総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>留袖について

お 着 物 の 種 類 と 装 い

留袖について

留袖は「黒留袖」「色留袖」のふたつがあります。

黒留袖
黒留袖は祝儀のためのフォーマルきものです。黒地で裾に模様が描かれており、背中、両袖、両胸の五か所に染め抜きの日向紋が入ります。婚礼で着用する既婚女性の第一礼装です。

色留袖
黒留袖と同様に裾に模様が描かれており、黒以外の地色のものが色留袖です。こちらは五つ紋であれば黒留袖と同格の第一礼装、三つ紋や一つ紋ですと準礼装としてのきものになります。

黒留袖・色留袖どちらも帯は基本として袋帯を合わせます。結婚式や披露宴など華やかな場所での着用となるため、留袖の柄行に合わせた品格のある帯がおすすめです。

留袖の特徴と由来
留袖の特徴は「江戸褄模様」であるということです。
江戸褄模様とは「紋付の裾模様のきもの」を指しており、きものの模様つけの名称です。

江戸褄の名称の由来は、「江戸幕府の大奥から」という説や「江戸深川の芸者から流行した」という説が言われていますが、これという定説はないようです。

元来、江戸褄の模様つけの特徴は、上半身には模様をいっさいつけず、上前と下前に衽から前身に模様をつけたもの(江戸褄両褄模様)を指していました。これが戦後になって、現在の(左図のような)上前から後身頃そして下前へとつづく模様つけ(大江戸褄模様・新江戸褄模様)に発展したといわれます。
現在ではこの江戸褄模様を「江戸褄」と略して呼ばれることが多く、「江戸褄」=「留袖」の同意語としても使われています。(江戸褄=黒留袖のイメージも強いですが・・・)

また、留袖という名称は、江戸時代に女性が成人したとき、または結婚したときに、それまで着ていた振袖の長い袖を切って短く詰め、普通の袖丈にする習慣があり、「袖を留める」ということからついた語であるとされています。

黒留袖の着こなし
黒留袖は既婚者の第一礼装となります。
祝儀のためのフォーマルきものとなり、背中心、両胸、両外袖の五カ所に染め抜き日向紋をつけます。
主に結婚式や披露宴で着用しますが、例外では舞台衣装などで着用されることもあるでしょう。

現代では、新郎新婦の母親、仲人夫人、親族の既婚女性が着用します。いずれも既婚者のみが着用する点。また、新郎新婦の母親、仲人婦人は必ず黒留袖を着用するのが慣例的となっていることも着こなしのポイントのひとつでしょう。
京友禅黒留袖
黒留袖の柄行は華やかな祝儀の場所での着用となるため、染めや箔、刺繍などを用いた吉祥文様や有職文様、正倉院文様などが多く見受けられます。品格ある文様の中から、華やかさ、優雅さ、重厚さなど、それぞれの特徴をみながら、着る人の年齢、好みに合わせて黒留袖を選ばれると良いのではないでしょうか。

黒留袖のお仕立て
以前(昔)の黒留袖は白羽二重のきもの(下着)と2枚襲ね(襦袢+白羽二重きもの+留袖の計3枚)で着られいましたが、現在では「比翼仕立て」というお仕立て方法が主流となっています。比翼仕立てとは、衿、袖口、振り、衽だけに白羽二重の生地を取り付け、まるできものを2枚襲ねで着ているように見せるお仕立て方法です。(襦袢+留袖比翼仕立ての計2枚)

京友禅色留袖
色留袖の着こなし
既述の通り、黒留袖には染め抜き日向五つ紋を入れますが、色留袖は五つ紋の他に三つ紋や一つ紋をつける場合があります。こちらは紋の数や種類によって格式が変わります。

まず、色留袖を染め抜き日向五つ紋にすると黒留袖と同格となり、祝儀の場所で未婚女性も着られる第一礼装となります。また、三つ紋や一つ紋の場合には準礼装としてのきものとなり、結婚披露宴、格式ある茶会やパーティなど装う場所も広がります。
主に色留袖は、親族の女性に着られることが多く、新郎新婦の姉妹や祖母、おばの色留袖は式場が華やかな印象になることでしょう。また、主賓や来賓の女性の色留袖は、もっとも礼を尽くした装いといえます。

