ほど折り返しておきます。そして、左の袖は袖つけから上側に折り返します。

裾の部分を3分の1程度折り返しておくと袖の折り返し作業の際に裾を崩すことなくきれいにたたむことが出来ます。また、右の袖は最後のEの工程で行っても構いません。(Eで解説)



E最後に収納場所の幅に合わせて、二ツ折り、三ツ折りにしてください。右袖は二ツ折り・三つ折にした後に、おきもの全体をひっくり返すことにより身頃に重ねることができます。

左の図が二ツ折の完成図となります。通常はおきもの用タトウ紙・箪笥への収納はこの状態となります。


元のページへ戻る