総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>(九寸)名古屋帯について

帯 の 種 類 と 装 い

名古屋帯について

セミフォーマルからカジュアルまで幅広いお着物に利用できる名古屋帯。帯結びは一重太鼓にして着用します。

主に付け下げ、色無地、小紋、紬に使われますが、織りの名古屋帯、染めの名古屋帯などの生地の種類。柄行によってセミフォーマル向き、カジュアル向きとコーディネートも異なります。

また、留袖や訪問着に名古屋帯を組み合わせることは少なく、この場合には二重太鼓となる袋帯を組み合わせるのが一般的といえるでしょう。

帯の種類を「フォーマル→カジュアル」という順に、分かりやすく並べてみると「袋帯→名古屋帯→袋名古屋帯(八寸帯)→半巾帯」というのが基本的な考え方です。(柄行にもよりますが・・・)

フォーマルとなる豪華な袋帯とカジュアルとなる八寸帯の中間的な存在といえるのが名古屋帯です。
西陣 高島織物 名古屋帯

名古屋帯(未仕立)
お太鼓裏の返し生地
名古屋帯の特徴
お仕立上がりの状態での名古屋帯の長さ・巾は、長さが約9尺2寸〜5寸(約3m60cm)、巾は約8寸(約30cm)となります。

通常、店頭で販売されている名古屋帯(未仕立品)は、反物のように巻かれた状態になっています。

上記でご紹介したお仕立上がりの寸法とは異なり、これが未仕立の状態ですと、長さが約1丈2尺2寸(約4m63cm)、巾が約9寸(約34cm)となります。(九寸名古屋帯の「九寸」という名称の理由でもあります)

もちろん、このままでは着用できませんので帯芯を入れてお仕立をします。お太鼓部分は裏地となるたれ先の返し生地を約1m程度折り返し、両脇を5分(約2cm)縫込み仕立てます。これにより上記でご紹介した長さ・巾になるのです。

また、袋名古屋(八寸帯)との違いとして、お仕立前は巾が九寸ですが、お仕立後は八寸になるのも名古屋帯の特徴です。

名古屋帯のお仕立
名古屋帯のお太鼓部分のお仕立は上記でご紹介した通りですが、て先から前帯(胴に巻く部分)は幾つかのお仕立の方法があります。

名古屋仕立て
名古屋の裁縫学校の創設者である塚原春子女子が考案したことから名古屋仕立てとの名称がついたお仕立方法です。現在、名古屋帯ではごく一般的なお仕立で、胴に巻く部分をすべて半分(4寸)に折り、半巾の状態で全体に帯芯を入れて仕立てます。

この他、て先だけを縫い合わせ、胴に巻く部分は着付の際、半分に折りながら着用できる「松葉仕立て」。帯芯を敷き額縁のように帯芯を包み込んで仕立てることで自由に帯巾を調整できる「額縁仕立て」があります。

名古屋仕立て(九寸名古屋帯)

名古屋帯のコーディネート
先述したように名古屋帯は、付け下げ、色無地、小紋、紬にと幅広くご着用いただくことができますが、名古屋帯だからといってこれらすべてのお着物に使えるというものではありません。
お着物の種類や柄行に合わせて名古屋帯を選ぶ必要があります。

@長谷川織物 九寸名古屋帯
A塩瀬名古屋帯(駒塩瀬)
B東京染 紬地染め名古屋帯

まず、名古屋帯は大きく「織り名古屋帯」と「染め名古屋帯」に分かれます。

織り名古屋帯(画像@)
袋帯に近い感覚でもある織り名古屋帯は、一重太鼓で結べる気軽で締めやすい帯といえます。主に付け下げ、色無地、小紋に多く使われていますが、柄行きによっては紬などのカジュアル着に向くタイプもあります。袋帯では「豪華で重厚すぎる」という場面でのお着物に組み合わせることができるとても重宝な帯といえます。

染め名古屋帯(画像AB)
塩瀬、縮緬、紬地に手描きや型染めで色柄が染められた名古屋帯です。上品な季節感のある柄がモチーフになったり、お洒落なモダンな柄行があったりと、カジュアル着となる小紋、紬に向くのが染め名古屋帯です。特に紬との組み合わせはおすすめです。織りで柄を表現している紬に対し、染で柄を表現している染め名古屋帯をコーディネートすることで、ふたつの異なる素材が融合し洗練されたお洒落感を引き立ててくれます。

「織り」「染め」を問わず、名古屋帯の柄行や格調に準じ、個々のお着物に組み合わせることも重要です。格調の高い柄行のものであれば付け下げ、色無地、小紋(改まった柄行)に向くことになりますし、お洒落感の強い柄行であれば小紋(カジュアルな柄行)、紬にコーディネートされると良いでしょう。

近年では「洒落袋帯」と言われる小紋、紬などにも組み合わせられる袋帯も数多く販売されていますが、名古屋帯ならではの着こなしも存在します。すべての場面が改まった場所でありませんので、付け下げや色無地に必ず袋帯を組み合わせてしまうのではなく、TPOによっては織りの名古屋帯を着用してこそ「仰々しくなり過ぎない」という中間的なコーディネートが可能になります。名古屋帯を上手に着用されて洗練されたお洒落を楽しめたら最高ではないでしょうか。



弊店オンラインショップにて名古屋帯の販売を行っております!
皆様からのご注文を心よりお待ち申し上げます。




元のページへ戻る