総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>お着物の寸法について(基本編)

和服の寸法について/寸法について(基本編)

これは知っておきたい!寸法について(基本編)

お着物は表地や裏地からお誂えを行う、いわゆるオーダーメードとなるケースがほとんどといえるでしょう。もちろん、既製品のお着物やコート類などをお買い求めになられるときでも、ご自身の寸法を知っておくことはとても便利です。

そこで、こちらでは和服の寸法についての基本をご紹介してみたいと思います。


呉服屋さん任せの寸法ではダメ!
呉服屋さんで測ってもらった寸法はダメなの?
と思われたかもしれませんが、そうではありません。こちらはお着物をお誂えいただくときに「ご自身でお着物の寸法を呉服屋さんに指定しください」という意味を指しています。

一軒の馴染みの呉服屋さんでお着物をお誂えになられている方は良いのですが、複数の呉服屋さんでお着物をお誂えになられているという方には、特に気をつけていただきたいポイントとなります。

微妙に異なる寸法の計り方
お着物の寸法を採寸する際、呉服屋さんにより微妙に寸法が異なるケースが考えられます。もちろん、呉服屋さんもプロですから適当に測っているということではありません。
例えば、裄丈を採寸するとき、「A店の店主は長めが好み」「B店の店主は短めが好み」であった場合、お誂え寸法が2通りになり、ふたつの異なる寸法のお着物が出来上がってしまいます。そして、ここで問題が発生します。

重ねて着るからこそ、寸法を指定することが大切です!
お着物は「長襦袢+お着物+羽織(コート)」を重ねて着用します。
「A店では長めの寸法で長襦袢をお誂え」「B店では短めの寸法でお着物をお誂え」になられた場合、それぞれのお店で裄丈に違いがあるため、「長襦袢がお着物の袖口から出てしまう」ということが起きてしまいます。

このようなことがないように「呉服屋さんに寸法を指定する」ことはとても大切です。


お 着 物 の 各 部 の 名 称
●赤文字:お着物の各部の名称で重要なもの。それ以外は●緑文字表示。
に番号:寸法に関する重要なもの。それ以外は●黄色文字表示。


裄丈・袖巾・袖丈が大事
「裄丈/袖巾/袖丈」の3箇所を把握しておけば大丈夫!
ご自身の寸法を把握しておくなかで、もっとも大切なのが「A裄丈/C袖巾/B袖丈」(上図と合わせてご覧下さい)となります。この3箇所を把握しておけば、何処の呉服屋さんでお着物をお誂えいただいても大丈夫です。

既述のように、お着物は「長襦袢・お着物・羽織(コート)」を重ねていただきます。その際「裄丈/袖巾/袖丈」は密接に関係してきます。

例えば「長襦袢の袖丈が1尺2寸」で「お着物の袖丈が1尺3寸」としてみましょう。
この場合には、長襦袢はお着物より1寸(約3.8cm)袖丈が短いため、長襦袢の「ふり」がお着物から出やすくなります。

同様に「裄丈の違いは袖口から」「袖巾の違いは袖口とふりから」出ててしまうケースが考えられます。そのため「裄丈/袖巾/袖丈」は、特別な理由がない限り、すべての商品(長襦袢・着物・コート)を同寸法でお誂えしておくことをおすすめいたします。

これにより長襦袢・お着物・コート、それぞれのお品物を様々な組み合わせでコーディネートしていただけます。もちろん、これ以外の寸法も把握しておかれた方が賢明ですが、これ以外の寸法はある程度の誤差なら着付けなどで調整可能となるでしょう。


お 着 物 は 尺 貫 法 で の 表 示
「メートル法」を「鯨尺」に換算してみよう!
お着物では尺貫法(鯨尺)で寸法を表示しています。
いわゆる「○尺○寸○分」という表示方法です。こちらでは尺貫法(鯨尺)についての簡単な解説と「cm=鯨尺の計算方法」をご紹介いたします。

まず、尺貫法にある「尺」という単位には「鯨尺」と「曲尺」があります。
一般に呉服で使われている寸法表示は「鯨尺」です。(地方によっては曲尺が使用されている場合もあります)また、曲尺は大工さんなどの建築関係で使われます。

私たちの普段の生活の中でもっとも使われている長さの単位表示は「メートル法」です。
そのため、皆様が呉服屋さんに寸法を指定いただくためには、「メートル法」を「鯨尺」に換算する計算法を知っておく必要があるといえるでしょう。

「メートル法」⇔「鯨尺」の換算方法
では、メートル法を鯨尺に換算するにはどのようにしたら良いのでしょう。
まずはメートル法と鯨尺の兼ね合いから見てみましょう。

鯨 尺 メートル法
1尺 37.87cm
(割り切れない循環小数)
1寸 3.78cm

メートル法 鯨 尺
1m 2尺6寸4分
10cm 2寸6分4厘
これを踏まえて計算方法です。
メートル法を鯨尺に換算する場合
「○○○cm×2.64=鯨尺」という計算式になります。

