総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>鯨尺について

和服の寸法について/鯨尺について

鯨尺ってなに?

お着物は尺貫法の鯨尺で長さ(寸法)を表記します。
ここでは鯨尺について解説してみたいと思います。

尺 貫 法 と は ?
尺貫法とは「長さ・質量・面積・体積」を表す計量単位です。
長さの単位は「間・丈・尺・寸・分など」、質量は「貫、匁など」、面積は「坪・分・反など」、体積は「升・合など」さまざまです。

これら尺貫法のなかで呉服で使われる単位は「長さ:尺」と「質量:匁」となります。
さらにに長さを表す単位である尺は「鯨尺」と「曲尺」に分かれます。

ちなみに「質量:匁」ですが、こちらは目付といって絹織物の精練後の重さを匁で表します。グラムを匁に換算するときはグラムを4倍して15で割ります。(750g=200匁)


尺貫法の長さを表す単位「鯨尺」と「曲尺」について
尺貫法の長さを表す単位には「鯨尺(くじらじゃく)」と「曲尺(かねじゃく)」があります。
一般に呉服では「鯨尺」を使用していますが、稀に地方によっては曲尺が使われている地域もあるようです。

まずは「曲尺」について
1尺(曲尺)=約30.30cm(10/33)
曲尺は主に建築関係で使われている長さの単位です。
馴染みのあるところでは襖2枚分の巾を「一間」と言いますが、この一間をメートル法でいうと「約180cm」。次のような計算に・・・「一間=6尺 6尺×3030=181.8cm」

呉服で使われている「鯨尺」について
1尺(鯨尺)=約37.87cm(25/66)
既述のように現存する「尺」の単位には「曲尺」「鯨尺」があります。
しかし、古来には各用途に合わせた「又四郎尺」「享保尺」「折衷尺」「呉服尺」など、さまざまな尺が存在したそうです。

呉服の寸法に関する尺ですが、こちらは現在の鯨尺の他に「呉服尺」という単位が使われていました。この呉服尺は曲尺に2寸足したもの「曲尺:1尺2寸=呉服尺:1尺」と定めて使用されていました。当時は「呉服尺」「鯨尺」ともに使用されていましたが、1875年(明治8年)に呉服尺は廃止されています。

さて、本題の鯨尺ですが、こちらは江戸時代の頃から主に布地(反物)の長さを測るのに使われている現存する尺の単位です。当時の呉服尺(曲尺:1尺2寸)に5分足した曲尺1尺2寸5分を「鯨尺:1尺」として使用されていました。その後、1891年(明治24年)の度量衡法により「約37.8cm(25/66)=鯨尺1尺」と定められています。明治以降メートル法と併用して使用されてきましたが、こちらも1959年(昭和34年)には原則として廃止され、商取引では尺貫法からメートル法に統一されています。

尚、鯨尺という名称ですが、こちらは「しなやかなくじらのひげ」で物さしを作ったことから「鯨尺」と呼ばれています。

尺 の 単 位

尺貫法により長さを表す単位には次のようなものがあります。

単 位 読み方
ちょう
けん
じょう
しゃく
すん
りん
もう


呉服で主に使われるのは「丈・尺・寸・分」

「丈・尺・寸・分・厘・毛」は十進法

1丈=10尺

1尺=10寸

1寸=10分

1分=10厘

1厘=10毛



呉服では使われませんが「里・町・間」の場合

1里=36町
36町を尺に換算すると「12.960尺」

1町=60間
60間を尺に換算すると「360尺」

1間=6尺



呉服の長さの単位(番外編)
「反」と「疋」について
ここまで「尺」についてご紹介してきましたが、呉服で使われる長さの単位のなかに「反」「疋」といったものがあります。こちらでは「反」「疋」についてご紹介してみましょう。

