総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>羽織のたたみ方(和服のたたみ方)

和 服 の た た み 方

羽織のたたみ方

羽織は男女ともに同じたたみ方です。

まず、羽織をたたむ前に、羽織紐は外して別に収納することをおすすめします。特に男物は房を整えて収納してください。また、近年では丈の長いロング羽織も流行していますが、できるだけ丈を長くして収納した方が折り目がつかずきれいに収納することが出来ます。

手を洗ってから敷紙の上で作業を行なうことをおすすめします!




@まず、羽織紐を外し、房を整えて収納します。裾を右にしてまち幅中心で折ります。衿は衿付け線から内側に倒して折ります。刺繍や紋がある場合は和紙などで保護してください。


羽織を図と同じように広げてください。




A左衿(向って奥側の衿)と右衿(手前の衿)を対照的に重ねます。


左の衿は裏側が見える状態になります。




B左脇線(向って奥側)を右脇線に対象的に重ねます。

両脇線が対照的になるように重ねてください。



C袖を片方ずつ、それぞれの身頃側に折り返します。



D丈が長く収納場所に入らない場合は、袖丈に合わせて丈を折っても構いません。できれば折り目には棒芯を入れるとよいでしょう。

羽織は衿が厚いので、出来るだけ丈を折らないで収納した方が良いでしょう。


元のページへ戻る