総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!



総合トップページパールトーン加工大特集>セルフケアも可能です!



ご自身でもお手入れ可能! 簡単に行えるパールトーン加工済み商品のセルフケア
パールトーン加工済みの商品は、お客様ご自身で「セルフケア」としてお着物のお手入れを行って頂くことが可能です。

こちらのページでは、セルフケアの方法、お手入れ時の注意点などをまとめてみました。

軽い汚れであれば、簡単な作業でお手入れすることが可能なので「アフターケアを利用している時間がない」というケースなどでは、セルフケアをチャレンジされてみても良いでしょう。

但し、無理なお手入れは禁物です。きれいに落ちない、自信がないというケースでは、アフターケアシステムをご利用ください。

潟pールトーンではセルフケアを推奨しています!(ですが・・・)
潟pールトーンでは、お客様ご自身で行っていただくセルフケアを推奨しています。

まずは、パールトーン加工済み商品に同封されている「簡単お手入れ方法」というカードに記載されている「アフターケアシステム」に関する規定の内容からご紹介してみましょう。

アフターケアシステムの規定は以下のような内容になっています。

アフターケアシステム(規定について)
【文面資料:簡単お手入れ法より】
当社(パールトーン)では、お客様がお手入れ方法に従ってお手入れをしていただいて、汚れや揮発油(ベンジン)の輪ジミが残った場合には、アフターサービスとして残った汚れを無料でお取りしています。

尚、地直し、ヤケ直し、生地をこすってスレが発生した場合、また、カビ、汚れの極めてひどいものや変色している場合は有料となります。その際は、加工に出されたお店にご依頼ください。
〔ご注意〕加工済みリボンがついていないきもの・帯は、アフターサービスの対象外となります。また、「洋品」「法衣類」「小物」「特殊品」「レンタル商品」などもアフターサービスの対象外となりますのでご了承ください。

さて、ここで気になる文面が・・・こちら↓
お客様がお手入れ方法に従ってお手入れをしていただいて、汚れや揮発油(ベンジン)の輪ジミが残った場合には、アフターサービスとして残った汚れを無料でお取りしています。


上記のように、潟pールトーンの規定では「お客様がセルフケアを行って頂いた後、残った汚れ、輪ジミをアフターサービスとして無料でお取りします」となっています。

そのため「お客様ご自身でのセルフケアを推奨している」ということになるのですが・・・



もうひとつ気になる文面が・・・こちら↓
尚、地直し、ヤケ直し、生地をこすってスレが発生した場合、また、カビ、汚れの極めてひどいものや変色している場合は有料となります。

ここで特筆したいのが「生地をこすってスレが発生した場合・・・有料となります」の部分です。

お客様ご自身で行うセルフケアで、もっとも多く発生する事故例が、無理に汚れを落とそうとして生地をこすってしまう「スレの発生」です。万一、セルフケアによりお着物を傷めてしまう事故が発生した場合には、原則としてお客様の自己負担(有料)での修復費用が必要となりますことをご承知ください。

また、上記でご紹介した「セルフケアの推奨」につきましても「あくまで推奨」であり、下記でご紹介のように「セルフケアなし」でもアフターケアシステムのご依頼は可能です。

※アフターケアについて詳しくはこちら


ご自身でもお手入れ可能! セルフケアの方法(手順)について
それではパールトーン加工済み商品のセルフケアについてご紹介いたします。

まず、お手入れ方法の解説の前に、汚れの性質ついて触れておきましょう。
お着物の着用時についてしまう汚れは、大きく分けると「油性系の汚れ」と「水性系の汚れ」に大別できます。

◆油性の汚れ・・・化粧品、てんぷら油(衿、袖口の汚れなど)
◆水性の汚れ・・・しょうゆ、ジュース、お酒など

ポイントは・・・
◆油性の汚れ:揮発油(ベンジン)でお手入れを行います。
◆水性の汚れ:水を使用してお手入れを行います。
※重要:水を使うお手入れはパールトーン加工済み品のみ(未加工品は不可)

また、お手入れの手順は「ベンジン(油性)→水(水性)」(正解)の順で作業を行います。これはしみ抜き作業の基本手順となり、「水→ベンジン」(誤)の順で作業を行うことで、シミ(汚れ)が落ちなくなるケースがあります。
ファンデーション
油性の汚れ

