総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>「京袋」「洒落袋」とは何ですか?
お着物の種類と装い
「京袋」と「洒落袋」とは何ですか?

「京袋」「洒落袋」「丸帯」「本袋」といったように、「〜袋」「〜帯」という名称で呼ばれているために、少々迷われてしまうお客様も多いようです。

そこで、こちらのページで簡単にご紹介させて頂きましょう。

黒共京袋帯
ごめんなさい。喪服の帯しか
参考写真がありませんでした。
京袋帯について
京袋帯は、名称では(京)袋帯と呼ばれていますが、これは長さではなく、仕立て方(袋仕立て)を指し「京袋帯」と呼ばれます。

そのため、長さは一般的な名古屋帯と同じく、3m50cm〜3m80cm前後の商品が多いでしょう。

そのため、帯結びは一重太鼓の長さにしか結ぶことが出来ないため、それに準じた帯結び(形)が必要となります。

また、お着物との組み合わせについては、帯の柄行きにも左右されますが、名古屋帯と同じ感覚(主に小紋、紬)で組み合わせることが多い帯です。(柄行によっては色無地や付け下げで組み合わせをされる場合もあるでしょう)

追記
稀に長尺仕様の京袋帯で「4m」程度の商品があるようです。
このケースでは「もう少しで二重太鼓に結べるのに〜」と思われる方も多いようです。(ご参考までに)

一般的な名古屋帯
(名古屋仕立て)
既述のように、京袋帯は(袋帯のように)袋仕立てとなっている帯となります。表地に対し全面に裏地を付けて仕立てられているということになりますが、ここで一般的な「名古屋仕立て」の帯と見比べてみましょう。

左写真は、一般的な「名古屋仕立て」にお仕立てを行った帯です。
「て先から胴の部分」が半巾に折られた状態で仕立てられています。

しかし、京袋帯はこの部分が、すべて広い(帯巾に裏地を付けた)状態で仕立てられています。そのため、ご自身で帯巾を半分に折りながらご着用をいただくことになり、前腹の巾を少し広く取りたいケースなどではとても重宝です。


もちろん、普通の名古屋帯でも、帯巾が固定される「名古屋仕立て」以外でお仕立(開き仕立て)をされれば帯巾の調整は可能です。



紫芳綴れ洒落袋帯
洒落袋について
洒落袋とは、紬地などの素材を利用した「お洒落な柄の袋帯」を指しています。

本来、袋帯はフォーマル(留袖、訪問着、付け下げ、色無地)のものとの認識が強いですが、ご紹介の洒落袋では「紬の訪問着、小紋、紬」などのお洒落向きな柄行のお着物に組み合わせて頂くことができます。

また、こちらは袋帯と同じく二重太鼓で帯結びを行うことになります。したがいまして袋帯と同じ長さです。

近年、この洒落袋はとても人気の高い商品となっています。その理由としては、高級品となる紬(大島、結城、牛首)などにも組み合わせがしやすい点。紬訪問着から小紋まで幅広く使える点も含め人気の高い要因でしょう。

一 般 的 な 袋 帯
京友禅訪問着
こちらは主に結婚披露宴、改まったパーティーなどで着られる訪問着。

このようなイメージのお着物であれば、右のような袋帯を組み合わせることが多いでしょう。
服部織物 袋帯
梅垣織物 袋帯

洒 落 袋 帯
大島訪問着(紬訪問着)
こちらは大島紬訪問着。
このような洒落感の強いお着物には洒落袋を組み合わせます。

このケースでは、特に相手が訪問着となりますので、洒落袋は欠かせないアイテム(帯)といえるでしょう。
紫芳綴れ洒落袋帯
織の弘彩 陣屋織袋帯



Q.「丸帯」「本袋」について
上記以外では「丸帯」「本袋」と呼ばれるものがあります。
これらに関して「?」と思われる方は、上記リンクよりご参照ください。(同一箇所に記載しております)
※袋帯についてご紹介ページへ




元のページへ戻る