総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>黒喪服・色喪服・喪帯について

お 着 物 の 種 類 と 装 い

黒喪服・色喪服・喪帯について

思いがけないときにやってくる悲しみの儀。
急に必要になるものですから、いざというときに慌てないようにしたいものです。
喪服の装いは、「喪主、家族、友人などの立場」や「通夜、告別式、法事などの場面」によっても装い(格)が異なります。

また、地方によって喪の装いには違いがあるようです。各地方での風習を大切にしながらご着用ください。こちらでは、ごく一般的とされているものをご紹介いたします。

黒喪服について
喪服と言われ思い浮かぶのが黒地の喪服。
黒無地に日向五つ紋をつけたものが、喪の装いでの第一礼装となります。

喪服の生地について
かつては関東では羽二重、関西では縮緬と言われいましたが、現在では縮緬の生地が主流となっています。また、いずれの場合でも、喪服は一枚お誂えになれば末永く使用することになります。そのため、しっかりした上質の生地を選ぶことで、永年にわたりご愛用いただけるでしょう。

黒の色合いについて
生地と同様に黒の色合いも大切です。
ひとくちに「黒」といっても染色方法によって微妙に「色の深み」や「やわらかさ」などが変わります。代表的な染色方法を挙げると、紅を染めてから黒を染める紅下染め。藍を染めてから黒を染める藍下染めがあります。こちらもかつては、紅下は関西風、藍下が関東風と言われていましたが、現在では、草木染め、泥染めなど多くの染色法があり、この限りではなくなってきているようです。一般には、深みのあるハッキリした黒が好まれる傾向があります。

季節による使い分け
他のお着物同様に「袷、単衣、絽」と季節による使い分けが必要です。10〜5月までが袷仕立。6・9月は単衣仕立。7・8月は絽の単衣仕立となります。

喪服を誂えるタイミング(ご参考までに)
喪服は着ることが少ない方が良いだけに、お誂えになるタイミングを悩む方も多いようです。
しかし、いつどんなときに必要になるかもわかりませんし、ましてや不幸があってから慌てて誂えるものでもありません。いざという時に慌てないためにも、前もって用意しておくことが賢明です。
でも・・・。普段に喪服を誂えるのは「縁起が悪い」と思われる方もいらっしゃるでしょう。そんなときは、結婚の支度やお祝い事があるときに一緒にご用意されると良いのではないでしょうか。また、「すべて揃っていると縁起が悪いので、何かを買い忘れにする」とも言われます。帯〆や帯揚げなど、どこでも手に入るものを買い忘れにするのもひとつの方法ではないでしょうか。
檳榔子染 正絹喪服(四丈物)

黄櫨染 正絹絽喪服

色喪服について
故人との関係や場面により、喪の略礼装となる色喪服を用います。
色喪服には、茶、灰、藍、紫、エンジなどの地味な色目の無地(紋付)を用います。生地は光沢のない縮緬が無難ですが、地紋(布地に織り出した模様)のあるものでは、吉祥文様などの祝いの文様を避け、「流水文・紗綾形文・網代文」など慶弔両方に使われる文様が良いでしょう。

また、江戸小紋であれば「鮫・行儀・通し」などが最適です。こちらも落ち着いた地味な色のものをお選びください。

喪帯について
喪服に合わせる帯は黒喪帯と色喪帯に分かれ、着物(黒・色)との組み合わせにより格が変わります。また、喪帯という名称以外では「黒共帯」「色共帯」と呼ばれています。

黒・色の喪帯ともに、帯の種類は「名古屋帯・袋帯・京袋帯」がありますが、ごく一般的なものは名古屋帯(名古屋仕立)です。また、一本の帯を夏冬兼用で使えるのが京袋帯です。表裏で夏用・冬用と使い分けることが可能です。

夏冬兼用!両面が使えてとっても便利な黒共京袋帯
袷(冬)の時期はこちら・・・
単衣(夏)の時期には絽を・・・
黒共両面京袋帯(夏冬兼用)

