総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>お着物の寸法について(応用編) 自分の寸法を測ってみよう!

和服の寸法について/寸法について(応用編)

自分の寸法を測ってみよう!

こちらのページでは「ご自分の寸法を採寸してみたい」という方へ、採寸方法と寸法の割り出し方法の詳細を掲載してみました。

寸法について(基本編)でご紹介した13箇所を採寸してみましょう。

以下の採寸結果は「鯨尺のきもの寸法」となります!
こちらで採寸した結果は「鯨尺のきもの寸法」となります。
そのため、呉服屋さんへ寸法を指定する際には「鯨尺のきもの寸法です」と付け加えていただくと完璧です。実はコレ!意外と重要なんです。

例えば「長襦袢をお誂え」となった場合、通常では長襦袢の裄丈はきもの寸法より控えて誂えることになります。このケースで仮に「裄丈1尺6寸8分です」と言われた呉服屋さんは「長襦袢の裄丈寸法なのか?」「着物の裄丈寸法なのか?」が不明となります。

このようなケースで、呉服屋さんが「きもの寸法ですか?」「長襦袢の仕立上がり寸法ですか?」と聞いてくれれば良いですが、本来は「きもの寸法で裄丈:1尺6寸8分」と指定したはずなのに長襦袢の裄丈が「1尺6寸8分」となり、間違って仕立上がってしまうケースも考えられます。そのため、あらかじめ「きもの寸法です」とご指定ください。

さらに尺の単位には「鯨尺」と「曲尺」がありますので・・・
こちらの採寸結果は鯨尺となります。そのため「鯨尺です」とご指定ください。

参考例として「下記のサイズ指定(情報)」にて、弊店での採寸結果を各項目の右下に表記してみました。参考例としてご覧ください。
身長:163cm/裄丈:68cm/ヒップサイズ:94cm/年齢:40代/趣味:茶道
上記の指定寸法での採寸結果を参考例として右下に掲載しました。

@身丈を採寸する
「身長(cm)」から「身丈(鯨尺)」を換算する。
「身長=身丈」が一般的です。
また、身丈寸法は「背から」「肩から」の2種類の指定方法があります。
通常、身長から割り出した場合は「背から」という指定方法となります。身長から採寸した場合には、必ず「背から」と指定されることをお忘れなく。

知っておきたいワンポイントアドバイス!
お好みにより身丈寸法が変わる?
一般的に身丈は「身長と同寸」でお誂えになられることが多いのですが、腰紐の位置(高さ)、衣紋の抜き加減など、個人の好みによって調整される方もいらっしゃいます。

こちらは、通常では着付けでの腰紐の位置調整で問題なく着用できますので、過度に気になさる必要はありませんが、きもの上級者の方などは、微妙な身丈を調整を行うことで「より着やすいお着物」をお誂えになられる方もいらっしゃいます。

参考例
身長:163cm/裄丈:68cm/ヒップサイズ:94cm/年齢:40代/趣味:茶道
(自分の身長)×2.64=身丈(○尺○寸○分)
身長163cm×2.64=430.32(4尺3寸0分)※端数切り下げ
身丈:背から4尺3寸0分

A裄丈を採寸する
まずは自分の裄丈の長さ測ってみましょう!
採寸方法
腕を斜め下45度くらいに下げて、首のグリグリから肩のラインに沿って手首のグリグリまで測ってください。
上手に採寸するコツ
首のグリグリから肩(ショルダーポイント)でメジャーを一度押さえます。そこから腕に沿って手首のグリグリまで測ると上手に測れます。

参考例
身長:163cm/裄丈:68cm/ヒップサイズ:94cm/年齢:40代/趣味:茶道
(自分の裄丈)×2.64=裄丈(○尺○寸○分)
裄丈68cm×2.64=179.52(1尺8寸0分)※端数切り上げ
裄丈:1尺8寸0分

B袖丈を決める
袖丈の標準寸法は「1尺3寸0分」です!
袖丈はご自身の好みで決めていただく寸法となります。
もちろん、お好みといっても何でも良い訳ではありません。下記に袖丈を決める目安をご紹介してみました。こちらを参考に袖丈を決めてみましょう。

