総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!



総合トップページパールトーン加工大特集>パールトーン加工とは?



パールトーン加工のキーワード 「すべてのきものを安心きものに」
パールトーン加工は、繊維の1本1本の深部まで薬品を浸透させる特殊浸透加工で高い撥水効果を発揮しています。

急に雨が降ってきたり、お食事中に飲み物や水などをこぼしてしまった時など、水に関するものはすべて水玉になり転がり落ちていきます。

この他、雨の日の泥はね、お食事中の食べこぼし、ファンデーション(化粧品)による衿汚れ等など、パールトーンの撥水効果により、さまざまな汚れからお着物を保護します。

もちろん、ほとんどの方はお着物を汚さないように気をつけてご着用になられていると思います。しかし、予期せぬところでお着物を汚してしまうことも少なくはありません。
水類は撥水加工で水玉になります!
また、皆様がお手持ちのお着物の多くは正絹素材のものが中心になると思います。
「絹は水に弱い」ということはご承知のところですが、もしも、縮緬素材のものが水に濡れれば「縮みが発生」しますし、絞り素材のものであれば「伸びてしまう」ということになります。このようなケースを考えるだけでも、パールトーン加工の有効性は非常に高いものといえるでしょう。

パールトーン加工の撥水効果
パールトーン加工済み
水は撥水効果で水玉になる
パールトーン未加工
水を含んで縮みが発生

上の写真をご覧ください。
左側のパールトーン加工済みのハギレは、パールトーン加工の撥水効果により、水を弾き水玉になっています。しかし、右側の未加工品のハギレは水を含んで縮みが発生しています。

もし、これが「お醤油をこぼしてしまった」と想定すると、左側の加工済み品は、きれいなタオルなどで押さえて拭きとってあげるだけで元通りの状態となりますが、右側の未加工品はお醤油のシミができてしまい「大惨事」となってしまうでしょう。

お醤油の汚れをつけた時の違いは・・・
未加工品は浸み込んでしまいますが・・・
加工済み品は撥水効果で弾いています
タオルで軽く拭いてあげればきれいに!

弊店でも「安心してきものが着れました」「安心して食事ができました」など、「安心して・・・」というお言葉を多くのお客様から頂戴します。皆様もパールトーン加工で「安心きもの」してみませんか。


和服なら着物・襦袢・帯・コート 洋服なら毛皮・スーツ・ネクタイにも加工が可能
パールトーン加工をご存知の方の多くは、パールトーン加工といえば「和服に加工をする」というイメージが強いと思います。

もちろん、和服であれば着物・帯・襦袢・コート類。すべての商品にお薦めですが、実は洋服にも加工を行っています。
特に洋装用コートは突然の雨などの時は非常に助かります。

パールトーン加工は天然素材すべてに加工が可能です。
また、近年では化繊素材などにも加工が可能になっています。

ちょっと変わったところだと「段通の絨毯」などにもパールトーンハイグレードという加工を行っています。


防水加工と撥水加工の違い パールトーンは撥水加工!
お着物に使われているガード加工を大別すると「防水加工」と「撥水加工」に分かれます。
両者は同じように水を弾くガード加工ですが、まるで違う側面を持っています。

防水加工とは・・・
生地の表面に皮膜を張るように加工を行うことで水を弾きます。
そのため水が生地を通り抜けるということが少ないため「水の浸透を防ぐ」という意味では防水加工の方が優れているといえるでしょう。但し、同時に空気や湿気なども通さなくなってしまうため、お着物の着用時に汗や湿気を外に逃がすことが出来なくなってしまい蒸し暑く感じることもあります。
また、少しゴワゴワした感じが残るため風合いにも難点がでることもあります。

※イメージ図
おすすめ商品 雨コート (傘・雨カッパ)

撥水加工とは・・・ 【パールトーン加工】
繊維1本1本に対し深部まで薬品を浸透させる(特殊浸透加工)ことで水を弾きます。
そのため生地本来の風合いや光沢、通気性を保ちながら水を弾くことができます。但し、強い雨の日などは完全に水をシャットアウトはできません。

※イメージ図
おすすめ商品 お着物全般/帯/襦袢 (毛皮・カシミヤコート・ネクタイなど)

両者の違いを簡単にご説明すると上のようになります。
完全に水の浸透を防ぐ場合には「防水加工」がお勧め、通気性や風合いを保ちながら水の浸透を防ぐ場合には「撥水加工」が良いということになります。


パールトーン加工の効力は半永久的
パールトーン加工について、もっとも多く頂くご質問は「パールトーン加工の効力期間について」です。

(株)パールトーンでは、パールトーン加工の効力期間を以下のように定めています。

当社規定の加工済商品についている「お手入れ方法」に従っていただければ、加工の効力は半永久的です。

そうなんです。
一度パールトーン加工を行ってしまえば、その効果は「半永久的」に持続していきます。

さて、ここで気になるのが・・・
◆規定の加工済商品についているお手入れ方法?
◆お手入れの規定に従わない場合?
これらはどのような意味合いを指しているのでしょう。


◆パールトーン規定の加工済商品についているお手入れ方法とは?

パールトーン加工を行っていただいた商品には、右のような「簡単お手入れ法」という証書がついています。

こちらの「お手入れ法とご注意」という項目にて、パールトーンが規定している「セルフケアのお手入れ方法」や「加工済商品への取扱い注意点」が紹介されています。これに準じ、商品を扱うことでパールトーン加工の効果は半永久的に持続していきます。
お手入れ方法の詳しい内容は「セルフケアも可能です」をご覧下さい。


◆お手入れの規定に従わない場合とは?(一般の加工屋さんへお手入れに出してはダメ!)

上記の「簡単お手入れ法」で紹介されている内容で、パールトーン加工の「効力減退・無効化」がもっとも発生してしまう事例に、一般の加工屋さん(クリーニング屋さん等)へお手入れに出してしまうケースが考えられます。

こちらに関して「簡単お手入れ法」では、このように紹介されています。

●全体に汚れてきたら
当社の丸洗い(有料)をおすすめします。
当社以外で丸洗いされますと、加工の効力が減退しますので、ご注意ください。

このようになっています。
もし、パールトーン加工済みの商品に汚れがあり「丸洗い・洗い張り・しみ抜き」などのお手入れを行いたい場合には、必ず(株)パールトーンにて作業のご依頼をいただくことをお薦めいたします。

また、これらのお手入れ加工を(株)パールトーンにてご依頼をいただいた場合には、仮に「効力減退・無効化」が認められた場合でも、再度パールトーン加工を行ってくれるので安心です。
(この際、新たなパールトーン加工代は必要ありません)

このようにいくつかのポイントを踏まえ加工済商品を扱うことで、半永久的にパールトーン加工の効力を損なうことなく末永くご利用いただくことが可能となります。
補足説明:お染め替えの場合は、新たなパールトーン加工代が必要です。


順番に見たいお客様は下のリンクより次ページをクリックしてださい。

(パールトン加工の魅力!) backt page next page (ガード加工は大丈夫なの?)

元のページへ戻る