総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>小紋について

お 着 物 の 種 類 と 装 い

小紋について

洒落着として楽しめる染めのきものが「小紋」です。
いわばカジュアル着として楽しむきものとなり、結婚式や改まった場所以外なら、いろいろな場面で着ることが出来ます。

主に、観劇、同窓会、食事会、月釜の茶会、軽いパーティなど、ちょっとしたお出掛けにはとても便利なきものです。

また、フォーマルのお着物ではTPOにより色柄を選ぶ必要もありますが、お洒落着として着用する小紋は、自分の趣味を生かして色柄を選べる楽しいきものといえるでしょう。

伊勢型長板染 江戸小紋着尺
いろいろな技法で染められている小紋
京友禅、江戸小紋、紅型、藍染め、更紗、ロウケツ染めなど多くの技法で染められている小紋ですが、これらに共通していえる要素が「後染め」ということです。

よく「先染めもの」「後染めもの」という表現をしますが、小紋は後者の「後染めもの」に分類されます。先染め(紬)は糸を染めて織りで模様を表現するのに対し、後染め(小紋など)は先に糸を白生地として織り、後から様々な技法で反物に染めることで色柄が表現されています。そのため、手描きや型染めなどで染められた後染めのきものは、繊細できれいな模様が表現されているのが大きな特徴でしょう。

また、一定の繰り返し模様が続くものが小紋となります。左の写真は「伊勢型長板染め江戸小紋」です。江戸小紋としてちょっと珍しい紬地に伊勢型紙で柄置きを行なった長板染め江戸小紋です。

カジュアル、それともお出掛け・・・
既述のように、小紋はカジュアル着として楽しむきものであるため、個人の趣味を強く表現して色柄を選び、帯や小物をコーディネートすることは間違いではありません。

しかし、観劇や同窓会、お友達とのランチなど、カジュアル着として楽しみたい小紋。そして、お茶会や軽いパーティーなど改まった雰囲気で着こなしたい小紋では、色柄の選び方やコーディネートを変えることで、よりお洒落な装いが出来るものと考えます。

きもの好きなひとにとって、日常の生活の中で着ることの出来る小紋は、うれしい着物といえるでしょう。
だからこそ、「小紋=カジュアル」として一括りにしてしまうのではなく、着物と帯のコーディネートや色柄模様を上手に使い分け、小紋の本質といえる「お洒落を楽しむ」ということが出来たら最高だと思います。
鬼しぼちりめん 小紋着尺

お出掛け着として・・・
染めの北川 小紋着尺
カジュアル着として・・・
昴秩iろうけつ)染め 小紋着尺

長板染め伊勢型江戸小紋(行儀柄)
江戸小紋は特別?
小紋の中でも江戸小紋は、一つ紋をつけることで、ほかの小紋より格が上がります。

特に江戸小紋の柄のなかでも「鮫、通し、行儀」の模様は、江戸小紋三役と言われ、他の柄とは別格に扱われています。
これらは柄が細かいほど格調が高いとされる江戸小紋のなかでも最高位にあり、紋をつけることで婚礼や改まったパーティー、茶会など幅広い場面で着用できる万能なお着物となります。
鮫小紋柄
通し小紋柄
行儀小紋柄

小紋の帯と小物のコーディネート
小紋と帯はコーディネート次第で、さまざまなお洒落を楽しむことが出来ます。

小紋と帯の組み合わせでは「染めのきものに織りの帯」という言葉がよくいわれます。染めものである小紋に対し、性質の異なる織りの帯を合わせることで、染め物と織り帯の組み合わせが絶妙なバランスでお洒落感を引き立てるということを表現しています。もちろん、染め帯を組み合わせて季節感や繊細で洒落た模様を楽しむのも良いでしょう。

主に小紋と組み合わせてコーディネートする帯は、織り名古屋帯、染め名古屋帯、袋名古屋帯(八寸帯)、洒落袋帯、京袋帯が挙げられます。

どのタイプの帯もそれぞれの特徴がある訳ですが、基本的なコーディネートの方法は「どのような装いをしたいのか?」ということを基準に帯を選ぶことが理想的といえます。

ひとくちに説明できることではありませんが、例えるなら軽いパーティーやお正月の挨拶回りであれば、上品なイメージの織りの九寸名古屋帯を組み合わせることで改まった雰囲気になりますし、観劇や同窓会、お友達とのランチへ個性的でお洒落な装いにしたいときには、粋な博多八寸帯などを組み合わせることで楽しいカジュアル着の雰囲気になります。

また、帯揚げ、帯締めなどの小物も重要なポイントになります。改まったよそゆきでは「淡い色」、気軽なカジュアルであれば「濃い色目」をコーディネートすることでも小紋の着こなしのイメージが変わってくるといえるでしょう。

これに季節感を取り入れ、春さきは明るい色、秋冬には濃い色目をコーディネートするのもひとつの方法です。

いずれにしても、小紋の色柄や雰囲気をよく見て、TPOに合わせた帯選び、小物選びが理想的といえるでしょう。この基本を理解した上で、個人の好みを活かしたさまざまなコーディネートされることで「より楽しい小紋選びができる」と言えるのかもしれません。
お出掛け着として・・・
小紋着尺+九寸名古屋帯

カジュアル着として・・・
小紋着尺+袋名古屋帯(八寸帯)



弊店オンラインショップにて小紋の販売を行っております!
皆様からのご注文を心よりお待ち申し上げます。




元のページへ戻る