総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!



総合トップページ>悉皆加工ページ

■豊富な経験と実績でしっかりサポートいたします!
他店でご購入された商品、譲りの商品でもご依頼を承ります。

「きものをお手入れしたいけど何処に相談すれば・・・」とお悩みのお客様は弊店にお任せください。弊店では呉服専門店として「丸洗い・しみ抜き・洗い張り・染め替え・仕立直し」など多くの悉皆作業に携わっております。その豊富な経験と実績を活かし、お着物の状態を診断して適切な加工をお薦めいたします。
■お客様のニーズに合わせた修復方法をご提案いたします!
  お近くのお客様は是非ご来店ください。
お着物のお手入れは「丸洗い・しみ抜き・洗い張り・色掛け・染め替え・金彩加工・仕立直し」など様々な修復方法がございます。これらの修復作業を行う中でお客様のニーズを的確に把握するためにも「お客様との対話」は必要不可欠です。

弊店ではお客様のお着物を初見での検品を行いながら「どのような方法でお着物のお手入れを行うのか?」それらの作業内容をお客様とご相談しながら決めていきます。また、この時点でお客様の疑問点なども解消していただき、お客様にご満足していただけるサービスをご提供できるように心がけております。

また、インターネットでのご依頼も承っております。こちらは弊店にて商品をお預かりさせて戴き、弊店スタッフよりメールor電話(FAX)にてご対応しております。
■多くのお客様よりご好評をいただいる診断・ご照会システム
お着物のお手入れ品をお預かりする中で、もっとも多いご質問は「どの程度まできれいに直りますか?」「どのくらい費用が掛かりますか?」という2点です。

そこで弊店では、お客様からお預かりしたすべての商品を専門の職人による診断とお見積りを行い、お客様にご照会(ご連絡)をさせていただいております。

また、この際「お客様のご意向をお伺いしている弊店」と「専門の職人」の双方にてお品物の診断を行うことで、より的確な修復方法をご提案させて頂いております。
この他、「お客様のご予算を超えてしまうケース」や「修復に一定の成果が見込めないケース」では照会・お見積りのみでの返品や中止も可能です。

■まずは諦めずに弊店にご相談ください。
お着物の汚れの程度がきつい場合、お客様自身の判断で「もう駄目」と思っていませんか。そんな時でも、まずは諦めずに専門家に相談することが大切です。

お着物のお手入れ方法は、丸洗いやしみ抜きのように「汚れを落とす」という作業だけではなく、柄足しや金彩加工でシミを隠したり、お着物の種類や柄付によってはお仕立直しを行うことで「汚れを隠す」という方法もあります。まずはご相談を。





きものを解くことなく全体を丸洗いできることが最大のメリット!
丸洗いの最大のメリットは、お着物を解くことなくお手入れが行えることです。洗い張りのようにお仕立直しの必要がないため、近年のお着物のお手入れ方法としては代表的な加工方法といえます。
こちらは石油系溶剤を使用したドライクリーニングとなります。熟練の職人が高価なきもの用溶剤を使用することで、ただ汚れを落とすということだけでなく、生地に負担をかけずに仕上げます。

主な作業方法
初めに、汚れやすい「衿・袖口・裾」や「汚れている箇所」を丁寧に部分洗いをします。次に、お着物全体を丸洗いにて綺麗にお手入れしていきます。
その後、日陰の風通しの良い場所で乾燥させ、最後に仕上げ(プレス)加工を行ます。絹が本来持っているふっくらした風合いに仕上げます。
実例をご紹介/丸洗い・しみ抜き・パールトーン加工/衿汚れお手入れ編
弊店でご依頼いただいた「喪服のお手入れ」を実例編でご紹介しています。
ご依頼の多い「衿汚れ」を中心に解説しております。「衿汚れの沈着化?」のケースでは、丸洗いだけでは、完全に修復することが出来ないことがあります。是非、ご参考にご覧下さい。

実例をご紹介/丸洗い・しみ抜き/しみ汚れが多い付け下げ袷お手入れ編
弊店でご依頼いただいた「付け下げ袷のお手入れ」を実例でご紹介しています。
多くの回数を着用すれば、その分だけシミや汚れがついてしまうもの。でも・・・。
どのくらいの費用が掛かるか心配。そんな方には必見の内容です。是非、ご参考にご覧下さい。

