総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!



総合トップページ悉皆加工ページ>お着物のお手入れ実例編(お着物の裄丈・袖丈直し)

ご参考にご覧下さい!

譲りのきものがあるのですが・・・裄丈、袖丈が短くて着れません。
何か良い方法はありますか?
横浜市内在住の田中様(仮名)からご依頼いただいた商品です。
下記の商品の「裄丈」と「袖丈」のお直しをさせて頂きました。
弊店にてご依頼いただいた実例をご紹介させて頂きます。


加工前のご依頼品写真

主なご依頼内容

@ 裄丈を1尺6寸5分から1尺7寸1分に変更する

A 袖丈を1尺2寸0分から1尺3寸0分に変更する

それでは、こちらの商品の実例編をご紹介させて頂きます!

このケースのリフォームを行う前に・・・
裄丈、袖丈のお直しを行いたいケースでは「どのような理由で寸法を直すのか?」ということをよく考えられてからお直しをされることをお薦めいたします。

例えば「現在の指定寸法に合わせたい」「長襦袢やコートなどの寸法に合わせたい」など、さまざまな理由で寸法直しをされることになると思います。

それでは、どのような点に注意しながら寸法を決めれば良いかをご紹介しておきましょう。
手持ちのお着物(襦袢、コート)の寸法を把握することが大切
皆様は手持ちの「お着物、襦袢、コート」の寸法を把握されていますか?

弊店でもよくある事例ですが、複数の商品をバラバラの寸法で誂えてしまっているため、お客様ご自身も把握しきれていないケースが見受けられます。

出来れば「商品Aと商品Bは寸法が合っている」「BとCはダメ」など、ある程度は寸法を把握しておかれると理想的です。お直しを行う際にも「この寸法の商品が多いから、それに合わせて・・・」などの目安にもなります。
重ねて着るからこそ「裄丈、袖巾、袖丈」の寸法はキッチリ決めたい!
まず、念頭において頂きたいのが、お着物を着用される際には「きもの、襦袢、コート」を重ねてご着用いただくことを考慮して寸法を決めることが大切です。

「きものの寸法直しを行いたい!」と思い寸法直しを行った結果、他の手持ちの長襦袢やコートの寸法と違ってしまい「着用に差し支えてしまう」ということでは、せっかくのお直しも本末転倒となってしまいます。

理想をいえば「きもの、襦袢、コート」は、すべての商品を統一した寸法にされることをおすすめします。しかしながら、お着物を沢山お持ちのお客様は、すべての商品のお直しを行っていただくことは費用も含め難しいこともあるでしょう。そこで以下のような考え方も・・・
思い切って「現在の指定寸法」に直していく方法も・・・
近年では「裄丈の寸法」が以前(昔)に比べて長めに測ることが多くなっています。
特に若い頃(昔)にお誂えになられたお着物は、当時の採寸基準に合わせて寸法を測っているため、現在の感覚では少し短く感じることがあります。

そこで、今後のきもの(商品)は「現在の指定寸法に合わせて直す」という選択肢もあるかと思います。もちろん、既述したように「手持ちのお着物の寸法を基準に・・・」という考え方でも構いませんが、少し寸法が短く感じられているお着物であれば、思い切って新規の寸法にお直しをされる方法もおすすめです。

現在、お手持ちの商品とは寸法が合わなくなってしまうというデメリットもありますが、新しくお誂えになられるお着物とは共有が可能となります。この点を一般的に考えると、古いお着物は必然的に出番が少なくなる傾向があるため、長い目でみれば、現在の寸法にお直しを行う方法を選択した方がメリットが大きいケースもあるでしょう。

では、皆様がお手持ちの対象品の寸法確認方法なども含め
細かい解説を交えながら「裄丈・袖丈直し」をご紹介させていただきます。


@対象品の裄丈、袖丈を測ってみましょう
まずは、お手持ちの対象品の「裄丈・袖丈の寸法」を把握しておきましょう。
「裄丈、袖巾、袖丈」の採寸を行ってください。

田中様からのご依頼品は・・・
裄丈:1尺6寸5分
袖巾:8寸5分
袖丈:1尺2寸0分

上記の鯨尺ですと解りにくいので「cm」にしてみます。
裄丈:約62cm(62.3p)
袖巾:約32cm(32.1p)
袖丈:約45cm(45.3p)
裄丈を採寸します!
袖丈を採寸します!


