総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>訪問着について

お 着 物 の 種 類 と 装 い

訪問着について

未婚・既婚を問わず着られる絵羽模様の社交着が訪問着です。

色留袖についでフォーマルな着物となり、結婚披露宴、改まったパーティー、同窓会、食事会、茶会、他家への訪問など「改まった装いを・・・」という場所には欠かせないきものとなります。

また、訪問着には格調高い柄行のものからお洒落な紬地の訪問着まで幅広くあり、これらの要素を含めたTPOに準じた着用が求められます。
尚、帯は袋帯を合わせるのが基本です。

京友禅訪問着(仮絵羽として販売される)
共八掛が付いてます(例外もあり)
訪問着の特徴
訪問着の特徴は「絵羽模様」であるということです。

呉服屋さんの店頭でよく見かけることがあると思いますが、きものの形(仮仕立て)で販売されているものが訪問着となります。

この絵羽模様をつけるには、仮絵羽といって白生地をきものの形にざっと仮仕立てを行い、この状態(仮仕立て)の白生地に下絵の模様を描きます。それをふたたび反物(解いて一枚の状態)に戻し、下絵通りに友禅染や蝋纈染めなど様々な技法で染められていきます。

これにより裾全体、袖から身頃、衿から肩に掛けての柄が縫い目を渡って描くことができ、全体に豪華な柄つけの訪問着が創作されているのです。
(染めあがり後再び仮絵羽の形に仮仕立をします)

また、訪問着の裾回し(八掛)は表地と同じ生地を使い「共八掛」として表地と同色で染められているケースがほとんどです。お洒落な感覚で染められている八掛であれば上前の衽裏の部分に表地の柄と関連した模様の入った八掛もあります。そのため、お仕立ての際は八掛を別に用意する必要がないのも訪問着特徴といえるでしょう。
下に4つの図柄を一例として用意してみました。
訪問着に近いお着物といえば「留袖」「付け下げ」が挙げられます。そこで、これらの違いを比較しながら訪問着の説明をしてみましょう。

@訪問着
訪問着の柄つけの特徴としては裾全体、袖から身頃(右背中)、衿から肩に掛けての柄が繋がっているのが大きな特徴(例外の訪問着も多々あります)です。また、店頭で販売されている際は、仮絵羽(きものの形に仮仕立て)の状態で売られています。

A留袖
こちらは訪問着とは異なり裾だけに模様(江戸褄模様)があるのが特徴となり、腰から上には模様が描かれていません。そのため訪問着との見分けが容易につくでしょう。また、店頭では訪問着と同じく仮絵羽(きものの形に仮仕立て)の状態で売られています。

B付け下げ訪問着、C飛び柄の付け下げ
付け下げは反物(着尺)で染められています。そのため、「@訪問着」と「A付け下げ訪問着」を見比べて頂いくと袖から肩に掛けて柄が繋がっていないことが特徴となります。また、衿から肩に掛けての柄が繋がらないケースがほとんどです。(詳しくは「付け下げについて」をご参照下さい)
@訪問着
A留袖
B付け下げ訪問着
C飛び柄の付け下げ
さて、ここまで簡単に訪問着の特徴をご紹介しましたが、もちろん、これがすべてではありません。

既述の通り、訪問着の一般的な柄つけの特徴としては、「裾全体、袖から身頃(右背中)、衿から肩に掛けての柄が繋がっている」ということが挙げられます。しかし、上記でご紹介している「C飛び柄の付け下げ」に近い感覚の訪問着、又は全体が総模様になっている訪問着等など、様々な柄行の訪問着が創作されています。

多種多様なタイプがある訪問着
ひとくちに訪問着と言っても、実に様々な柄つけのものがあり、なかには紬地を使用したお洒落訪問着まで存在します。

これらすべての訪問着のご説明をするのは非常に難しく、基本的には「柄行き・格調・生地」などを見て区分けすることで「華やかなフォーマル向きの訪問着」「控えめな柄行の訪問着」「お洒落向きの訪問着」の3つに分けることでTPOに合わせた着こなしも理解しやすいかと思います。
京友禅訪問着
また、一般的なフォーマル向き訪問着でも、紋の「ある・なし」によっては、このようなことも考えられます。品格のある柄つけの訪問着に一つ紋を付けることで、結婚披露宴や改まったパーティーなどにふさわしい「準礼装としての訪問着」。そして、例え同じ訪問着であっても紋を省略して帯の取り合わせを軽くすることでパーティーや同窓会、食事会などで重宝する「社交着としての訪問着」となるケースも考えられます。