反について
「1反=3丈」は微妙に異なる!?
呉服では丸巻きのきもの地を総称して「反物」と言いますが、この反物で長着(身丈が裾までの和服)が作れる「長さ」「幅」がある布地を「1反」または「3丈物」と呼んでいます。

この「1反」の反物を「3丈物」と表現することを素直に解釈すると「1反=3丈」と思われるかもしれませんが、実は「微妙に異なる」ということになります。

この「反」という言葉を辞書で調べてみると・・・
●布類の長さの単位。
●鯨尺で幅9寸(約34センチ)、長さ2丈6尺から2丈8尺(約10メートル)。
●だいたい一人分の衣服に要する長さ。
このようになっています。

では、上記の「微妙に異なる」という意味を解説していきましょう。
私ども呉服屋が普段扱っている「反物」には、「木綿のゆかた」や「正絹小紋」など、実にさまざまな商品が存在します。それと同時に、それぞれの商品によって「長さ・巾」に違いがあります。

例えば、綿反といわれる「ゆかた」は「およそ2丈8尺〜3丈2尺(鯨尺)」のものが多くありますが、絹布といわれる正絹小紋ですと「およそ3丈2尺〜3丈5尺(鯨尺)」と綿反に比べて長さ(丈)が長くなっています。同様に反物の巾も「9寸5分〜1尺0寸5分」と商品によって違いがあります。

ここで、既にお気付きの方もいらっしゃると思いますが、実は上記の辞書の記述(長さ・巾)とも違っています。昔の反物を基準にすると上記にある「長さ・巾」の記述で間違いないということになりますが、現代人は身丈(身長)・裄丈ともに、昔の日本人の体型とは明らかに異なっています。そのため、現代の反物の「長さ・巾」も以前のものに比べて長く、広くなってきています。

ということで・・・。
一反あたりの長さは「必ずしも一定ではない」ということとなり、辞書の記述にもあるように「だいたい一人分の衣服に要する長さ」という単位として考える方が無難でしょう。

四丈物について
既述のように、通常の反物を「1反」「3丈物」と呼んでいますが、これ以外に「4丈物」と呼ばれる反物があります。

まず、3丈物から解説させて頂くと分かりやすいと思います。
3丈物を袷仕立(裏地をつけて仕立てたきもの)にする場合、表地の3丈に対し、「胴裏2丈+八掛1丈」の合計3丈の裏地をつけることで袷(表3丈=裏3丈)のきものを仕立てることができます。

では、4丈物ですが・・・
・表地の3丈に八掛の1丈がプラスされた4丈物となる反物。
・振りの長い「振袖」は、袖丈で1丈余分な生地を必要とする4丈物となる反物。

これらを4丈物と呼んでいます。
前者の代表的な商品が「喪服」や「色無地」です。共八掛と呼ばれる「同生地・同色」の八掛(裾回し)がひとつの反物となっています。この場合に袷仕立てにする際には、胴裏(2丈)を用意するだけでお仕立てが可能です。

また、振袖では普通の胴裏(2丈)ではもちろん生地が足りません。そこで、一般には比翼地(振袖用胴裏、留袖の比翼でも使用)など、3丈の用尺がある胴裏を使用します。
さらに振袖の場合では、通常では共八掛(表地と同色)がついておりますので八掛の用意は不要です。
(振袖表4丈=共八掛1丈+比翼胴裏3丈)にてお仕立てを行います。

疋について
1疋=2反
2反分の生地の長さがあるのものを「1疋」(疋物)と言います。
1疋の生地の代表的なものといえば「男物紬アンサンブル」でしょう。いわゆる羽織と着物を同じ生地でお誂えいただくために、疋物といって長さ(丈)が長くなっています。

一疋は、基本としては反物2反分の長さとされていますが、男物ASなどでは「羽織ときもの分」の長さしかない(羽織丈は短いため2反分の長さはない)ケースでも「1疋」と言われます。この場合には、同生地で2枚のきものを作ることが出来ないケースがあります。書き添えさせて頂きます。


元のページへ戻る