総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>袋帯について

帯 の 種 類 と 装 い

袋帯について

袋帯は丸帯を簡略化した主にフォーマルに締める帯で、帯結びは二重太鼓や変わり結びにして着用します。

主にフォーマルとして着用する際の「留袖、訪問着、付け下げ、色無地」で使われています。また、近年では色柄のバリエーションが増えたことで、柄行や格によっては「お洒落訪問着、紬訪問着、小紋、紬」のお着物にも利用されています。

袋帯の原型といえる丸帯
丸帯とは、裏表ともに柄があり普通の帯巾の倍(約70cm)に織った帯地を半分に折り返し仕立てられた帯です。昭和初期までは晴れの日の装いに多く締められていました。

丸帯は格調が豊かで豪華なのですが、模様が表裏にあるためかなりの重さとなり着用しているだけでも大変でした。また、帯結びが重労働になることもあり、現在では袋帯が主流となっています。今では丸帯姿を見る機会も少なく、花嫁衣裳や舞妓さんの衣装として使われる程度になってしまいました。
西陣 梅垣織物 袋帯

袋帯の誕生
重くて締めにくいと言われた丸帯に代わり、これらを解消するために明治後期の頃から作られたのが袋帯です。丸帯とは異なり、表は柄、裏は無地で作られた袋帯は丸帯に比べて重量も軽く、様々な変わり結びが行なえることでも非常に扱いやすい帯となりました。

現在、主流となっている袋帯は表地(柄)と裏地(無地)を別々に織り、生地の両脇を縫い合わせているものが多くあります。しかし、当初は表地(柄)と裏地(無地)となる両面を続けて袋状に織った帯地を半分にして丸帯のように仕立てられていました。これを「本袋」といいます。

現在主流である仕立合わせの袋帯と本袋では、ご着用の用途としての違いはありませんが、両面が同じ組織(糸)で続けて織られている本袋は、表地と裏地の馴染みがとても良い帯といえるでしょう。現在でも一部の袋帯は、この本袋で作られているものがあります。

表地(柄)/裏地(無地)
帯芯を入れて口かがり
袋帯の特徴
ご紹介の通り、丸帯とは違い表が柄、裏が無地というのが袋帯の特徴です。

長さ・巾はお品物により若干の違いはありますが、長さは約1丈1尺〜1丈1尺5寸(約4m30cm前後)程度、巾は約8寸2分(約31cm)程度です。

名古屋帯に比べて約70〜80cm程度長い袋帯は、二重太鼓や変わり結びで帯結びを行ないます。

通常、店頭で販売されている袋帯は、口かがり(たれ先と手先)がされていない状態です。これに帯芯を入れ、口かがりのお仕立をしてから着用します。帯芯を入れてお仕立をすることで、適度なハリができ、帯結びの際の箔折れや帯の傷みを軽減することもできます。

しかしながら、帯地の種類や堅い生地質のもの、軽くて薄い帯を好む方などは、それぞれのケースによって帯芯を入れずに「口かがりのみ」でお仕立をすることもあります。

フォーマル向きとお洒落向きの袋帯
袋帯は留袖、訪問着、振袖などで使われるフォーマル向きの柄行のもの。お洒落訪問着、紬訪問着、小紋、紬などで使われるお洒落向きな袋帯のふたつに大別できます。

前者が、ごく一般的といわれる袋帯で晴れの日に着用するにふさわしい格調高い柄行のものを指しています。主に錦織、唐織、綴れ織などの生地のものが多くあります。

フォーマルでの袋帯は、お着物の種類や格調に合わせて選ばれるのがベストです。どんなに格調のあるすばらしいきものでも、帯に格調がないものでは台無しになりかねません。そのため帯選びも大切な要素です。

後者は、お洒落訪問着、紬訪問着、小紋、紬などに合わせられる「洒落袋」(お洒落袋帯)を指しています。こちらは二重太鼓で締められるカジュアル向きの帯となります。
可愛らしいワンちゃん柄
紫芳綴れ洒落袋帯
通常、紬や小紋に合わせる帯は九寸名古屋帯か袋名古屋帯(八寸帯)の一重太鼓が一般的ですが、近年では二重太鼓で締められるお洒落袋帯が人気となっています。

これはお洒落訪問着や紬訪問着などの洒落感の強い訪問着をお誂えになられる方が増えていること。また、一般的な紬であっても高額品や高級化が進み、それに準じたイメージの帯を選ばれることも人気の要因かもしれません。

@フォーマル向きの袋帯
西陣 服部織物 袋帯
Aしゃれ味豊かな袋帯
菱屋善兵衛 木野織物 袋帯
Bお洒落感の強い袋帯
織の弘彩 陣屋織袋帯

様々な柄や格、種類のある袋帯・・・
ほんの一例ですが、上記に3種類の袋帯を並べてみましたのでご紹介してみましょう。

@フォーマル向きの袋帯
西陣で数ある機屋の中でもフォーマル帯では特に定評のある服部織物の袋帯です。
主に留袖、訪問着、付け下げ、色無地の改まった場所におすすめの帯です。服部織物らしい特徴が感じられるのは重厚すぎない品格のある柄行です。西陣の名門ブランドとして服部織物のファンの方も多く、弊店でもご好評をいただいている人気の袋帯です。

Aしゃれ味豊かな袋帯
菱屋善兵衛 木野織物の蔵シリーズの袋帯。明治・大正時代に使われた丸帯の図案が蔵から出てきたものにちなんだのが蔵シリーズの由来です。当時の丸帯を現代の袋帯として復刻したこともあり、当時を思い起こさせるクラシカルでモダンな柄行が多いのも特徴です。付け下げ、色無地、小紋はもちろん、洒落感のある訪問着には最高の逸品です。

Bお洒落感の強い袋帯
織の弘彩 陣屋織袋帯。とてもお洒落感のある袋帯で、お洒落訪問着、紬訪問着、紬、小紋にとお洒落系のお着物におすすめの帯です。袋帯なのでもちろん二重太鼓で結ぶことになるのですが、名古屋帯とは異なり、お洒落訪問着から紬まで幅広いお着物にコーディネートできることでも魅力の帯といえるでしょう。本場大島や結城紬などの高級紬にも多くご着用されています。


元のページへ戻る