総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>袋帯のたたみ方(和服のたたみ方)

和 服 の た た み 方

袋帯のたたみ方

袋帯には、2通りのたたみ方があります。
いずれも大切なことは、前柄とお太鼓柄にシワをつけないことです。ご自身の前帯とお太鼓の位置を確認して、どちらかを選び適当な方でたたんで頂けると理想的と言えるでしょう。


もっとも簡単なたたみ方は、帯を重ねて3回折る方法です。この方法は簡単にたたむことが出来るのですが、場合によっては前柄やお太鼓に折り目がついてしまうことがあります。

もうひとつのたたみ方は、最初に手先を少し折ってからたたむ方法です。こちらは前柄とお太鼓の位置を調節することにより、重要な柄の部分に折り目がつかないという利点があります。
ワンポイント柄の帯などに適しているたたみ方と言えます。

手を洗ってから敷紙の上で作業を行なうことをおすすめします!

簡単なたたみ方

@両端を揃えて2つ折りにしてから、点線の位置でもう一度半分に2つ折りにします。

袋帯を図と同じように広げてください。

こちらは非常に簡単なたたみ方ですが、前柄やお太鼓に折り目が出てしまうこともあります。



Aさらに半分の位置で折り返します。




B折り目に棒芯を挟むと折り目がつかないので安心です。



袋帯は箔や刺繍を使っているものが多いので、棒芯を使って折り目がつかないようにすると良いでしょう。




手先を少し折って畳む方法

@手先の方を15〜25センチ程度折り返します。


ここで折り返す長さは前柄・お太鼓の位置により上手に加減してください。

こちらは前柄・お太鼓の重要な部分に折り目が出ないようにたたむことが出来ます。また、ご自身で帯を着付けた時の前柄とお太鼓の位置を覚えておき、その部分に折り目が出ないようにすればより効果的と言えるでしょう。




A柄が表になるように2つ折にします。



Bさらに2つ折に折り返します。

このときお太鼓の柄が裏側に出ています。



Cさらに、2つ折に折り返しますが、この時お太鼓の柄が中央に出ていることを確認してください。ずれている場合はB−@の手先の長さを調節してください。


帯の長さにより手先を折り返す長さは異なります。適切な長さはお太鼓柄と前柄の位置を確認しながら何度かチャレンジしてください。


元のページへ戻る