A指定寸法を決めましょう
上記で既述しました「このケースのリフォームを行う前に・・・」をご参照いただきまして、ご自分の指定寸法をお決めください。また、新規に寸法を決めたいお客様で寸法の測り方、決め方がわからないという方は、下記の項目をご覧ください。
寸法について/寸法を測ってみよう!掲載ページへ
裄丈を決めたい
袖巾決めたい
袖丈を決めたい

田中様からの指定寸法は・・・
鯨 尺 裄丈:1尺7寸1分 袖巾:8寸6分 袖丈:1尺3寸0分
センチ 約64cm(64.6) 約32cm(32.5) 約49cm(49.1)


B「対象品の寸法」と「指定寸法」との差を比べてください
上記で採寸して頂いた「対象品の寸法」と「指定寸法」の誤差を比べてみましょう。
田中様からのご依頼品の寸法誤差は以下のようになっていました。

裄 丈 袖 巾 袖 丈
対象品の寸法
1尺6寸5分
(約62cm)
8寸5分
(約32cm)
1尺2寸0分
(約45cm)
指定寸法
1尺7寸1分
(約64cm)
8寸6分
(約32cm)
1尺3寸0分
(約49cm)
寸法誤差
指定寸法へ
6分出したい
(約2cm)
1分出したい
(約0.4cm)
1寸0分出したい
(約4cm)

これで「対象品」と「指定寸法」の誤差(出したい寸法)が分かりました。
次の項目では「対象品がお直し可能か?」を確認します。


C対象品の縫い込み(袖付・袖下)を確認しましょう
それでは対象品の袖付(裄丈)、袖下(袖丈)に
希望の寸法に直せるだけの縫い込みがあるかを確認してみましょう。

袖下(袖丈)の縫い込みを確認してみましょう!
袖下を解いて縫い込みを確認します。 縫い込みは「1寸7分」ありました。
袖下の縫い込みは1寸7分(6.4cm)ありました。袖丈の寸法誤差は1寸0分(4cm)だったので「お直しは可能」ということになります。(同様に裏地の縫い込みもご確認ください)

袖付(裄丈)の縫い込みを確認してみましょう!
袖付を解いて縫い込みを確認します。 裏地を解いて確認してもOK!
ご依頼品の裄丈の寸法誤差は「6分(2cm)出したい」ということでしたが、問題なく縫い込みがありました。この際「袖巾の縫い込み」「肩巾の縫い込み」双方をご確認ください。

裏地の縫い込みもご確認ください!
袖付、袖下の縫い込みを確認される際、同様に裏地の縫い込みもご確認ください。
万一、裏地の縫い込みがない(足りない)ケースでは、白羽二重の生地を「切り売り」などで新しくご購入されてお直しされても良いでしょう。

裏地の黄ばみが気になるケースでは・・・
古い商品では胴裏(全体)に黄ばみが出ていることも少なくありません。
このケースでは振りから袖裏の黄ばみが見えてしまい気になることがあります。この場合にも、白羽二重の生地を購入して新しい裏地へ交換されても良いでしょう。

身頃の黄ばみは着用時にはあまり気になりませんので、袖裏だけを交換されても、かなり印象が良く見えるでしょう。

裏地のみを解いて確認してもOK!
こちらの紹介ページの写真では、袖付、袖下をすべて解き縫い込みの確認しておりますが、簡単に確認したいケースでは裏地のみを解いて確認されても良いでしょう。

