総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>袴のたたみ方(和服のたたみ方)

和 服 の た た み 方

袴のたたみ方

袴のたたみ方は、男性用・女性用・お子様用ともに同じたたみ方になります。

袴は折り目がきれいについていることが重要です。前後のひだをきれいに整えてズレないように気をつけてたたんでください。また、紐のシワが気になる場合は、たたむ前にアイロンで伸ばしておくと綺麗にたためます。(但し、アイロンで袴を傷めないようにお気をつけてください。)

手を洗ってから敷紙の上で作業を行なうことをおすすめします!


@前後のひだを整えてから平らにおきます。

袴を図と同じように広げてください。



A裾から3分の1程度を折り、上部をその上に折り重ね、三つ折にします。前紐は長さにより、4〜5つ折りにて右が上になるように交差させます。

左図は袴を3つにたたんだ後、袴の前が下になり、腰板が上になっています。また、交差させている紐は前紐になります。




B向って左の後ろ紐をを交差位置へ、上から下に通します。




C向って右の後ろ紐は、交差位置の左から右へ矢印の要領で通します。




D図Bで通した左の後ろ紐を右手前に折り返します。

この時点で、この紐はだいぶ長いと思います。長さに応じて半分くらいに折り返してください。
(場合によっては3つ折で)



E図Cで通した右の後ろ紐を左図の矢印の位置へ通します。

図Dと同じく、この紐も長くなってしまいますので、長さに応じて半分くらいに折り返します。
(場合によっては3つ折で)



F交差している前紐と、右下、左下に引き抜かれた後ろ紐を揃えて、結び目をきれいに整えます。


元のページへ戻る