身長や年齢による袖丈の目安
@ 未婚の若い女性 1尺3寸0分〜1尺5寸0分
A 身長の高い方 1尺3寸0分〜1尺5寸0分
B 既婚の女性 1尺3寸0分
C ご年配の方 1尺1寸5分〜1尺3寸0分
D 身長の低い方 1尺1寸5分〜1尺3寸0分

上記の補足説明
@未婚の若い女性
袖丈を長めにすることでお着物での着姿が少し派手にみえます。
昔は「若い女性のお着物」は着姿を派手に見せるため、少々長めの袖丈でお誂えになられる方が多くいらっしゃいました。しかし、ご結婚を契機に袖丈を標準寸法(1尺3寸)にお直しをされるケースがほとんどでした。

そのため、現代では袖丈を長めに誂えても、そのお着物の利用頻度などを考慮し「すぐにお直しを・・・」という場合には、はじめから標準寸法(1尺3寸)でお誂えになられる方も多く見受けられます。

もちろん、「若い女性らしく」華やかな印象に見せるために、袖丈を長めに誂えられているお着物は、とても印象の良いものです。こちらはお着物の利用頻度などを考慮して袖丈を決められては如何でしょう。

A身長の高い方
身長の高い方は、着用時のお着物全体のバランスを考え、少々袖丈を長めにすることがあります。どのくらいの身長から袖丈を長くするという特別な決まりはありませんので、迷われた場合には専門家に相談されても良いでしょう。
ワンポイントアドバイス
「特に身長高い方」の場合には、反物の長さ(丈)に関係して、身丈・袖丈に限界の長さが存在します。そのため、ケースによっては希望の袖丈が出せない場合もあります。

B既婚の女性
もっとも一般的な並寸といわれる標準寸法(1尺3寸)でお誂えになられる方が多くいらっしゃいます。

Cご年配の方
袖丈を短くすることでお着物での着姿が少し落ちついた印象に見えます。
年齢とともに控えめで落ち着いた印象に見せたいときにはおすすめです。

D身長の低い方
身長の低い方は、着用時のお着物全体のバランスを考え、少々袖丈を短めにすることがあります。身長が高い方と同様に、どのくらいの身長から袖丈を短くするという特別な決まりはありません。迷われた場合には専門家にご相談を・・・

お着物の種類による袖丈の目安
E フォーマルのお着物 1尺3寸0分〜1尺5寸0分
F カジュアルのお着物 1尺1寸5分〜1尺3寸0分
G 喪 服 1尺1寸5分〜1尺3寸0分

上記の補足説明
Eフォーマルのお着物
フォーマルの場所で着用するお着物は、華やかな印象でみせるため、袖丈を長めに誂える方もいらっしゃいます。

Fカジュアルのお着物
こちらは「フォーマルのお着物」とは逆の発想。カジュアルのお着物を落ち着いた印象でみせるため、袖丈を短めに誂える方もいらっしゃいます。

G喪服
弔事のときにご着用になられる喪服は、年齢に関係なく、袖丈を短くすることでお着物が控えめで落ちついた印象に見えます。

知っておきたいワンポイントアドバイス!
バラバラの袖丈は意外と不便!?
上記でご紹介したように、「フォーマルのお着物は長め」や「カジュアルのお着物は短め」など、それぞれのケースで個々のお着物の袖丈を指定する場合もありますが、このケースではひとつの問題点が考えられます。

個々のお着物(襦袢・羽織含む)ごとに、袖丈を違えてお誂えすることで、それぞれのお着物での共有(着まわし)ができなくなります。

例えば、白長襦袢は原則として「留袖」と「喪服」にご利用いただけますが、上記の内容にある「留袖は祝儀ものなので長め」「喪服は弔事ものなので短め」としてお誂えになれた場合、それぞれ異なる袖丈のため、「留袖用の襦袢」「喪服用の襦袢」というように個々の長襦袢が必要となり、一枚の白長襦袢を共有できなくなります。