丸洗い加工料金(洗い・仕上げ込み)
黒留袖・色留袖 10,000円 【税込10,800円】
訪問着・付け下げ 8,500円 【税込9,180円】
色無地・小紋・紬 7,500円 【税込8,100円】
道行コート・羽織 6,500円 【税込7,020円】

上へ戻る


汚れのきついお着物に! 譲りのお着物の寸法直し!
こんなケースで洗い張りはとても有効です!
@全体に汚れがきつくなってしまったお着物の汚れ落としを行いたい場合
Aお着物の汚れ落としと同時に、お着物の寸法直しを行いたい場合
B定期的なお着物のお手入れとして洗い張りを行いたい場合
C色褪せてきてしまったお着物の色彩再生を行いたい場合
D全体的に色ヤケした紬のお着物を裏返しにして仕立直しを行いたい場合
Eお着物にカビが出てしまい、カビ落としを行いたい場合
F収納スペースを確保するためお着物を反物状に戻したい場合    等々
洗い張りは豊富な水ですすぎ洗いを行なうことで、それまで張り詰めていた絹が緩みしなやかな風合いを戻しながら汚れ落としも行なえる優れた加工方法です。
また、お仕立の際には汚れを隠してお仕立直しを行なったり、寸法直しを行なうことでもお着物の再生を行なうことができます。

洗い張りの主な作業内容は「解き→ハヌイ→洗い」
洗い張りは、一度完全にお着物をバラバラに解き、これを元の反物の状態に縫い戻します。(この工程を解きハヌイと言います)その後、油性系溶剤で洗いを行なった後に水洗いを行います。

お着物の汚れは大別すると「油性の汚れ」「水性の汚れ」ふたつに分けられます。
「水と油」という言葉もありますが、本来、油性の汚れに対しては油性系薬剤(ベンジン等)を使いお手入れを行い、水性の汚れであれば「水」を使用して、それぞれの特性が合うもので汚れ落としをすることが理想的です。

この点を考えると石油系溶剤のみで洗いを行う丸洗いに比べ、洗い張りでは「油性系溶剤の洗い」+「水洗い」となるため、油性系の汚れ落としに加えて、水性系の汚れ落としも同時に行なえる、とても優れた加工方法です。そのため、お着物全体にツヤ・ハリ・サッパリ感が甦りとてもきれいに仕上がります。

また、「寸法直し」「裏地交換」「汚れを隠しての仕立直し」などが必要なお着物のリフォームをされたいケースでは、汚れを落としながらお仕立直しも行える非常に有効なお手入れ方法といえるでしょう。上記でご紹介した「有効なケース」に該当するお着物では、特に洗い張りがおすすめです。

洗い張り加工料金(解きハヌイ込み)
留袖・振袖 18,000円 【税込19,440円】
訪問着・付け下げ 12,800円 【税込13,824円】
色無地・小紋・紬 12,800円 【税込13,824円】

上へ戻る


頑固な汚れには「しみ抜き加工」を行います!
丸洗いや洗い張りで落ちきれない「シミ/汚れ/黄変/変色」がある場合には、きつい汚れを部分的に落とすことができる「しみ抜き加工」を行います。
繊細な絹を傷めないように、熟練の職人により一箇所一箇所を丁寧に修復していきます。しみ抜き加工は非常に優れた技術で、難しい汚れや変色などもきれいにお手入れをすることが可能です。

黄変、変色などのきつい汚れは「しみ抜き+色挿し加工」でお直し!
「黄変」「変色」「きつい汚れ」など。普通のしみ抜き作業ではお手入れが困難なシミや汚れの時には「しみ抜き+色挿し」にて修復を行います。
こちらは非常に高度な技術を要する作業となりますので経験豊富な熟練した職人のみがなせる「技」といえる加工方法です。黄変などの汚れで「汚れのみ」を落とすことが難しい場合には、次のような方法でしみ抜きを行います。
弊店職人の作業風景/「しみ抜き+色挿し」の加工方法をご紹介!
黄変、変色、特にきつい汚れがある時には、通常のしみ抜きの作業では綺麗にお直しが出来ないことがあります。このようなケースでは「しみ抜き+色挿し」でお手入れを行ないます。