いずれにしても、訪問着は柄つけの違い(格)によって使い分けることがもっとも重要と考えます。大人しい柄行のものや洒落感の強いものなど多種多様な訪問着がありますので、それぞれの柄行や品格を理解した上でTPOに合わせた使い分けがすることが最良でしょう。

大島訪問着(お洒落訪問着)
紬の訪問着について
さて、ここでちょっと触れておきたいのが、近年人気の高い「紬の訪問着について」です。大島・結城・塩沢・牛首などなど、各産地で様々な「紬地の訪問着」が創作されています。しかしながら、この紬の訪問着に関して多くのお客様より「どのような時に着たらいいの?」とのご質問を頂戴します。

ですが・・・。このご質問への回答は少々難解です。

その理由は「紬の訪問着」に対し、ハッキリと決められた定義そのものが存在しないということが挙げら
ます。そのため、「結婚式や披露宴に着ても良いのか?」「訪問着(晴れ着)として良いのか?」「普段着と同等と考えるべきではないか」等など、認識に戸惑うことが多々あります。逆を返せば個々の呉服屋さんによって様々な意見がお客様に伝えられているケースがほとんどでしょう。
そのため、こちらは弊店の見解も含めた「参考程度」とご理解ください。

まず、紬はいくら高価なものでも普段着といわれます。
紬の成り立ちは、それぞれの町や村で仕事着や野良着として利用されてきたことに始まります。そのため、色柄は素朴で丈夫な硬い生地質で作られているものが多いものです。その頃は、「染めのきものは晴れ着に・・・」「織(紬)のきものは普段着に・・・」として着られていました。その生活習慣が長く残り、現在でも「紬は普段着」といわれる理由です。

しかし、近年ではきものの高級化やフォーマル志向が強くなったこともあり、大島・結城・塩沢などの各産地が従来の縞や絣に加え、絵羽模様を織る(染める)ようになりました。
これが「織の晴れ着」として誕生した「紬の訪問着」です。

では、紬の訪問着はどのように考えるべきでしょうか。
まず、既述のように「紬は普段着」として理解している方が多くいるということ。また、一般に「紬」といえば、色彩が渋く、柄が単彩で表現されているケースも多く、染めのきものに比べると華やかさに欠けるということが挙げれます。

そこで、弊店では「特定の相手方からのご招待では失礼にならなければ・・・」とのお話をさせていただくことがあります。つまりは、仮に豪華な結婚式(披露宴)にご招待を受けた際に、せっかくの華やかな結婚式なのに、落ち着いた紬の訪問着を着用してしまうことで相手方の意思に反した装いになってしまうケースもあるでしょう。また、「紬は普段着!」との認識を強くもった方にすれば、せっかくの「紬の訪問着」ですが「失礼」と受け取られてしまうケースも考えれます。
これだけは避けたい「着こなし」と言えるでしょう。

「特定の相手方」がある場合には、もし失礼にならなければ、どのような内容のパーティーなのかを事前にお伺いして装いを決めるのもひとつの方法と言えるのではないでしょうか。

また、「趣味の集まり、同窓会、軽いパーティー、観劇、食事会など」であれば、特定の相手方はありませんので「紬の訪問着」を着用されるには最適だと思われます。

そして「紬の訪問着」には「織り」と「後染め」ふた通りが存在します。こちらは「織り」で柄を表現しているものは小紋、紬に近い感覚(普段着に近い)となり、「後染め」で柄が表現されているものは訪問着や付け下げに近い感覚(フォーマルに近い)といえるでしょう。また、たとえ「後染め」であっても洒落感の強い柄であれば普段着に近い感覚となりますので、こちらもTPOによる着こなしに影響する要素となりますのでお気をつけ下さい。