このようなケースを嫌えば、すべての商品(襦袢・きもの・羽織)を同一の指定寸法でお誂えになられる方が無難であるといえるでしょう。

袖丈を長めにお誂えになられる方へ
反物の長さ(丈)に関係して袖丈を長くする限界が存在します。
通常、1反といわれる反物の長さは3丈ちょっと(約12m前後)です。そのため、特に身長の高い方が「袖丈を長めしたい」と思っても、身長(身丈)で生地を取られてしまうため、希望の袖丈を出せないケースがあります。このようなケースでは専門家にご相談されて袖丈を決められると良いでしょう。

袖丈を決めかねてしまった方へ
まずは無難に「1尺3寸0分」でのお誂えをおすすめします。
その理由には「既製商品を利用したい」という部分が関係します。既製品の商品はお値段も値頃で、比較的手軽にご用意することができるものです。
「雨コート」「和装コート」「二部式襦袢」などの既製品の多くは、並寸といわる1尺3寸0分に合わせて誂えられているケースがほとんどです。そのため、この並寸法でお着物をお誂えしておくことで、それらの既製品の利用も可能となります。

※裄丈や袖巾の寸法も関係しますのでご注意ください。

参考例
身長:163cm/裄丈:68cm/ヒップサイズ:94cm/年齢:40代/趣味:茶道
身長や年齢などを考慮して並寸となる「1尺3寸0分」にしました。
また、既製商品のご利用もしやすくなる利点もあります。
袖丈:1尺3寸0分

C袖巾 D肩巾の寸法を決める
A裄丈を基準に「C袖巾」「D肩巾」の寸法を割り出します。
袖巾+肩巾=裄丈
袖巾に肩巾を足した寸法が裄丈です。
そのため「裄丈と袖巾」の寸法を指定すれば肩巾の寸法が算出できます。
また、袖巾と肩巾の寸法の振分けは、お好みにもよりますが、通常では「肩巾より袖巾をやや広く振り分ける」もしくは「肩巾・袖巾ともに同寸」というケースが多くあります。
下記の「袖巾・肩巾の振分け表」をご参考にご覧ください。

袖巾・肩巾の振分け一覧表(ご参考までに)
裄 丈 袖 巾  巾
1尺6寸5分 8寸5分 8寸0分
1尺7寸0分 8寸7分 8寸3分
1尺7寸5分 9寸0分 8寸5分
1尺8寸0分 ※ 9寸2分
(9寸0分)
8寸8分
(9寸0分)
1尺8寸5分 ※ 9寸3分 9寸2分

知っておきたいワンポイントアドバイス!
※裄丈が1尺8寸0分以上の方へ
袖巾・肩巾ともにお誂えできる限界の寸法が存在します。
これは反物の巾に関係します。反物巾は商品により様々ですが、近年の反物の巾はおよそ1尺(約38cm)程度となります。そのため、お仕立時の「縫込みやキセ」を考えると、最大でできる巾はおよそ9寸5分前後が限界となるでしょう。
特に古いお着物の仕立直しなどのケースでは、昔の反物は現代のものにくらべ巾が狭く、希望の寸法が出せないケースも考えられます。特に裄丈が長い方の場合には専門家に相談されても良いでしょう。

参考例
身長:163cm/裄丈:68cm/ヒップサイズ:94cm/年齢:40代/趣味:茶道
裄丈は1尺8寸0分のため「袖巾9寸2分」「肩巾8寸8分」となりますが…
今回の参考例では敢えて「袖巾9寸0分」「肩巾9寸0分」にしてみました。その理由は、譲りのお着物などのお仕立直し(リフォーム)をしたいケースも想定してみました。

上記の振分け一覧表通りで行えば「袖巾9寸2分」「肩巾8寸8分」となります。
しかし、お着物のリフォームではよくある事例ですが、昔の反物巾(9寸5分程度)のお着物ですと「袖巾9寸2分」という寸法が出せない可能性があります。このように状況に合わせて袖巾を決めるのもひとつの方法です。