色ヤケは「色掛け加工」でお直し!
色ヤケは強い光(日光・照明など)に長時間あたっていることで地色が変色してしまう現象です。また、タンスの中に仕舞っておいても酸化ガスなどの影響により色ヤケ(変色)が発生してしまうこともあります。

このようなケースでは、色ヤケ(変色)を起した箇所を元の色に復元する「色掛け」という加工方法が効果的です。また、お着物を解くことなく部分的なお直しが可能となるため、染め替えに比べて廉価で加工が可能です。

柄中の黄変は「胡粉描き直し加工」でお直し!
時間の経過した古いお着物では、柄中の胡粉箇所に黄変(変色)が出てしまうことがあります。このようなケースでは「胡粉描き直し加工」にて修復を行うこともできます。
こちらは「胡粉描き直し」にて加工を行いました。
(画像をクリックすると拡大写真がご覧いただけます)
黄変が出てしまっています。 胡粉描き直しをしました。
(お客様の大切なお着物を弊店にてお直しさせて頂いた実例です)
中央に一匹増えていますが…気がつかれましたか?

しみ抜き/色挿し/色掛け/胡粉描きなどの加工料金
全商品「お見積り」となります。
しみ抜き加工はそれぞれの商品によって加工内容が大きく異なります。
そのためお預かりしました商品を1点1点「専門の職人」によりお見積りをさせていただいております。

上へ戻る


染め替えでお着物を再生する 無地染めは価格も含め効果的!
◆派手になってしまった!
◆広範囲にヤケ・変色・黄変が出てしまった!
◆シミや汚れを隠すために染め替えたい!  等々

上記のようなケースではお染め替えを行いお着物の再生を行ないます。「無地染め替え」は価格も含め効果的です。

お誂えのお着物は「解きハヌイ」を行い、反物の状態に戻してから染め替えを行います。
無地染めは主に「引き染め」「焚き染め」の2つに分かれ、大きく加工方法が異なります。どちらの「加工方法で行うのか?」につきましては、生地の状態・生地種類・色目などにより染め上がりの状態が変わってくるため、お客様のご意向も含め最適な加工方法をご提案させていただいております。
また、白生地や八掛の染めも承っております。
柄を生かして、シミや汚れを隠して染め替える!
訪問着や付け下げでは、お手持ちのお着物の柄を生かしつつ「シミや汚れを隠すため」。または「派手になってしまった地色」などを染め替えることも可能です。
こちらは「柄生かし吹雪しごき染め」で加工を行いました。
(画像をクリックすると拡大写真がご覧いただけます)
斑点のしみがあります。 しみがきれいに隠れます。


染め・染め替えの加工料金について
無地染め基本料金
無地染め【3丈物】 12,000円 より 【税込12,960円】
無地染め【4丈物】 16,000円 より 【税込17,280円】
八掛別染め【生地代込】 15,000円 【税込16,200円】

無地染めは生地の種類等により加工内容が異なるため「○○○○円より」との表記をさせていただいております。また、柄生かし染め替えはすべての商品がお見積りとなります。
染め加工はお客様がご指定いただきましたお色に出来るだけ近く染め上げていきますが、少々色目が異なる場合もございます。

お染め替えの作業は「生地の種類」「染め替える色目」「汚れ具合」などにより加工方法は様々です。
基本は「解き湯のしハヌイ(反物に戻す)」→「お染め替え」→「お仕立直し」という流れになります。

これ以外にも「下洗い」や「色抜き」などの加工。シミ・汚れのきつい場合には「しみ抜き加工」を併用して行うことで、より綺麗なお染め替えが可能です。これらの加工は必ず必要ということではございませんが、お着物の状態に合わせお客様とのご相談後、各種加工のお見積りもさせていただいております。

上へ戻る


譲りのお着物・紋泣き・黄ばみは「家紋直し」で修復します!
「家紋」は代々受け継がれている大事にしたいもののひとつです。主に冠婚葬祭のお着物には家紋が入れられています。そんな家紋が「黄ばんだり」「泣いていたら」せっかくのお着物も台無しです。
そこで紋入れ替えの作業で家紋の修復を行います。

