総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>五歳のお祝いについて

お 子 様 の お 祝 い

五歳のお祝いについて

七五三のお祝いは、「7歳・5歳・3歳」の節目の年に、お子様の成長を感謝し、将来の幸せを祈願するお祝いの行事です。

江戸時代の頃から11月15日を吉日として、この日にお祝いをする習慣が広まりました。

七五三のお祝いで「千歳飴」を持ちますが、これには「千年」という意味が込められています。千歳飴が長い棒状になっているのも、お子様の末永い成長を祈願する縁起物だからです。

5歳のお祝いは「袴着の祝い」といわれ、五つ紋の羽織に着物と袴姿で、成人の男性と同じ装いになる年齢にちなんでいます。主に5歳の男の子がお祝いをします。

5歳のお祝いの装いは、正式には黒羽二重無地の5つ紋付の着物と羽織に縞の袴となります。
近年では、着物と羽織ともに黒、紺、紫、白など、さまざまな色目があり、羽織にはさまざまな模様が配されています。鷹、兜、竜虎、太刀などの勇敢で男の子らしい柄行のものが人気です。
正絹五歳祝着セット

お宮参りの掛け着は5歳のお祝いで使えないの?
こちらは様々な意見や見解があるようです。そのため参考程度にご覧ください。
弊店の見解を述べますと、通常では「使えない」という選択が無難だと考えております。

その理由には。
一般にお宮参りの掛け着は「一ツ身仕立」となります。この一ツ身仕立ては背縫いのないお仕立方法となり、およそ1〜2歳サイズ(最大で3歳くらい)に合わせたサイズです。そのため、5歳のお祝いでお宮参りの掛け着を使うとしても「身巾は狭く」(前がはだけやすい)、「裄が短い」(体の大きいお子様は特に)ということになるでしょう。このような理由で「お薦めできない」となります。

但し、「多少サイズが小さくても…なんとか使いたい」というケースであれば…
お宮参りの掛け着を利用(サイズ的に可能である)されたい場合には、掛け着の「お袖直し」を行い「お着物の代用」としてご着用になられるのが一般的だと思います。

そして男子は羽織・袴姿が正装となります。そのため「羽織」「袴」、この他では「雪駄、帯、末広、羽織紐、懐剣」などを別途ご用意ください。



五歳のお祝いで用意するもの

@5歳祝着
まずは、5歳祝着を用意します。
こちらでご紹介しているのは正絹五歳祝着セットです。「羽織、着物、襦袢、雪駄、帯、末広、羽織紐、懐剣」がセットになっています。五歳祝着セットの主な素材は正絹か化繊に分かれます。
尚、羽織には五ツ紋の家紋を入れていただくのが正式です。(お着物にも入れることも…)

正 絹 五 歳 祝 着 セ ッ ト

A半衿
上記のセット内に半衿が付属されていない場合には別で揃えていただく必要があります。
半衿には白・ブルーなどの色目がありますのでお好みに合わせて・・・。
素材は「正絹」か「化繊」が一般的です。

B足袋
お子様用の足袋にはいくつかの種類があります。
ごく一般的とされるのが「@綿足袋」です。草履との馴染みも良く、足の甲のラインもきれいに履ける、もっとも定番といえる足袋です。

また、近年とても人気の高いお子様用足袋がストレッチタイプの「のびのび足袋」です。伸縮性のある素材となるため、履きやすく楽であることで人気となっています。

ストレッチタイプの足袋は「Aコハゼ付タイプ」と「Bソックスタイプ」に分かれており、前者はコハゼでしっかり止めることで足首までしっかり隠れきれいな着姿となるのが特徴。後者は簡単に履かせてあげることができることが特徴といえるでしょう。
@お子様足袋/四枚こはぜ(綿ブロード)
Aお子様のびのび足袋/三枚こはぜ
Bお子様のびのび足袋(ソックスタイプ)


元のページへ戻る