万一、縫い込みがないケースでは、(裏地なのでご自身で)簡単に縫い止めていただくだけでも元の状態に直していただくことができると思います。

「筋汚れ」や「色ヤケ」の検品を行ってください!
上記の裏地のみを解く方法は、全体に解かないため「筋汚れ」や「色ヤケ」を確認できないというデメリットがあります。そのため、裏地を解いて「お直し可能」と判断できるケースでは、全体を解き「筋汚れ」や「色ヤケ」の検品をされることをおすすめいたします。

特に古いお着物(商品)では筋汚れや色ヤケが発生していることが多く見受けられます。
このケースで「きれいにお直しを行いたい」と思えば、しみ抜きや色掛けなどの修復加工を併用して行うことで「よりきれいに仕立直すことが可能」です。

お手持ちの対象品が「お直し可能か」確認して頂けましたでしょうか?
ここからは加工編をご紹介いたします。


D筋消しの加工を行います
対象品が「お直し可能」となれば、次に筋消しの加工を行います。

筋消し前:袖下に筋が残っています。 筋消し後:袖付、袖下の筋が消えています。
上写真のように「筋消し加工」によりきれいに筋を消す作業を行います。
お客様から「筋消しをしないとダメですか?」とのご質問を頂くことがありますが、弊店からは「加工されることをおすすめします」というご回答をさせて頂いております。

仮に、この作業を行わないとするとお仕立直し後に筋が出てしまい(意外と目立ちます)きれいにお直しすることができません。費用は掛かりますが、筋消しをされることをおすすめします。

アイロンでの「筋消し」はあまりおすすめできません!
ここで「アイロンで筋消しをしてみようかな?」と考えられた方もいらっしゃると思います。
しかし、アイロンでの筋消しはあまりおすすめできません。

これは「アイロンの蒸気だけではきれいに筋が消えないことが多い」「縮みやアタリなどが発生してしまいお着物を傷めてしまうことがある」などの理由が挙げられます。

専門の職人さんたちは、生地の種類(特性)、状態を的確に判断して、修復に必要な方法や道具を選んで作業を行っています。やはり、少しでも「きれいにお直しを・・・」と思われれば、私ども専門家にご依頼いただくことをおすすめいたします。

専門の職人さんでも筋跡が残ってしまうケースも・・・
「筋跡がきついケース」や「生地の種類」によっては、専門の職人さんが「筋消し」を行っても筋跡が少々残ったように見えてしまうことがあります。

こちらは「生地折れ」や「アタリ」が発生してしまっている商品で起こることがあります。
「生地折れ」「アタリ」が発生してしまっている場合、完全な修復が困難なことも多く、そのため筋跡が少々残ったように見えてしまうことがあります。あらかじめご了承ください。


E必要に応じて「筋汚れ落とし」「色ヤケ直し」を行ってください
写真は洗い張り品の資料ですが
このような筋汚れができていることも・・・
Cの項目で既述のように「筋汚れ」や「色ヤケ」が発生している商品では、筋汚れ落とし、色ヤケ直しにて修復を行っていただくことが必要なケースがあります。

左の写真のような筋汚れが出来てしまっていることで、寸法を出すお直しをされた際、この汚れが見えてしまいます。このケースでは「しみ抜き」や「色掛け」などの修復作業を行ってからお仕立直しされることをおすすめいたします。

筋汚れについて
年数の経過したお着物でよく見受けられるケースです。
このケースでは「しみ抜き」などの修復方法でお直しを行います。

色ヤケについて
色ヤケが発生している商品では、袖付・袖下を解いた時に、縫い込まれている箇所と表に出ている箇所で地色に段差ができていることがあります。このケースでは「色掛け」などの修復方法でお直しを行います。
いずれのケースも必ずという加工ではありません。必要に応じて、これら修復作業を行います。


Fお仕立直しを行います
ここまでの加工が終わりましたら、お仕立直しを行います。

袖丈が1尺3寸0分になりました。 お直しが完了しました。

元のページへ戻る