横浜市瀬谷区の呉服専門店 きものと帯の山善小林

虫干しについて

 

おきものは大切な財産のひとつ 日頃のお手入れがとても重要です!

 

虫干しの主な目的は?

 

虫干しについて

@風を通して湿気を払いカビなどを防ぎます。

 

A害虫を取り除きます。

 

Bお着物の点検を行ないます。


 

現代家屋は密室度が高く湿気がこもり易いので

1年に1度は必ず虫干しを行ってください。

 

お着物の点検中に異常を見つけたら・・・

 

万一、点検中におきものが痛んでいたり、異常がみられる場合には早めに適切な処理を行ってください。

 

着用した時には、なんとなく気忙しくて気がつかない汚れでも、後日あらためてお着物をじっくり見てみると、意外に汚れていることに気がつくことも多いでしょう。

 

特に「カビ汚れ」は、そのまま放置すると他のおきものにも感染し悪影響を及ぼします。また、食べこぼし、汗じみなども、時間が経つことで汚れが落ちにくくなります。

 

そのため、お直しの加工賃が高くなってしまうばかりか、最悪のケースではお直しが困難になる場合もあります。お着物の点検中に気がついたことがあれば、出来るだけ早く対応することが重要です。

虫干しについて


 

虫干しの時期は? 理想は年3回!

 

7月下旬〜8月下旬 【土用干し】

「湿りやすい季節の後」入道雲が湧き出したら梅雨期に含んだ湿気を払ってください。

 

特に湿気の多い季節なので、虫干しを行なう日をよく選ぶことも大切です。
雨の日(特に台風)が続いた直後は、たとえ虫干しをおこなう日が晴れていても、空気中には地上からの水蒸気が多く含まれています。そのため、逆効果なんてこともありますのでご注意を・・・。

 

10月下旬〜11月下旬 【虫干し】

「さあ、これからおきものを着ようという時期」コオロギが”つづれ刺せ、つづれ刺せ”(繕いものをせよ)と鳴きだしたら衣替えの季節になります。冬物の点検をして綻びがあったらお直しを・・・。

 

乾燥した晴天がつづくことが多く、気候も暑くもなく、寒くもなく程好い季節です。虫干しも行いやすい時期といえるでしょう。

 

1月下旬〜2月下旬 【寒干し】

「1年中でもっとも湿度の低い」寒の頃、板戸も乾いて隙間が出来るこの季節。おきものに風を通すには最適でしょう。

 

虫干しの時間帯は?

 

晴天が2日以上続いたAM10:00〜PM3:00の間

雨が降った翌日などは虫干しには向きません。
最低でも2〜3日程度は、晴れが続いた後が理想的です。また、何日もお着物を干したまま(長時間の虫干し)にすると「埃汚れ・色ヤケ」などで、かえってお着物を傷める原因にもなりますのでご注意ください。

 

西日にはご注意を・・・
日光による色ヤケにも注意が必要です。お着物は非常に繊細で、日光(紫外線)に長時間あたると必ずといって良いほど「色ヤケ」が発生します。日中は部屋の奥まで届かない日差しも、夕方の西日は横から入ってきます。そのため、気がつかないところで色ヤケを起してしまう事故も少なくありません。西日の当たらない部屋を選ぶ、PM3:00程度で終了するなどの対策をすることも重要な注意事項です。

 

虫干しの方法は?

 

虫干しの方法/完全版(注意事項)

風通しがよく、陽の当たらない所にきものを1枚ずつ裏返してきものハンガーに掛けます。タトウ紙は太陽にあててよく干します。箪笥もしくは衣装ケースは内部を掃除して風を通します。

 

@

2日以上晴天の続いた湿度が低い日の午前10時頃から始めます。早朝や夕方は湿度が高いことが多いのでお気をつけください。

A

陰干しは絶対条件です。
直接、お着物に日差しがあたらない部屋を選びます。夕方まで干す可能性がある場合には、西日があたる部屋も避けた方が無難です。

B

虫干しを行なう部屋の窓やドアを開けて風通しをよくします。
室内が狭い場合や風通しの悪い部屋では扇風機を使う手もあります。直接、お着物に風があたらないように気をつけてください。

C

敷き紙を広げ、お着物をきものハンガーに吊るしていきます。

 

敷き紙の上で作業を行なうことをおすすめします。
床や畳などの上で直接作業を行なうとお着物を汚したり、傷めてしまう可能性がありますのでご注意ください。

 

きものハンガーをご利用ください。
きものハンガーを使うことで、お着物の型崩れを防ぐことができます。また、必ずということではありませんが、お着物を裏返して干せば埃汚れや色ヤケの予防にもなります。

D

虫干しを行なっている間に、タンスやタトウ紙のお手入れを行います。

 

タトウ紙
タトウ紙は紙で作られたものが多く、湿気を取り込みやすい性質があります。
そのため、しっかり干しておきたいものです。「太陽にあてて」と書きましたが、色ヤケや変色を起してしまうケースも考えられます。念のためご注意ください。

 

タンス
タンスの中をきれいに掃除します。タンスの中の綿ボコリには、カビの胞子や虫の卵が潜んでいるケースも考えられます。基本は「掃除機と乾拭き」でお手入れです。また、引出しを外して風を通しておけば内部の湿気もかなり抜けます。この際、桐箪笥などは引出しを戻す順番を忘れないように気をつけてください。

E

ハンガーに下げているお着物を点検しておきましょう。
シミ汚れ、カビ汚れ、綻びなど様々な点検をしておきましょう。気がついたことがあったら早めに適切な処置を行なってください。(専門家へのご相談も・・・)

 

カビの汚れについて
カビを発見しやすい色は「紺・黒」などの濃い色目です。
万一、カビを発見したら直ちに専門家に相談してください。そのまま、放置することでタンス全体にカビが広がる可能性があります。最低でも別の場所に隔離することをおすすめいたします。

F

2時〜3時頃には虫干し終了です。
まずは、タンスの中に防虫剤や防湿剤を入れておきます。お着物をタンスにきれに仕舞って作業終了です。お疲れ様でした。

 

あらゆる「光」に注意をしましょう!

 

虫干しを行なう際、特に気をつけて頂きたいのが色ヤケです。
日光(紫外線)はもちろんのこと。室内の蛍光灯(特にスポット類)なども色ヤケの原因になります。長時間、部屋を離れるときは蛍光灯などは消しておいた方が無難です。

 

簡単な虫干しの方法は?

タンスからお着物を出して、お着物は畳んだままタトウ紙を開けて風を通します。意外に効果ありです。また、もっとお手軽な方法としては、タンスの引出しを開けておくだけでも、湿気が抜けてくれます。

 

1月下旬〜2月下旬【寒干し】/10月下旬〜11月下旬【虫干し】の時期が最適!

 

上記の虫干しと基本は同じです。タンスの中のお掃除を行い、防虫剤や防湿剤などの交換も行ないます。

 

防虫剤などは、半年〜1年程度で使用期間が切れるものが多くありますので必ずチェックしましょう。最低でも年に1回はこの方法で風を通し、時間があれば、上記の虫干し(完全版)を行なっていただけると良いでしょう。

 

 


はじめに 会社案内・地図 お問い合わせ リンク お買い物ガイド