総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!



総合トップページ悉皆加工ページ>お着物のお手入れ実例編(お着物の身丈直し/洗い張りとお仕立直し)

ご参考にご覧下さい!

譲りのきものがあるのですが・・・身丈が短くて着れません。
何か良い方法はありますか?
横浜市内在住の佐藤様(仮名)からご依頼いただいた商品です。
「祖母からの譲りのきものがあるのですが寸法が短くて・・・」とのご相談を頂きました。
弊店にて寸法直しをさせて頂いた実例をご紹介させて頂きます。


加 工 前 の ご 依 頼 品 写 真

主なご依頼内容

@ 身丈を3尺9寸8分から4尺3寸0分に変更する

A 裄丈を1尺7寸0分から1尺8寸0分に変更する

B 袖丈を1尺2寸5分から1尺3寸0分に変更する

C 八掛・胴裏を新品に交換する

参考情報
◆年数は経過しているが、特に目立った汚れはなし

◆裄丈・袖丈・身巾は縫い込みあり、指定寸法にお直しが可能

◆身丈は縫い込みがなく、胴ハギをしてお直しをする

◆胴ハギの生地は正絹八掛を代用してお直しを行う

◆修復方法は「洗い張り→仕立直し」にて行う

下記のご寸法にお直しをします。
鯨尺 お預かり商品 佐藤様からの指定寸法
身丈 背から3尺9寸8分 背から4尺3寸0分
裄丈 1尺7寸0分 1尺8寸0分
袖丈 1尺2寸5分 1尺3寸0分
袖口 6寸0分 6寸0分
袖付 6寸0分 6寸0分
袖巾 8寸3分 9寸2分
前巾 6寸2分 6寸5分
後巾 7寸8分 8寸0分
繰越 5分 7分
褄下 2尺0寸8分 2尺1寸5分

それでは解説を交えながら実例編のご紹介をさせて頂きます!

このケースのリフォームを行う際に・・・
このケースのように全体の寸法を直したい、裏地の交換を行いたい時には、通常、「洗い張り」(お着物を解いて洗い)→「仕立直し」にてリフォームを行う方法が最良となります。

この際、現状の寸法より各箇所の寸法を出さなくてはならないため、各箇所の縫い込みが十分にあるか確認をする必要があります。
佐藤様のご依頼品の問題点をピックアップ
上記の「参考情報」で記載の通り・・・
裄丈、袖丈、身巾などの個所は問題なく縫い込みがあり修復可能でした。
ここで問題があったのが・・・
身丈の縫い込みが足りないことでした。
通常では、身丈直し(出したい)のケースでは、お着物の胸の下あたりと背中側に縫い込みが余分にとってあれば、その分をお仕立直しにて出すことが出来ます。(※注1)しかし、佐藤様からのご依頼品は、まったく縫い込みがないケースでした。

そのため、身丈を出すためには「胴ハギ」(帯に隠れる部分で別布を剥いで直す方法)でのお仕立直しが必要となりました。
※注1:衿先や剣先の縫い込みも必要です。
身丈寸法の確認方法
お手持ちのきものは、ご自分の寸法に合っていますか?
それでは皆様が手持ちのお着物(お直し対象品)の寸法と
ご自身の寸法(指定寸法)の誤差を確認する方法をご紹介してみましょう。
まず、お着物(お直し対象品)の身丈寸法(左図参考)を測ってください。

お着物の寸法(?cm)=ご自身の身長(?cm

通常、お着物の身丈は「身長(自分の身長)と同寸」となります。例えば身長163cmの方であれば、お着物の身丈も163cm程度でお誂えになるのが一般的です。

そこで「お着物(お直し対象品)」と「ご自分の身長」との差を比べてみてください。
※お着物の身丈の採寸方法は「背から」「肩から」のふたつがあります。こちらは「背から」で採寸しております。
皆様もご承知の通り、お着物は「おはしょり」といって、帯下の部分を折り上げて身丈を調整することで着付けを行います。これにより多少の寸法誤差があっても、ほぼ問題なく着用することができるようになっています。

