総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!



総合トップページ悉皆加工ページ>お着物のお手入れ実例編(職人さんの作業風景/しみ抜き+色挿し直し)

弊店職人の作業風景!

黄変や変色の汚れ
お着物のお手入れ品の中で比較的多い事例でもある黄変や変色の汚れを修復することも可能です。

このタイプの汚れは丸洗い、洗い張り、簡単なしみ抜きで落ちきれる汚れではなく、部分的な「しみ抜き+色挿し」の作業で修復します。

主に時間の経過による変色、衿・袖口汚れの沈着化、収納時の湿気によるカビ汚れなどで必要となることが多い修復方法です。

「しみ抜き+色挿し」のお直し
通常のしみ抜きで落ちきれない頑固な汚れには状態に応じて「強めのしみ抜き剤」を使用します。

この際「強めのしみ抜き剤」を使用するため、黄変と同時に地色も抜けてしまいます。そこで色挿しの作業を行い元の地色の状態に復元を行います。それだけ黄変や変色の汚れは「頑固な汚れ」といえるのです。

こちらが「しみ抜き+色挿し」の加工法です!
(画像をクリックすると拡大写真がご覧になれます)

こちらはかなりの年数にわたり全体に黄変が発生してしまった訪問着です。の中の黄変をきれいに直していきます。
まずは、変色している部分に薬剤をつけていきますが、このときの重要なポイントは、どんなシミ汚れなのかを知ることなんです。

油性・水性、タンパク系の汚れなど、さまざまな汚れに対して使用する薬剤を選んで使い分けます。また、生地を傷めない薬剤を選ぶことも重要なポイントです。
適正な強めの薬剤を使用することにより黄変を抜いていきます。同時に地色も白く抜けてしまいますが、それだけ黄変の汚れは「きつい汚れ」といえます。そのため「簡単なしみ抜き」では落ちない汚れとなります。
さあ、ここが「職人技」の見せどころです。

白く抜けてしまった地色を「色挿し加工」により元の状態に復元していきます。
非常に高度な技術を要する加工法です。
どうでしょうか?
黄変が綺麗に抜けて元の状態に復元しています。お着物全体に黄変が発生している場合、この作業を繰り返し丁寧に行っていくことで綺麗に修復することが可能です。

この方法は、しみ抜き加工でよく使われている修復方法です。

ファンデーションで衿が汚れたまま箪笥に収納・・・
そんな経験ありませんか?

衿もとにファンデーションの汚れがついてしまい、そのままの状態で長い年月が経つにことにより汚れが定着してしまうことがあります。
また、意外かもしれませんが、ご着用の状態によっては1回のご着用でも汚れが定着してしまい、簡単なしみ抜きでは落ちきれない汚れとなる場合があります。

長い年月の保管で落ちきれない汚れになってしまうことはご理解いただけると思いますが、「1回の着用で?」と疑問に思われるのではないでしょうか?

なぜ、このような状態になってしまうのでしょうか?

これはファンデーションに顔料(肌色をきれいに見せる色)が含まれており、この顔料の成分がお着物に定着してしまうことが主な理由となります。

もう少し詳しく解説してみましょう!
お着物の衿元は「ファンデーション」「汗」「体温」に晒されている状態になります。
「ファンデーション汚れ」と「汗による水気」更に「体温による熱」が加わることにより「簡易版の染めの状態」が出来上がり、1回の着用でも衿元にファンデーションの汚れが定着してしまうのです。

この状態になってから通常の「しみ抜き」を行ったとしても表面の汚れはある程度まで落ちますが、定着してしまった汚れは薄く残ってしまいます。
そのため、綺麗に修復しようと思えば「しみ抜き+色挿し」の加工を行う必要が出てきてしまうのです。


時間の経過した汚れにも注意が必要です!

これ以外の汚れの場合でも「時間の経過した汚れ」は、この作業を必要とすることが多くあります。先にもご紹介したように、この作業は高度な技術を要する修復方法です。そのため費用もそれなりに掛かってしまいます。

そこで、なるべく余計な費用を使わないためにも・・・
「お着物のお手入れは早く行った方が良いですよ」と言われる理由は、
このようなことからも言えることなのです。

元のページへ戻る