例題:身長「158cm」を鯨尺に換算すると・・・

158cm×2.64=417.12 となります。

正解は「4尺1寸8分」です
(端数は切り上げました)

鯨尺をメートル法に換算する場合
「○尺○寸○分×0.378=cm」という計算式になります。

例題:身丈「4尺1寸8分」をメートル法に換算すると・・・

418×0.378=158.004 となります。

正解は「158cm」です
(端数は切り下げました)


それぞれ端数が出ますので、その場に応じて
「切り上げ」「切り下げ」をご判断ください。

さらに詳しい鯨尺の解説はこちら

次のページでは、実際にご自身で寸法が採寸できるように
詳しい解説を交えご紹介しています!

next page
 「寸法を測ってみましょう!」のページへ


女性のきもの寸法/名称と標準的な寸法の一例
身長156cm/裄丈64.5cm/ヒップ85cmの場合
名 称 寸法(鯨尺)
身 丈 (背)4尺1寸2分
裄 丈  1尺7寸0分
袖 丈  1尺3寸0分 
袖 巾  8寸7分
肩 巾  8寸3分
袖 口  6寸0分
7 袖 付 6寸0分
前 巾 6寸0分
後 巾 7寸5分
名 称 寸法(鯨尺)
10 衽 巾 4寸0分
11 褄 下 2尺0寸5分
12 袖丸み 5分
13 くりこし 7分
合褄巾 3寸7分
身八ツ口 4寸
衽下がり 肩山から6寸
本 衿 衿巾3寸

各部の解説(上記1〜13まで)
身 丈
通常は「身長=身丈」が一般的です。
お好みによって「おはしょり」を多く取りたいケースでは「1寸前後」長くされる方も・・・。採寸の方法は「背から」「肩から」の2種類があり、身長から割り出した場合、通常「背から」となります。
身長156cmの場合
156cm×2.64=411.84(4尺1寸2分)※端数切り上げ
「身丈:背から4尺1寸2分」としました。
裄 丈 
腕を斜め45度くらいに下げて、首のつけ根のグリグリからショルダーポイント(肩)を通り、手首のグリグリまでを測った長さが「裄丈」です。長め、短めはお好みに合わせて・・・。
裄丈64.5cmの場合
64.5cm×2.64=170.28(1尺7寸0分)※端数切り下げ
「裄丈:1尺7寸0分」としました。
袖 丈 
並寸といわれる標準寸法は「1尺3寸0分」です。
この並寸が一般的な寸法となりますが、身長や年齢に合わせて袖丈の調整をされる方も・・・。
ワンポイントアドバイス
化繊の仕立上がりきものなどをはじめとする既製品は、並寸(1尺3寸)で誂えられているケースがほとんどです。既製品も使いたいとお考えの方は並寸(1尺3寸)でお誂えしておくと便利でしょう。
袖 巾 
裄丈から肩巾を引いた寸法が「袖巾」です。
通常では肩巾より、やや長めに寸法を設定します。
肩 巾 
裄丈から袖巾を引いた寸法が「肩巾」です。
通常では袖巾より、やや短めに寸法を設定します。
袖 口 
並寸といわれる標準寸法は「6寸」です。
踊りをやられている方は、手を袖の中に入れる振付けなどがあるため、少し広めの7寸くらいにする場合もあります。
7 袖 付
並寸といわれる標準寸法は「6寸」です。
振袖など若いお嬢様方は、帯の高さを高めに結ぶため5寸5分にします。また、「前5寸5分」「後6寸0分」などの付け違いという場合もあります。
前 巾
並寸といわれる標準寸法は6寸です。
ヒップサイズ合わせた寸法となります。茶道やられている方など、正座をする機会が多い方は3〜5分程度広めにすると着やすいようです。
後 巾
並寸といわれる標準寸法は7寸5分です。
ヒップサイズ合わせた寸法となります。こちらはできるだけ体型に合った寸法がおすすめです。ある程度は着付方法でカバーはできますが、後巾が狭すぎたり広すぎたりすると、本来の脇線よりズレてしまい、きれいに着づらいお着物になります。
10 衽 巾
並寸といわれる標準寸法は4寸です。
ヒップサイズが大きい方は少し広めにすると着やすいでしょう。
11 褄 下
身丈の約半分が褄下となります。
おはしょりを多く取るために身丈を長めに設定している方は、身長(正規の身丈)の半分程度がおすすめです。
身長156cm=身丈4尺1寸2分の場合
身丈4尺1寸2分÷2=2尺0寸6分
「褄下:2尺0寸5分」としました。(好みで切りよく1分短くしました)
12 袖丸み
並寸といわれる標準寸法は5分です。
お好みにより元禄袖など袖丸みを大きくとる場合もあります。
(特に小さなお子様の場合は袖丸みを大きくします)
13 くりこし
並寸といわれる標準寸法は5分ですが・・・。
近年では「7〜8分」程度のくりこしを取られる方が多いようです。くりこしの寸法が大きくなるにつれ、えり抜きの深さを深く着用することができます。


元のページへ戻る