総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>色無地について

お 着 物 の 種 類 と 装 い

色無地について

柄のない一色染めのおきものが色無地です。

入学式や卒業式、七五三での付き添いの母親。
卒業式や謝恩会で袴姿に合わせる色無地。茶道をされる方など。色無地は利用範囲も広く、さまざまな場面できることのできる便利なきものです。

色無地の特徴は、訪問着や付け下げのように多彩な模様を染めたものではなく、模様(柄)のない一色染めというのが基本です。ときとして、ぼかし染めなどもありますが、これらも色無地の一種に該当します。
泥五度染 色無地(四丈物)

色・いろ・彩 色無地(四丈物)
堅牢草木染め 色無地(四丈物)
地紋と地色で選ぶ色無地
色無地は「柄のない一色染め」のため、選ぶときの基本要素は「地紋・地色」をみて選ぶことになります。

色無地には、一越縮緬や古代縮緬のように地紋のない生地と綸子や紋意匠のように地紋のあるものが使われています。

地紋のないものはオールラウンドにお使いいただけますが、地紋のあるものは注意が必要です。

慶弔両用として使うのであれば「流水文・紗綾形文・網代文・雲文・波文」や有職文様のものを選ぶと良いでしょう。

また、慶事のみで使うのであれば、吉祥文様の地紋を選ぶことで、慶事の場所にふさわしいお洒落感とセンスある色無地を選ぶこともできます。

最後に地色についてはお好みです。
こちらは年齢や用途に合わせてお選びいただければ良いでしょう。

紋の数で格が変わる
色無地は柄のない一色染めのきものだけに、紋を入れてご着用になられることが多いきものでもあります。

色無地に五つ紋をつけると非常に改まった式服。三つ紋は準礼装となり無紋の訪問着より格上となります。そしてもっとも一般的なのが一つ紋の色無地ですが、こちらは一つ紋の訪問着に比べて略式となります。結婚式や改まった場所でご着用される場合には、紋なしの色無地ではなく、一つ紋以上の色無地がおすすめです。

また、訪問着や付け下げに比べ控えめな品格がある色無地は、「お宮参り、七五三、入学式、卒業式など」お子様が主役となる場所への付き添いとなるお母様方にはおすすめのきものといえるでしょう。
泥五度染 色無地(四丈物)
家紋については「地域」や「風習」などにより微妙に認識が異なる場合があります。
それぞれの地域での風習を大切にしながらご着用いただくことをおすすめいたします。
書き添えさせていただきます。


色無地の帯と小物のコーディネート
一枚のきものが帯と小物のコーディネート次第で、見違えるほど印象が変わるのも色無地の特徴といえるでしょう。それだけに帯によるお洒落がとても引き立ちます。

主に色無地に合わせる帯は、袋帯、名古屋帯です。
これらをTPOや家紋の数に合わせて使い分けます。基本的な組み合わせは、フォーマルなどの改まった場所には二重太鼓になる袋帯。軽いお出掛け着や街着として、気軽な装いをしたいときには一重太鼓の名古屋帯を合わせると良いでしょう。
改まったイメージとなる
色無地+九寸名古屋帯
改まったイメージとなる
色無地+袋帯
洒落感のあるイメージとなる
色無地+九寸名古屋帯
洒落感のあるイメージとなる
色無地+袋帯
上に4つの帯を参考にコーディネートしてみました。
右側は袋帯。左側が名古屋帯の組み合わせですが、一重太鼓の名古屋帯に対し二重太鼓の袋帯は格が上がります。一般に改まった場所では二重太鼓の袋帯がおすすめ。気軽なお出掛け着としてなら名古屋帯がおすすめです。
また、改まった場所向けの柄、洒落感の強い柄など、同じ格である袋帯や名古屋帯であってもコーディネート次第では違う印象で装うこともできます。

そして帯締めや帯揚げは、改まった場所では「淡い色」などがおすすめですし、軽いお出掛け着としてであれば、カジュアル感が強くなり過ぎない色目を合わせると良いと思います。
いずれにしても、色無地の小物選びのポイントは、訪問着や付け下げに比べ控えめな品格である色無地にふさわしいものを選ぶことをおすすめいたします。


元のページへ戻る