しょうゆ
水性の汚れ
尚、上記以外で多い事例の汚れ(性質)のケースでは「タンパク系の汚れ」が挙げられます。

「母乳、血液」などが、これに該当しますが、タンパク系の汚れ落としは非常に難しく、本来ではタンパク成分を分解することができる特殊な薬剤を使用してお手入れを行うことが最良となります。
そのため、ご自身で手をつけることなく、専門家(パールトーン)にご依頼いただくことをおすすめします。


油性の汚れ(化粧品、てんぷら油、衿、袖口の汚れなど)がついた場合
用意するもの:揮発油(ベンジン)、タオル3本、ドライヤー
@衿、袖口、ファンデーション、口紅などの汚れ!
油性の汚れ(化粧品、てんぷら油、衿、袖口)には、揮発油(ベンジン)を使用してお手入れを行います。

揮発油(ベンジン)は薬局などで購入可能です。

〔ご注意〕
揮発油使用の際は近くに火気がないことを確認し、換気を十分にお取りください。


A揮発油(ベンジン)をタオルにたっぷり含ませる
まず、汚れ個所の下にタオルを敷いてください。その後、きれいなタオルに揮発油(ベンジン)をたっぷり含ませます。

この際、タオルが乾いた状態だと生地を傷める(スレ・ヘタリ)恐れがあります。
揮発油の量をしっかりと確認しながら、タオルが乾いた状態にならないようにすることもポイントです。


B汚れを溶かすように押さえる
Aの揮発油をたっぷり含ませたタオルで、汚れを溶かすように少しの間押さえてください。

揮発油(ベンジン)は揮発性が高く発散しやすいため、一連の作業をスムーズに手早く行ってください。大切なのは生地難(スレ・ヘタリ)を作らないために、ベンジンが乾かないようにすることです。すぐに乾いてしまう場合には揮発油の量を増やすと良いでしょう。


C再度、揮発油をタオルに含ませて、汚れを拭いてください
別のタオルにたっぷり揮発油(ベンジン)を含ませ、汚れ箇所を拭いていきます。
この際、輪ジミができないように注意してください。
また、汚れが落ちきれない時は同じ作業を数回繰り返します。それでも落ちきれない場合は、無理に落とそうとせず専門家(パールトーン)にご依頼ください。

尚、Bでついたタオルの汚れを広げないためにも、新たにきれいなタオルを使用することをおすすめいたします。


Dお手入れ箇所の周りをぼかすように拭いてください
もう一度、たっぷり揮発油(ベンジン)をタオルに含ませて、お手入れ箇所の周りに散った汚れをぼかすように拭き取ります。

ファンデーションの衿汚れで、沈着化という状態になる汚れがあります。
これはファンデーションの汚れに汗や体温が加わることで発生することがあり、非常に落としづらい汚れとなります。このケースに該当したような頑固な汚れの場合には無理をせず、私ども専門家にお手入れをご依頼ください。


Eお手入れ箇所をドライヤーで乾かす
最後にお手入れした箇所をドライヤー(冷風)で乾かします。

万一の事故を防止するために、冷風で作業をすることをおすすめします。
既述したように、揮発油(ベンジン)は揮発性が高く、万一、ドライヤーがショートすると引火する可能性があります。「換気を充分に行う」「揮発油の栓を締める」「使用したタオルを離れた所に置く」などの対策をして、充分に気をつけながら作業を行ってください。





※重要:パールトン加工済み品が対象です!
水性の汚れ(しょうゆ、ジュース、お酒など)がついた場合
用意するもの:コップに水を1杯、タオル2本
@しょうゆの汚れがついてしまった!
通常、パールトーン加工を行っているお着物であれば、水性の汚れは水玉になって転がっていきます。

仮にお着物の着用時に、写真のように「醤油など」の汚れをつけてしまった場合でも慌てることはありません。落ち着いて次の対処法を行ってください。

未加工品では、この時点で生地に染み込んでしまいます。


Aきれいな乾いたタオルを使用するのがおすすめ!
ここで重要なのは「きれいな乾いたタオル」を使用して拭き取ることです。お出掛け先であれば、乾いたハンカチなどを代用していただくと良いでしょう。