もちろん、新しいお着物への紋入れも承ります。

紋入れ・家紋直し加工料金(一部抜粋)
入紋(五ツ紋)【留袖・喪服へ】 7,800円 【税込8,424円】
抜き紋(一ツ紋)【訪問着・色無地など】 7,800円 【税込8,424円】
摺り込み紋(五ツ紋)【初着・五歳祝着】 7,800円 【税込8,424円】
家紋直し/入紋入替(五ツ紋) 16,800円 【税込18,144円】
家紋直し/抜き紋入れ替え(一ツ紋) 9,500円 【税込10,260円】
家紋の数により加工料金が異なります。主にご依頼が多いものを一部抜粋にて表記させていただいております。詳しくはお問い合わせくださいませ。

上へ戻る


大切なお着物を生かしきるためのお仕立直し!
そのままでは着れないお着物をお仕立でリフォームを行います。お仕立直しで再生できるお着物は非常に多く、まさに「甦る」という言葉がピッタリです。
一般にお仕立直しのご依頼は「譲りのお着物などの寸法直しを・・・」ということが多くあります。もちろん、これも大事なリフォームのひとつですが、これ以外にもお仕立直しで出来ることは多くあります。

実例をご紹介/お着物のリフォーム 身丈直し編
弊店でご依頼いただいた「譲りのお着物の身丈直しについて」実例編をご紹介しています。
縫込み生地が足りなくても大丈夫! 胴剥ぎを入れて綺麗にお直しを行います!

実例をご紹介/お着物のリフォーム 裄丈・袖丈直し編
弊店でご依頼いただいた「お着物の裄丈・袖丈直しについて」実例編をご紹介しています。
「裄丈・袖丈直しは可能?」 皆様がお手持ちのお着物をチェックしてみましょう!

★汚れた衿を「掛け衿交換」によってお直しを行う
こちらはファンデーションなどで衿の汚れが酷くなり、しみ抜きなどで落ちきれない場合に有効な方法です。お着物の地衿と掛け衿の交換を行うことでお直しを行います。

★上前にどうしても落ちない汚れが・・・
こちらは紬や小紋であれば可能なお仕立直しです。落ちきれない汚れを見えない箇所(下前など)に隠してお仕立直しを行います。

お仕立・お仕立直し加工料金(一部抜粋)
黒・色留袖比翼 54,000円 【税込58,320円】
訪問着・付け下げ 33,500円 【税込36,180円】
色無地・小紋・紬 27,500円 【税込29,700円】
お仕立直し商品により加工料金が異なり多くの点数となってしまうため、ご依頼が多いものを一部抜粋にて表記させていただいております。詳しくはお問い合わせを・・・。
※また、お仕立直しの加工料金は、商品お買い上げ時の加工料金とは異なります。

上へ戻る


お着物の穴あき・虫食い・破れを修復します!
熟練の職人による非常に高度な技術を要する加工が「かけつぎ・かけはぎ」です。
お着物にできた「穴あき・虫食い・破れ」を修復します。

かけつぎ・かけはぎでの完全な修復は難しいと言われます・・・。
しかし、それでも直しておきたいお着物もきっとあるはず。
想い出のある大切なお着物に穴が開いてしまった!
完全に元通りにならくても出来るだけ目立たないように直したい!
このように思われている方も少なくないと思います。
こちらはお着物の穴あきを共布を裏からあて目立たなく修復しました!
(画像をクリックすると拡大写真がご覧いただけます)
 
柄に合わせ裏に生地をあてます。 目立たない状態まで修復可能です。

かけつぎ・かけはぎ加工で完全な修復は困難です。しかし、穴あきの部分を目立たなくお直しすることを可能としてくれます。

「大切なお着物」「思い出のお着物」 そんな価値あるお着物を「少しでもきれいお直しをしたい」とお考えのお客様には、是非おすすめいたします。
(そんなお客様の大切なお着物を弊店でお直しさせていただいた実例です)

かけつぎ・かけはぎ加工料金
全商品「お見積り」となります。
「かけつぎ・かけはぎ」の加工は商品(大きさ・状態など)によって加工内容が大きく異なります。そのためお預かりしました商品を1点1点「専門の職人」によりお見積りをさせていただいております。

上へ戻る