しかし、身丈寸法の誤差が大きい場合には「おはしょり」でも調整できないことになります。
そこで寸法誤差の目安をご紹介しておきましょしょう。
寸法誤差のおよその目安
対象商品が短いケース 対象商品が長いケース
ご自分の身長
(例:155cmの場合)
身長−6cm程度まで
(きもの丈:149cm位まで)
身長+8cm程度まで
(きもの丈:163cm位まで)
(例:163cmの場合) (きもの丈:157cm位まで) (きもの丈:171cm位まで)
あくまで目安(好みによる)となりますが、着付けの際の腰紐の位置調整により、ご自身の身長より「−6cmから+8cm」程度までは、ほぼ問題なく着用可能といえるでしょう。

もちろん、これを超える寸法誤差でも「着用はできる」と思いますが、着付けの際のおはしょりでの調整(着付方法)だけでは、着用もしづらくなり、きれいにご着用いただくことが難しくなると思います。そこで、上記の誤差を目安にお仕立直しを行い、寸法直しをされることをおすすめいたします。

ご自分の指定寸法にできる限り近い方が、着やすく、きれいにご着用頂けることでしょう。
※上記の寸法誤差はあくまで目安としてご覧ください。お好みによりこの限りではありません。
それでは上記を踏まえ、あらためて佐藤様からの
ご依頼品の「現状の寸法」と「指定寸法」を比べてみましょう。
鯨尺 現状の寸法 佐藤様からの指定寸法
身丈 3尺9寸8分 4尺3寸0分
鯨尺ですと解りにくいので「cm」に変えてみます。
cm 現状の寸法 佐藤様からの指定寸法
身丈 150cm 163cm
現状の寸法(150cm)−指定寸法(163cm)=「−13cm」短いとなります。
このように身丈寸法の誤差が「−13cm」となるため、お仕立直しを行わない限り、このお着物を「現状のまま着用することが難しい」ということになります。

また、佐藤様からのご依頼品では、身丈を出せるだけの余分な縫い込みもなく、同生地の余り布(残布)をお持ちではありませんでした。そこで佐藤様とのご相談の結果、別布を使用して胴ハギを入れてお仕立直しをさせていただくことになりました。
※裄丈、袖丈の確認方法は実例:裄丈、袖丈直し編」をご覧ください。


身丈の縫い込みについて
古いお着物(昔のきもの)の場合、身丈の縫い込みがないお着物が多く見受けられます。昔は縫い込みを取らずに敢えて余り布を出し、その生地で草履や巾着などを作られていた方が多かったようです。

また、近年では逆に余り布(残布)を出さずに縫い込みを入れておく方が主流となっています。
近年では若い世代の方の身長が高くなっていることも含め、あらかじめ縫い込みを入れておくことで「お母様からお嬢様への譲り」などの際には、剥ぎを入れずに、きれいにお仕立直しが可能です。


佐藤様からのご依頼品では
新品の裏地(胴裏・八掛)、胴剥ぎ用の生地をご用意させて頂きました!
胴裏(新品)
八掛(新品)
胴ハギ生地
佐藤様からのご依頼により「胴裏」「八掛」の裏地を新品に交換しました。

また、胴剥ぎに使用する生地は、本来は対象品の余り布(残布)を使用してお仕立直しを行うことが最良となりますが、このケースのように余り布がないことも少なくありません。

このようなケースでは「他のお着物の余り布を使う」「八掛生地を代用する」「お着物の掛け衿の部分を使う(対象品の種類や柄付けにより)」などの方法が考えられますが、馴染みの良いしっかりした生地を選ぶことが重要となり、着やすくなるポイントのひとつでもあります。