そのため、上記の振分け一覧表は参考としてご覧ください。
袖巾:9寸0分 肩巾:9寸0分

E袖口を決める
袖口の標準寸法は「6寸0分」です!
踊りをやられている方に多いケースですが、袖の中に手を入れる振り付けがあるため、袖口を少し広くお仕立てされる場合があります。お好みにもよりますが「6寸5分〜7寸5分」程度でお誂えになられる方が多いでしょうか。

参考例
身長:163cm/裄丈:68cm/ヒップサイズ:94cm/年齢:40代/趣味:茶道
特に袖口を広くする理由がないため並寸の「6寸0分」にしました。
袖口:6寸0分

F袖付を決める
袖付の標準寸法は「6寸0分」です!
振袖などをご着用いただく若いお嬢様方は、帯を高い位置に結びたいことから、袖付の寸法を「5寸5分(前後共に)」にします。こちらは特に年齢の決まりはありませんので、お好みといっても良いでしょう。また、「前5寸5分」「後6寸0分」などの付け違いという方法もあります。

参考例
身長:163cm/裄丈:68cm/ヒップサイズ:94cm/年齢:40代/趣味:茶道
特に帯を高く結ぶこともないと判断して並寸の「6寸0分」としました。
袖付:前6寸0分 後6寸0分

G前巾 H後巾 I衽巾を採寸する
まずは自分のヒップサイズを測ってみましょう!
前巾・後巾は「ヒップサイズ」または「ウエストサイズ」に関係する寸法となります。
主に「ヒップサイズ」から寸法を割り出します。
採寸方法
ヒップサイズの1番大きい部分を測ってください。
(下記の前巾・後巾の目安一覧表を参考に寸法を割り出してください)

前巾の標準寸法は「6寸0分」 後巾の標準寸法は「7寸5分」です!
前巾について
茶道やられている方など、正座をする機会が多い方は3〜5分程度広めにすると着やすいようです。
後巾について
こちらはできるだけ体型に合った寸法がおすすめです。
ある程度は着付方法でカバーはできますが、後巾が狭すぎたり広すぎたりすると、本来の脇線よりズレてしまい、きれいに着用しづらいお着物になります。
衽巾の標準寸法は「4寸0分」です!
特にヒップサイズが大きい方は衽巾を「1分〜5分」程度広くするケースもあります。
特別な理由がなければ、通常は「4寸0分」で問題ありません。

前巾・後巾・衽巾の目安一覧表(ご参考までに)
ヒップサイズ 前 巾 後 巾 衽 巾
80〜83cm 5寸7分 7寸5分 4寸0分
84〜87cm 6寸0分 7寸5分 4寸0分
88〜90cm 6寸0分 7寸8分 4寸0分
91〜94cm 6寸3分 7寸8分 4寸0分
95〜99cm 6寸5分 8寸0分 4寸0分
100〜103cm 6寸8分 8寸0分 4寸0分
104〜108cm 7寸0分 8寸0分 4寸0分
109〜111cm 7寸3分 8寸2分 4寸0分
112〜115cm 7寸5分 8寸5分 4寸0分
116〜118cm 8寸0分 8寸5分 4寸2分
上記の寸法表は目安としてご覧下さい!
前巾・後巾の寸法は体型により個人差があります。また、個人の好みに応じて寸法を調整される方もいらっしゃいます。

身巾の寸法は体型(おしりの形)などにより異なります。
例えば「後巾を広くした方が着やすい方」や「狭い方が着やすい方」など、それこそ千差万別といえるでしょう。そのため、上記の寸法表はあくまで目安としてご覧いただくことをおすすめいたします。

知っておきたいワンポイントアドバイス!
身巾の誤差は着付けの調整でカバーできる!
はじめてお着物をお誂えになられるケースでは、一枚目のお着物を着用した際に「より自分に合った寸法」を確認されるとよろしいかと思います。
「えっ、1枚目の着物は犠牲になるの?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。ある程度の身巾の違いは、着付けの調整で意外ときれいに着れてしまうものです。

