総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>お着物の保管の基礎知識

お 着 物 の 保 管 の 基 礎 知 識

基礎知識と収納道具をご紹介いたします!
(まずは湿気対策が重要)

お着物の収納に桐タンスは最適
お着物の収納には「桐箪笥」が最高といわれます。これは桐が持つ特性として吸湿性に優れていることが最大の理由です。

桐は湿度が高くなると湿気を吸収して膨張します。この膨張が箪笥の機密性を高め、外気の湿気からお着物を守ります。逆に湿度が低くなると放湿して収縮し、箪笥の中に湿気を取り込みやすくなるのです。

いわば桐箪笥自体が調湿を行うため、お着物の天敵ともいえる湿気(カビ)からお着物を守ってくれるのです。

これ以外では桐に含まれる物質により、「虫がつきにくい」「燃えにくい」といった特性も備えていますので、お着物の保管には最高の収納道具といえるでしょう。



収 納 で も っ と も 大 切 な の は 湿 気 対 策 !
湿気は大敵!
弊店にてお着物のお手入れ品(丸洗い・しみ抜き)をお預かりする中で、通常の汚れ以外でもっとも多いご相談は「カビ汚れ」です。

カビが発生する最大の要因は湿気です。お着物を長期間収納する場合には、常日頃から「虫干し」などでおきものに風を通すことが大切となるでしょう。

また、カビの発生を確認したら早急にお手入れを行ってください。
関連項目
虫干しについて

収 納 で 大 切 な 4 つ の ポ イ ン ト !
ポイント1 箪笥はできるだけ湿気の少ない上段に設置。
これは必ずということではないのですがご参考までに…
一軒家などにお住まいの方は1階より2階の方が良いと言われます。

ポイント2 箪笥の置き場所は、できるだけ風通しのよい所へ設置してください。台所や浴室に近い場所は自然と湿気が溜まりやすくなります。
例えば桐箪笥をご使用になられていても、押し入れに桐箪笥を入れてしまう、クローゼットに入れてしまう等、設置場所や条件によって十分な調湿効果が得られないことが考えれます。「箪笥の置き場所がなかったので…」と、よく聞く事例です。

ポイント3 空気の乾燥している日は、箪笥の引出しを開けて簡単な湿気退治を行うことも効果的です。

ポイント4 収納道具にも気を配りたいところです。
桐箪笥や和装箪笥が最適ですが、これ以外では湿気の入りにくい桐製の衣装箱、スチール製衣装箱、茶箱などが理想的です。
ダンボール系の衣装箱は湿気が溜まりやすく、長期保管には不向きです。
この場合にはマメな虫干しを行いお着物に風を通されることをおすすめします。



タンスを置く場所がない!
そんな方には桐の衣装箱がおすすめです。
ダンボール箱は長期間の保管には不向きです!


和箪笥をお持ちでない方、または置く場所がないという方の中にはダンボール系の衣装箱をご利用になられている方も多いことと思います。

しかし、ダンボールは紙箱のため吸湿性が非常に高く、放湿性が悪いため「カビ」の心配があります。そのため、お着物の長期保管には特に向かないといわざるを得ません。この場合には、ダンボールでの長期保管より、お手持ちの洋服用の箪笥に入れていただく方が良いでしょう。

また、お手持ちのおきものの枚数が少なければ、桐の衣装箱がおすすめです。置き場所も取らず桐箪笥と同様の調湿効果を得ることが可能です。なにより、桐箪笥に比べ廉価なお値段でご用意が可能なのも魅力のひとつです。



朗報! 防虫・防カビに効果絶大の保存方法


販売元:株式会社パールトーン
虫干しいらずで長期保管に最適!
留袖・喪服・振袖・七五三祝着
お宮参り祝着などにおすすめ

気になるお値段もリーズナブル!
対象商品1点1パックにつき【税込1.995円】
メーカー推奨使用期間:1年間

留袖・喪服・振袖・七五三祝着などの長期保管におすすめ!
おきものを保管・管理する中で、留袖・喪服・振袖・七五三祝着・お宮参り祝着は、特に長期間の保管をすることが多く、カビや虫食いなどのトラブルに悩まされることも少なくないでしょう。

そんなお着物の長期保管に便利なのが「エージレス安心きものパック」です。
特殊なフィルムの中におきものをタトウ紙ごと入れ、エージレス(脱酸素剤)を同梱することでパック内を脱酸素状態にします。これによりパック内が限りなく酸素の無い状態となるため「虫・カビ」の発生を抑え、防虫・防カビに効果を発揮します。

また、従来のきものパックに比べお値段も安く、一定の高い効果(脱酸素状態)を長期間持続できることも魅力となります。さらに「エージレスアイ」という酸素探知剤により、パック内の効果を外見から判断することが可能なため、安心してご使用いただけるきものパックとなっております。