佐藤様からのご依頼では「八掛生地を代用する」にてお仕立直しをさせて頂きました。

寸法の確認、修復に必要な付属品も揃い加工可能な状態となりました。
ここからは加工方法(修復)についての解説をさせて頂きます。

お仕立直しに必要な加工について
佐藤様からのご依頼品の主な加工内容は
洗い張り→仕立直し でしたが・・・

今回のご依頼品(寸法直し)に限らず、お着物の再生を行いたいケースでは、いくつかの必要な修復方法が考えられます。

そこでお着物の再生(お仕立直し)を行う際に必要となる加工についてご紹介してみましょう。

◆洗い張り (お着物を解いて洗いを行います)
洗い張りは、お仕立直しを行う際のもっともスタンダードいえるお手入れ方法です。
一度完全にお着物をバラバラに解き、これを元の反物の状態に縫い戻します。(この工程を解きハヌイと言います)その後、油性系溶剤で洗いを行なった後に水洗いを行います。

これにより「きものを解く→反物状に戻す→洗う」という一連の作業を行うことができます。
古いお着物や着用経験があるお着物などで、汚れがあるケースでは、洗い張りを行った後お仕立直しをされると良いでしょう。

◆解き筋消し (お着物を解いて筋を消します)
上記の洗い張りが「解き〜洗い」までの作業を行うのに対し、解き筋消しは「きものを解く→反物状に戻す→筋を消す」という作業内容になります。お着物を解いた際に出来ている折れ筋跡を消すために、この作業によって「筋消し」を行います。

ここで「なぜ、洗い張りではなく解き筋消しを?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
これは「汚れがない未着用品」や「年数の経過で生地が弱っている」というお着物のケースで有効なお手入れ方法となるためです。(汚れていないお着物を洗う必要はありません)

◆年数の経過で生地が弱っているケース(ご参考までに)
解き筋消しは「古いお着物の再生」で稀におすすめすることのある加工方法です。
洗い張りは「水洗い」という作業が含まれます。そのため、年数の経過で生地が劣化しているお着物のケースでは、水洗いの工程で生地の劣化を進行させてしまったり、最悪は耐えられずに裂けてしまうことがあります。この場合、解き筋消し後、丸洗い(揮発油洗い)やしみ抜きを併用してお手入れを行うことで生地に掛かる負担を軽減することができます。

◆しみ抜き/色掛け/金彩加工/家紋直し/柄足しなど
お着物の再生を行う際、「洗い張り」だけでは落ちきれないシミや汚れがあります。

「黄変、変色、色ヤケ、スレ、紋泣き、筋汚れ、きついシミ」などが考えられますが、これらの汚れを洗い張り後、各種悉皆作業を併用して行うことで、さらに綺麗にお手入れをして頂くことができます。必要に応じて各種加工を行ってください。
※悉皆…洗い張り・しみ抜きなどの総称の意

佐藤様からのご依頼品では、特に目立った「シミ」「汚れ」などがなかった為、
「洗い張り」の作業のみでお仕立直しをさせて頂くことができました。

こちらが依頼品の出来上がりです
胴剥ぎの赤の色が表地と違うので、気になられた方もいらっしゃるでしょう。

これには理由があります。通常は出来上がりを綺麗に見せるため、お着物にほぼ近い同色の八掛を選んで頂くのですが、今回のケースでは費用を抑えるために「在庫処分品の八掛」をご利用頂きました。そのため、お着物の地色と若干色目が異なっています。書き添えさせて頂きます。


このケースは一例に過ぎません。
特に年代を重ねているお着物では、もっと難解なケースもございます。
そこで皆様がお直しをされる際のポイントを簡単にまとめてみました。

@表地の状態をみる
まずは対象品の「表地の状態」を確認していただくことが必要です。
古いお着物のケースでは「洗い張りに耐えられる生地なのか?」 また、黄変、変色、箔取れ、穴あき、カビ汚れなどが発生しているお着物では「修復が可能な汚れなのか?」と様々なチェックを行います。

しかしながら、お客様ご自身で「お着物の状態を判断する」ということも難しい部分もあるでしょう。そこで「ちょっと直すのが難しいかな〜」と判断されるようなケースであっても、必ず私ども「専門家の意見」を聞いた後、ご判断されることをおすすめいたします。