もちろん、「自分により合った寸法」が良い訳ですから、1枚目のお着物の寸法を参考にしながら、2枚目以降のお着物の寸法を算出されると良いでしょう。
(既製品やゆかたを利用するのもひとつの方法です)

また、お洋服とは異なりお着物は巻いて着るものだけに、着付けでの調整を可能としてくれます。そのため、過度に身巾を気にする必要がないこともお着物の優れた利点といえるでしょう。
柄合わせを優先すると希望の寸法にはできない!
留袖・訪問着・付け下げ・振袖などの裾模様のお着物の場合、柄合せを優先してお仕立てを行うことで、希望の身巾が出せないケースが存在します。

通常では「衽から前身頃の柄合わせ」「背縫いの柄合わせ」をきれいに行い、脇縫いで身巾を調整する方法が一般的です。しかし、お着物の柄行や身巾(ヒップサイズ)によっては「身巾を調整して柄合わせを優先」するか「柄合わせを犠牲にして身巾を優先」しなくてはいけないケースも存在します。少ない事例かもしれませんが、ちょっと知っておきたいワンポイントアドバイスです。
特に裄丈が長い方のケースでは後巾を広く取りたい時も・・・
裄丈が長いことで身巾(後巾)に影響するケースも考えられます。
特に裄丈が長い方の場合、それに比例して「肩巾」を広く取ることになります。
さらにこれに付け加え、身巾(後巾)が特に狭い方ですと、後巾と肩巾の誤差が大きくなってしまうため、極端な「Y字」の状態にお着物を仕立ることになります。
もちろん、仕立て屋さんはできるだけ綺麗にお仕立ては行ってくれるものですが、物理的にできない状況にあるケースでは、後巾を少し広くしてお仕立てをさせていただくケースがあります。こちらも少ない事例ですが、ちょっと知っておきたいワンポイントアドバイスです。

参考例
身長:163cm/裄丈:68cm/ヒップサイズ:94cm/年齢:40代/趣味:茶道
ヒップ94cmのため「前巾6寸3分」「後巾7寸8分」「衽巾4寸0分」となりますが…
このケースでは趣味が茶道という点を考慮し正座をする機会も多いことから、敢えて前巾を2分広くしてみました。
前巾:6寸5分 後巾:7寸8分 衽巾:4寸0分

J褄下を算出する
身長(身丈)の半分が褄下の寸法になります。
身丈の約半分(身丈÷2)が褄下となります。

参考例
身長:163cm/裄丈:68cm/ヒップサイズ:94cm/年齢:40代/趣味:茶道
(自分の身丈:○尺○寸○分)÷2=褄下(○尺○寸○分)
163cm=4尺3寸0分の場合
4尺3寸0分÷2=2尺1寸5分
褄下:2尺1寸5分

K袖丸みを決める
袖丸みの標準寸法は「5分」です!
お好みにより元禄袖など袖丸みを大きくとる場合もあります。
(特に小さなお子様の場合は袖丸みを大きくします)

参考例
身長:163cm/裄丈:68cm/ヒップサイズ:94cm/年齢:40代/趣味:茶道
一般的な寸法となる並寸の「5分」にしました。
袖丸み:5分

Lくりこしを決める
くりこしの標準寸法は「5分」ですが・・・現在では7〜8分程度が主流です。
近年では「7〜8分」程度のくりこしを取られる方が多いようです。くりこしの寸法が大きくなるにつれ、えり抜きの深さを深く着用することができます。

参考例
身長:163cm/裄丈:68cm/ヒップサイズ:94cm/年齢:40代/趣味:茶道
現在では一般的な寸法となる「7分」にしてみました。
くりこし:7分
(付け込みは5分)

上記以外の寸法について
上記に記載した寸法以外にも「衿肩明き、抱巾、合褄巾、衿巾、衽下がり・・・」などの寸法もありますが、上記の13項目の寸法が分かれば問題なくお仕立ては可能です。

また、「バスト、ウエスト、首まわり」のサイズが特に大きいというケースでは、これらの寸法を採寸し仕立屋さんに知らせておくことで、より着やすいお着物をお誂えいただくことができるでしょう。


元のページへ戻る