総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!



総合トップページパールトーン加工大特集>ガード加工をしても大丈夫なの?



お着物にガード加工をしても大丈夫?
「お着物にガード加工をしても大丈夫?」

そんな不安をお持ちの方も多いことと思います。
初めてお着物にガード加工(パールトーン加工)を行っていただくお客様の多くは、「お着物の風合いが損なわれませんか?」「通気性が変わってしまうのでは?」そんなご質問をいただきます。

こちらのコーナーでは、そのような「疑問や不安」をできる限り解消していただきたく、弊店の経験談などを交え、パールトーン加工についてご紹介させていただきます。


弊店の経験(お客様の声)では「パールトーン加工をしても大丈夫」です!
お着物にガード加工(パールトーン加工)を行うとなれば、「風合いや通気性が損なわれてしまわないか?」そんな心配をされるお客様も多いことでしょう。

事実、弊店で初めてパールトーン加工を行っていただくお客様からのご質問で多い内容となるのは以下の3点となっています。

@通気性が変わってしまいませんか?
A風合いが変わってしまいませんか?
B色落ちや変色はしませんか?

さて、この3点について解説をさせていただく前に・・・
弊店の経験談を交えた「ガード加工をしても大丈夫?」についてご紹介をさせていただきましょう。

弊店では多くのお客様にパールトーン加工を施行していただいておりますが、これら3点を気にされていたお客様にパールトーン加工後、通気性や風合いの変化についてご質問をさせていただくと「ほとんど変わらない」もしくは「まったく変わらない」と仰っていただけることがほとんどです。

このようにパールトーン加工を経験されている「お客様の声」を総合的に判断してみたとき、「着用に差し支えるような風合いや通気性の違いはない」とお答えできるレベルにあると考えております。


@通気性が変わってしまいませんか?
ガード加工と聞いて不安になるのが通気性の問題です。

パールトーン加工は、繊維1本1本の深部まで薬品を浸透させる特殊浸透加工という加工方法を行っています。

そのため、生地の表面に膜を張る防水加工(水を通さない)とは異なり、繊維1本1本に対してガード加工を行っているため、通気性を維持しながら「水や汚れ」からお着物をガードできるという特徴があります。
水が下に抜けています!
右上の写真をご覧下さい。
パールトーン加工を行った生地(風呂敷など)の四つ角を持ち、その中に水を入れて強く降り下ろすと生地(繊維)の隙間から水が下に抜けていきます。このように撥水(水を弾く)ガードを行いながら、さらには通気性も維持していますので、密閉感や蒸し暑さを感じることなくお着物をご着用いただけます。


A風合いが変わってしませんか?
次にお着物(商品)の風合いの変化に関してですが・・・

こちらは結論から申しますと「パールトーン加工済み商品」と「未加工の商品」を見分けることは「ほぼ不可能です」となります。

日々、多くの着物に触れている私たち専門家であっても「生地を見たり、触れたり」するだけでは、加工済み品と未加工品の区別がつきません。
パールトーン加工済みの証紙
既述しましたが、加工前に風合いについて心配をされているお客様へパールトーン加工後に「風合いの違いが解かりますか?」とのご質問をさせていただいても「ほとんど変わらない」もしくは「まったく変わらない」と言われることがほとんどです。

弊店でパールトーン加工を行われたお客様のご意見を参考に、総合的に判断してみても「着用に差し支えるような風合いの違いはない」といって良いレベルだと考えております。

そのため、弊店にて「加工済みのお着物(商品)」をアフターケアなどのお手入れでお預かりする際には、見たり触れたりするだけでは「パールトーン加工済み商品である」との判断ができないため、パールトーン加工済み商品に必ず貼付されている、パールトーン加工済み証紙を見て「加工済みの商品である」と判断しております。


B色落ちや変色は大丈夫?
「色落ちや変色」についてもご紹介しましょう。

(株)パールトーンでは、お客様からお預かりしたすべての商品を「前検品」にて加工基準に達しているかの検査を行います。この前検品は非常に厳しい検査でお着物の細部までの徹底して検品を行っています。

この前検品で万一、問題がある場合には事前にお客様にお知らせをしておりますので安心して加工をご依頼ください。

検品の結果、次の3つに仕分けされます。
※以下、パールトーン紹介パンフレットより引用しています。
そのまま加工にまわされるもの
前検品で異常が見つからなかったもの、加工適合品であると判断されたものは、そのままパールトーンへまわされます。

オプション加工にまわされるもの
前検品できものの色落ちが激しいなどパールトーンに適していないことがわかった場合はお客さまにその旨を連絡、お客さまからのご要望によって、加工前に湯のしや洗い張り、紋入れ、しみ抜き、箔を乗せるなどさまざまなオプション加工を施し、パールトーン加工へまわされます。

返却されるもの
一部の油性の染料を使ったきものや油性のノリで箔などを付けたきものの油性の部分が溶け出す場合、色落ちや変色、色ムラなどが出てしまうケースは加工不適合商品となります。また、一部の商品では加工の効果を長く保つことができないケースもあります。これらは、いずれもご返却となります。


検品、加工、また検品 厳重なプロセスが信頼を高めます
水をかけて撥水度の検査します!
加工が済んだ商品は生地の風合いを損なわないよう、常温で最低24時間自然乾燥せた後、1点1点の効果を確かめるため後検品のプロセスにまわされています。

商品によっては絹100%でも生地に含まれている不純物によって、加工の効力が活かしきれないケースもあるため、直接、水をかけて撥水度をチェックします。

効力基準に達しなかった場合は、再度加工し乾燥させた後、撥水度をもう一度検証します。

これを3回繰り返しても効果が現れない場合には加工不適合品として無料でお返ししますが、通常、入荷した商品の9割はなんら問題なく初回の検査でパス、残り1割もほとんど2回の加工で効力が発揮されています。
検品、加工、また検品という慎重なプロセスが、パールトーン加工の信頼をさらに高めています。

順番に見たいお客様は下のリンクより次ページをクリックしてださい。

(パールトン加工とは?) back page next page (アフターケアについて)

元のページへ戻る