また、色留袖は宮中行事で着られるケースがあります。通常、宮中参内の装いは色留袖が正装とされており、叙勲式では染め抜き日向五つ紋を、園遊会なら三つ紋や一つ紋の色留袖がふさわしいとされています。

そして、一般的な色留袖の柄選びのポイントとして、黒留袖と同様に柄行は吉祥文様や正倉院文様など格式ある文様が多くあります。また、紋の数によって格が変わってくることも意識しながら、装う場所や立場に応じて「格式ある柄行」「優雅で華やかな柄行」「優しい品格のある柄行」など、ご着用になられるケースに合わせて、よりふさわしい柄行の色留袖を選ぶのもおすすめです。

色留袖のお仕立て
色留袖は「比翼仕立て」にするケースと比翼をつけない「袷仕立て」にするケースがあります。
一例としては祝儀(結婚式・披露宴)でご着用になられる場合には、
五つ紋か三つ紋の比翼仕立て(白羽二重にて)にするのが一般的。そして準礼装として「結婚披露宴だけの出席」や「格式ある茶会」でのご着用の場合には、三つ紋か一つ紋の袷仕立てが多く見受けられます。また、袷仕立ての場合には白やきものと同系色の伊達衿を用いて着られると良いでしょう。

留袖の帯と小物のコーディネート
留袖に合わせる帯は「袋帯」を合わせるのが基本です。
格調のある柄行の多い留袖には、それに準じた帯選びを行うことが最良です。

@西陣 服部織物 袋帯
A西陣 京藝 袋帯
B西陣 梅垣織物 袋帯

上に3つの袋帯をご参考に掲載してみました。

@西陣 服部織物 袋帯
重厚すぎない品格が特徴なのが「服部織物の袋帯」です。
豪華さの中に上品な印象も受ける袋帯のため、あまり豪華になりすぎないように着用したいケースでは、新郎新婦の母親や若い世代の方が着られる留袖におすすめの袋帯となります。黒留袖・色留袖どちらにもコーディネートしやすい袋帯といえるでしょう。

A西陣 京藝 袋帯
豪華さと重厚さのある「京藝の袋帯」です。
豪華で重厚感のある留袖にコーディネートしたい袋帯です。黒留袖・色留袖ともに柄行きや格調のバランスを上手に組み合わせることで、祝儀の場にふさわしい豪華な印象を受けるタイプの袋帯といえるでしょう。

B西陣 梅垣織物 袋帯
こちらは格調と色彩の組み合わせを重視してコーディネートしたい「梅垣織物の袋帯」です。
主にクラシカル(古典調)な色留袖に組み合わせることで、繊細な洒落感と格調ある装いを楽しむことができる袋帯といえるでしょう。

黒留袖の小物
黒留袖の帯締め・帯揚げの色は白または金銀を用いたもの。長襦袢・半衿は必ず白を用います。刺繍半衿では白地に金銀などの刺繍で誂えたものが良いでしょう。また、草履バッグは金銀の佐賀錦や布地を用いたものが多く使われています。草履のかかとの高さは華やかな印象を受ける高めのものがおすすめとなります。黒留袖の品格にふさわしい草履バッグを選ぶことも重要です。

色留袖の小物
色留袖の帯締め・帯揚げの色は白または金銀を用いたものが基本です。特に祝儀の場で着られる五つ紋、三つ紋の比翼仕立てには白・金銀を用いたものがおすすめです。三つ紋、一つ紋の袷仕立てであれば白または薄い色目の帯揚げ・帯締めを用います。また、この場合、比翼衿がついていませんので、白または色留袖と同系の薄い色目の重ね衿を使用されるとよいでしょう。
草履バッグは黒留袖と同様にかかとは華やかな印象を受ける高めのもので、佐賀錦や布地の草履バッグ、またはエナメルのものを用います。こちらも柄行に合わせたコーディネートが重要です。


元のページへ戻る