お着物のお手入れは「きものを洗う」という作業だけではなく、「しみ抜き・色掛け・金彩加工・家紋直し・かけつぎ」など、様々な技術(修復方法)にてお手入れを行うことが可能です。

まずは諦めずに私ども専門家にご相談を・・・

A寸法を出せるだけの縫い込みはあるか?
こちらも大事なポイントとなります。
特に「身丈、袖丈」を出したいケースではチェックが必要でしょう。
こちらは対象品に「縫い込みが入っている、いない?」ということで「お直しが可能、不可」との判断ができますが、上記の実例編でもご紹介のように、身丈直しでは胴剥ぎによるお直しも可能です。

また、裄丈や身巾を出したいケースでは、反物の巾(縫い込み)を確認することで判断をすることができます。よくある事例で「古いお着物」のケースでは、元々の反物巾が狭いことがあるため、現在の希望の裄丈寸法まで出せないことがあります。逆にいえば、近年にお誂えになられたお着物を直したいケースであれば、ほぼ問題なくお直しすることが可能でしょう。

こちらも少し専門的な知識を要するため、私ども専門家にご相談を頂ければよろしいかと思います。

B色、柄、派手、地味・・・
とても現実的なお話となりますが・・・
お直し品が「対象者に似合うか?」これも大事です。
色、柄、派手、地味・・・など、ご着用になられるご本人様とよくお着物を見てからお直しを行って頂くことが賢明です。新しいお着物をお買い求め頂くことに比べれば、お仕立直しは比較的廉価で可能ですが、「お仕立直しはしたけど、1度も袖を通さない」ということも少なくはありません。

C想い出のお着物
こちらは理想的といえるお話です。
弊店のご依頼品でも多い事例ですが、譲りのお着物の中には「特別な想い出がある」というお着物があります。このケースではお客様から「少々の予算を掛けても良いからきれいにお手入れを・・・」とご依頼をいただくことがあります。

上記Bのように現実的な考え方もありますが「おばあちゃんが若い頃に着ていた想い出のきもの」「お母様が成人式に着た振袖をお嬢様に譲る」など、特別な想い出のあるお着物だけに「譲る方」も「譲られた方」も、新しくお買い求めになられるお着物とは違う喜びがあるのではないでしょうか。

弊店にて「お母様からお嬢様への譲りの振袖」をご依頼いただい際に・・・
「祖父、祖母が喜んでくれました」とのお話を頂戴したことがあります。当時、「娘(お母様)に誂えた振袖を孫(お嬢様)の代まで着てくれて…」と、とても喜んで頂けたそうです。弊店もうれしいお話です。

D新調した方が良いケース
どんなお着物でも新調せずに「お仕立直しをする方がお得?」と問われれば、答えは「NO」です。

こちらは対象品により答えが異なり、ひとくちで説明できる内容ではないのですが・・・
金銭面的なことを敢えて言えば、「表地の状態」(汚れの有無など)により、付帯加工を伴うことで費用が掛かり過ぎてしまい、新調されたケースとの差額がでないことがあります。

このような感覚で一般的に考えれば「留袖、訪問着、付け下げ、振袖など」は元々が高価なため「お仕立直しの方が良い」という答えになり、「色無地、小紋、紬、長襦袢など」では対象品の品質(元々の金額)にもよりますが、金銭面的には差額が出づらい商品であるといえるでしょう。

しかしながら、上記の「C想い出のお着物」のケースなど、金銭面だけを持って、すべてを推し量ることもできないと思います。お着物をお仕立直しされる際には、私ども専門家の意見も取り入れながら「お仕立直しの方が良い」「新調する方が良い」と判断されることをおすすめいたします。

また、弊店では安易に「新調した方が良いですよ」と言わないように心掛けています。
お仕立直しをご依頼いただくお客様の多くは「なんとかして、このきものを着用したい」という気持ちでご用命を頂きます。その気持ちを察すれば「新調した方が良いですよ」とは簡単にはいえません。

元のページへ戻る