色喪服同様に喪帯の地紋には、喪専用のものと慶弔両方に使わている地紋があります。
黒喪帯には「本紋、紗綾形紋、雲紋」など慶弔に使われている地紋のものも比較的多く、一部には法相華(宝相華)などの正倉院文様や牡丹唐草文などの有職文様を格調高い文様として使われていることもあります。また、色喪帯には「蓮華文、凡字文、般若心経文」などの喪専用として使われる地紋が多い傾向があります。

いずれにしても、喪帯は自身の好みの文様をお買い求めいただくわけですが、文様のイメージ(地味・派手など)を基準に選ばれる方が多くいらっしゃるといえるでしょう。

喪の小物
黒喪服の小物(帯揚げ、帯締め、バッグ、草履)はすべて黒となります。また、草履は光沢のないものがおすすめです。革製草履であれば「革マット」などの素材を使用したツヤの少ないものが良いでしょう。また、色喪服の小物は黒かグレーが一般的ですが、喪が薄くなるにつれて地味な色のものを組み合わせても良いでしょう。尚、長襦袢・半衿・足袋は白を使います。

喪服の格式について
喪服の格は、「黒喪服・色喪服(無地や江戸小紋)・黒喪帯・色喪帯」の組み合わせで決まります。これらの格式を「立場や場面」に合わせたふさわしい装いをします。

格式が高い 格式が低い
「黒喪服+黒喪帯」 > 「黒喪服+色喪帯」> 「色喪服+黒喪帯」 > 「色喪服+色喪帯」

立場と場面に合わせた装い(一覧表)
着る場 通  夜 告 別 式 一 周 忌 三 回 忌 七回忌〜
立場
@黒喪服 喪主 -
親族 -
友人同僚など - - -
A重い略礼装 喪主 - - -
親族 - -
友人同僚など - -
B軽い略礼装 喪主 - - - -
親族 - - -
友人同僚など - -

@黒喪服とは?
黒無地に染め抜きの五つ紋付きのきものに黒喪帯の合わせ不祝儀の第一礼装です。

A重い略礼装とは?
紫、茶、藍、灰色など地味な色の紋付の色無地に黒喪帯の合わせです。

B軽い略礼装とは?
紫、茶、藍、灰色など地味な色の紋付の色無地に色喪帯の組み合わせです。

場面による喪服の装い
「通夜、葬儀・告別式、法事・偲ぶ会」などの場面によって喪服の装いも変わります。
こちらでは主な場面ごとに、装いの目安をご紹介いたします。

通 夜 の 装 い
喪主は黒喪服に黒喪帯の第一礼装となります。
また、弔問客は地味な色目(紫、茶、藍、灰色など)の色喪服に黒喪帯。もしくは、黒喪服に色喪帯という控えめな装いをします。黒喪服に黒喪帯でもかまいません。
ご参考までに・・・
上記の「通夜の装い」では、「弔問客は地味な色目の色喪服に黒喪帯。もしくは、黒喪服に色喪帯という控えめな装いをします。」と記載しましたが、これにはちょっとした意味合いもあります。
不祝儀の知らせは突然くるものです。「突然のお知らせで黒喪服の用意ができずとりあえず・・・」とのことから「地味なきものに黒喪帯」の装いで弔問し、葬儀には改めて服装を整えて参列します。そのようなことから、地味な色喪服に黒喪帯でご焼香に伺うということなのです。先にも書きましたが、地方での風習による違いもありますのでお気をつけください。


葬 儀 ・ 告 別 式 の 装 い
喪主や親族の近親者は、黒喪服に黒喪帯の第一礼装がよいでしょう。会葬者の場合は、同じく黒喪服に黒喪帯というのが一般的となります。また、故人と遠い関係の弔問客は「黒喪服に色喪帯」、「色喪服に黒喪帯」でも良いでしょう。


法 事 や 偲 ぶ 会 の 装 い
「紫、茶、藍、灰色」などの落ち着いた色目の「色無地」か「江戸小紋」を色喪服として略礼装として着用します。地方により違いはありますが、親族は3回忌まで黒喪服を着て、それ以降は色喪服を着用されることが多くあります。


元のページへ戻る