レストランなどでのお食事中を想定すると、おしぼりを渡されて慌てて拭いてしまうことがありますが、これは好ましくありません。水に濡れているおしぼりで擦ることで生地に「スレ」が発生します。また、熱いおしぼりには特にご注意を。生地に熱が加わると染料が不安定な状態になり色落ちの原因にもなりかねません。


Bタオルに汚れを移すイメージ 絶対に擦らない!
きれいな乾いたタオルで上から押さえ汚れを吸い取ります。水分系の汚れであれば、この方法で充分に対応可能です。(お出掛け先での応急処置として)

やはり、大事なのは「擦らないこと」です。写真のように少し汚れが残っていても無理に擦ったりしてはいけません。生地難(スレ・ヘタリ)を作ると「色掛けなど」のお直しが必要となり、かえってお直しの工賃が必要になることがあります。ご注意ください。残った汚れはご自宅に帰ってからCの方法でお手入れします。


C残った汚れは水をかけてお手入れする
Bで残ってしまった汚れは、水をかけてお手入れすることが可能です。
残った汚れに少し水をかけて、指先で織り目に入り込んだ汚れを浮かびあがらせるようにかけた水に溶かします。この際、汚れを生地にこすり込まないようにしてください。軽くソフトなイメージです。

また、汚してしまった箇所、どんな汚れ(水性・油性)だったか覚えておくことも重要です。アフターケアをご依頼いただく際にも解かっていると助かります。


Dもう一度、タオルで汚れを吸い取ります
水に浮いた汚れを乾いたきれいなタオルで上から押さえ吸い取ります。
もし、まだ汚れが残っている場合はCの作業を再度行い、それでも落ちきれない場合には専門家(パールトーン)にご依頼ください。

C作業を何度行っていただいてもパールトーンの効力が減退することはありません。しかし、無理に汚れを落とそうとして生地を傷めてはいけません。
ある程度試みてダメなときは早めに私ども専門家にご相談ください。


Eきれいにお手入れが完了しました
通常の未加工品であれば、ご自身での「水を使ったお手入れ」は絶対に不可能ですが、それを可能にしてくれるのがパールトーンの撥水加工です。

この作業は難易度も低い「簡単にできるお手入れ方法」といえるでしょう。
お手持ちのお着物がパールトーン加工済みの商品であれば、一度チャレンジされてみては如何でしょうか。



お手入れ時の注意事項
@スレ・ヘタリには充分にご注意ください
上記のお手入れを行う際は、「スレ・ヘタリ」を作らないように気をつけて作業を行ってください。

スレは濡れた状態で擦ると発生し、ヘタリは乾いた状態で擦ると発生する生地難です。
いずれの生地難もお直しが有料となってしまいますのでご注意ください。また、落ちきれない汚れは無理に落とそうとせず、専門家(パールトーン)にご依頼いただくことをおすすめいたします。

A特にご注意いただくこと
パートーン加工済みきものでも化学薬品を含んだ色素(インク、マジックインク、墨汁、一部化粧品・口紅など)や熱いものは、特に生地に深く浸透し、シミになったりしますのでご注意ください。

また、パールトーン加工は、生地表面に膜を張るコーティング加工ではありません。そのため、色落ち、色止め効果はありません。特に紋はこすると紋の染料が白場に移り汚れることがありますので、紋はこすらないようにしてください。

B日頃のお手入れが大事
お着物の着用後、汚れ落としなどのお手入れはすみやかに行ってください。日数が経ち過ぎますと落ちない場合があります。

また、パールトーン加工済みのお着物であっても保管の状況により、カビ・黄変・縮みなどが発生します。年に1〜2度の虫干しで対策してください。(詳しくは虫干しについてをご覧下さい)

C弊店よりお客様へお願い
お着物のお手入れを行う際、揮発油(ベンジン)は取り扱いにより火災が起こる可能性が考えられます。換気を充分行い、火気の取り扱いには十分にご注意ください。

また、お手入れ時に生地難、染め難などが発生してしまう事故も少なくありません。きれいに落ちない、自信がないというケースでは、無理にお手入れを行わず専門家にご相談ください。
弊店では、これらの事故に関して一切の責任を負いかねます。予めご了承ください。

順番に見たいお客様は下のリンクより次ページをクリックしてださい。

(アフターケアについて) back page next page (パールトーンのご依頼方法)


元のページへ戻る