こちらの内容をご参考に紬の訪問着の着こなしが「どのような場所に向いているか?」という判断の材料としてお役に立てれば幸いに思います。

訪問着の帯と小物のコーディネート
訪問着に合わせる帯は「袋帯」を合わせるのが基本です。
既述した「華やかなフォーマル向きの訪問着」「控えめな柄行の訪問着」「お洒落向きの訪問着」など、それぞれの訪問着の格調にふさわしい帯選びを行うことが最良です。
@フォーマル向きの袋帯
西陣 服部織物 袋帯
主に華やか柄つけの訪問着におすすめの袋帯。結婚式、披露宴、パーティーに・・・
Aフォーマル向きの袋帯
西陣 梅垣織物 袋帯
吉祥文様などの格調のある訪問着におすすめの袋帯。結婚式、披露宴、パーティ−に・・・
Bしゃれ味豊かな袋帯
木野織物 菱屋善兵衛袋帯
洒落感のある訪問着やモダンな印象の装いにおすすめの袋帯。
C洒落感の強い袋帯
紫芳綴れ 洒落袋帯
かわいいワンちゃん柄の洒落袋帯。紬の訪問着やお洒落訪問着におすすめ・・・。
上に4つの袋帯をご参考に掲載してみました。

@フォーマル向きの袋帯(服部織物 袋帯)
一般的なフォーマル向きの訪問着には、とても組み合わせがしやすい「服部織物の袋帯」です。
重厚すぎない品格の袋帯のため、結婚式(披露宴)や華やかなパーティーをはじめ、フォーマルな席ではとても使いやすく、豪華さと上品さを兼ね備えた袋帯といえるでしょう。

Aフォーマル向きの袋帯(梅垣織物 袋帯)
同じフォーマル向きの訪問着に合わせる袋帯でも、上記の服部織物の袋帯がオールラウンダーとすれば、こちらは格調と色彩の組み合わせを重視してコーディネートしたい袋帯ではないでしょうか。主にクラシカル(古典調)な訪問着に組み合わせることで、繊細な洒落感と格調ある装いを楽しむことができる袋帯といえるでしょう。

Bしゃれ味豊かな袋帯(木野織物 菱屋善兵衛袋帯)
洒落感のある柄行の訪問着に組み合わせることで、よりお着物を引き立ててくれる袋帯です。
どちらかというと「社交着としての訪問着」に向く袋帯で「趣味の集まり、同窓会、観劇、食事会」など、控えめな印象の訪問着やお洒落訪問着、紬の訪問着にコーディネートしていただきたいタイプの袋帯です。逆に考えると、こちらは結婚式や披露宴、華やかなパーティーにはおすすめできないタイプの袋帯といえるでしょう。

C洒落感の強い袋帯(紫芳綴れ 袋帯)
こちらは、よりお洒落感の強い訪問着に組み合わせたいタイプの袋帯です。
いわゆる「洒落袋」ですが、お洒落訪問着や紬の訪問着には最適です。Bと同様に「趣味の集まり、同窓会、観劇、食事会」などにおすすめですが、より個性的なカジュアル感のあるお洒落を演出したい時には最高の袋帯といえるでしょう。

帯締め・帯揚げなどの和装小物は、フォーマル向きでは、上品な色目に金彩などの加工を施した華やかなものがおすすめとなり、控えめな印象での装いには上品な色柄のものがおすすめです。
また、お洒落訪問着や紬の訪問着であれば、お洒落感を引き立ててくれる小物選びをされると良いと思います。いずれにしても、訪問着の格調に準じた小物選びが大切です。

重ね衿(伊達衿)について
古来には礼装のときほど、きものを重ねて着る習慣がありました。当初は、訪問着も「襲ね着」で着られていましたが、これを簡略化したものが現在の「重ね衿(伊達衿)」です。

重ね衿の色目は豊富にあります。
どのようなコーディネートを行うか?これは個人の好みに左右されるものですが、基本として大切な要素は「顔写りをきれいにみせること」にあるでしょう。

それぞれの色彩には季節感や華やかさなどを感じさせる要素があります。そのため、それぞれの訪問着にふさわしい色目の重ね衿を選ぶことが大切です。

また、訪問着に重ね衿(伊達衿)を、必ず使用しなくてはいけないということはありません。訪問着の柄行や地色、着る方の好みにより重ね衿を使用せずに着用される場合もあります。


元のページへ戻る