原則として、一度パックを行ってしまえば「虫干し」を行う必要はなく、エージレスアイにより効果の有無をご確認いただくだけで、長期保管を可能としてくれる優れたパック方法です。

脱酸素状態とは・・・ エージレスの効果
空気中には約21%の酸素が存在するといわれますが、こちらの安心きものパックは、密閉容器内(パック内)の酸素を「エージレス」(脱酸素剤)により吸収し脱酸素状態を作り出します。

脱酸素状態とは「酸素濃度0.1%以下が維持されている状態」を指しており、エージレスにより酸素を吸収することで、密閉容器内の残りの気体はほぼ不活性ガスの窒素となります。これにより防虫・防カビの効果を得ることができるパック方法です。
脱酸素剤エージレス

カビの発生を抑え、防虫にも効果的!
脱酸素状態でのカビの抑制効果は顕著です。
青カビの実験例では、一般的な他のきものパックでは高度な窒素ガス置換を行いますが、フィルム(密閉容器)を浸透するわずかな酸素の影響で酸素濃度は日増しに上昇し、酸素濃度が0.3%に達した状態で青カビの発生が確認されました。

一方、エージレス安心きものパックでは、フィルム(密閉容器)を浸透するわずかな酸素もパックに同梱されるエージレス(脱酸素剤)により、常に酸素吸収を行うことで「酸素濃度0.1%以下」(脱酸素状態)を長期間保つもことができます。

これによりエージレス安心きものパックは、成虫はもちろん、燻蒸でも困難な虫の卵まで処理することができます。防虫剤などの薬品を使用せずに殺虫が可能なことも魅力のひとつです。

高い効果を持続するこだわりのパック方法
エージレス安心きものパックは、高いバリア性を発揮するこだわりのパック方法を用いています。
密閉容器には高性能ガスバリアフィルム「カポラエース」を使用し、高い密閉性を確保するために「ヒートシール機」を使用した熱溶着を行います。これにより非常に高い酸素バリア性を確保することで、長期間の脱酸素状態を維持することを可能としています。
ヒートシール機
熱溶着により密閉性を向上
高い酸素バリア性を確保

パック内の状態をひと目で確認できる「エージレスアイ」(酸素探知剤)
エージレスの効力期間切れ、密閉容器の破損や穴空きなど、パック内が本当に「脱酸素状態になっているのか?」そんな不安を解消していることもエージレス安心きものパックの魅力です。


パック内には上記のシートが同梱されています。
こちらには「エージレスアイ」という酸素探知剤がつけられており、これによりひと目でパック内の酸素状態を確認できるようになっています。

このエージレスアイが「ピンク」の時は、酸素濃度0.1%以下の脱酸素状態を示しており、おきものを正常に保管できている状態。そして「紫色」に変色してしまった時は、有酸素状態を示しており、安心パックの交換(再パック)の時期を知らせてくれます。

例えば、通常のメーカー推奨期間は「約1年」と定められていますが、密閉容器の破損や穴空きなどのトラブルも考えられます。このようなケースでも、エージレスアイをご確認いただくことでパック内の状態を容易にご確認いただくことが可能です。

また、仮にメーカー推奨期間である1年以上経過しても「ピンク」(酸素濃度0.1%以下)の状態を維持していれば、そのままご使用を続けていただくことが可能です。
※1年以内の保管の際は2〜3ヶ月を目安にエージレスアイのチェックを行ってください。
※1年以上の長期保管の際には更に短期間でのエージレスアイのチェックをおすすめします。
※より確実な効果を得るためにはメーカー推奨の1年毎の交換がおすすめです。

長期間のお着物の保管には是非おすすめいたします!
弊店で多くのお手入れ品をお預かりするなかで、長期保管によるお着物トラブルはよくある事例です。そんな悩みを解消してくれる「エージレス安心きものパック」は画期的なきもの保存法といえるでしょう。長期間の保管が想定されるお着物には是非おすすめいたします。

オンラインショップでご用命のお客様にお願い
弊店では「エージレス安心きものパック」は原則店頭でのご用命を推奨しております。
オンラインショップをご覧いただきましたご遠方のお客様の場合、ご郵送でのご用命をいただくことになると思います。しかしながら、こちらの安心きものパックは「お着物をパックする」という性質上、ご返送時の万一のシワなどの心配がございます。そのため、ご郵送でのご用命のお客様はあらかじめ弊店までお問い合わせの上、ご用命を賜りますようお願い申し上げます。

誠に勝手ではございますが、より良い商品をお客様にご提供できますよう心がけております。
事情ご推察の上、ご理解を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。


元のページへ戻る