総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>八寸帯(袋名古屋帯)について

帯 の 種 類 と 装 い

八寸帯(袋名古屋帯)について

袋名古屋帯(八寸帯)は主にカジュアル着である小紋、紬にご着用いただけます。また、特殊な例として袋名古屋帯の中でも「綴れ織」は別格とされ、色留袖、訪問着などのフォーマルのお着物にも利用できる帯となります。

八寸巾(約30cm)で織られた帯地に帯芯を入れずにかがり仕立てを行ないます。

袋名古屋帯の名称以外では「八寸帯」と呼ばれますが、どちらかというと「八寸帯」という名称の方がスタンダードであるといえるでしょう。
本場筑前博多八寸帯

左:八寸帯/右:九寸名古屋帯
博多八寸帯(未仕立)
袋名古屋帯(八寸帯)の特徴
八寸巾に織られた地厚な帯地(博多織・すくい織・綴織など)で帯芯を入れずにかがり仕立てを行なうのが袋名古屋帯です。

お仕立て上がりの状態での長さ・巾は、長さが約9尺2寸〜5寸(約3m60cm)、巾が8寸(約30cm)となります。

通常、店頭で販売されている袋名古屋帯(未仕立品)は、反物のように巻かれた状態になっています。

名古屋帯との大きな違いといえる部分ですが、袋名古屋帯は元々帯巾が八寸で織られています。お太鼓部分は約1m程度裏に引き返し、帯芯を入れずに両脇はかがり仕立てを行ないます。
また、胴に巻く部分はて先を10cm程半分に折って仕立るのが一般的なお仕立です。この他、て先から胴の部分をすべて半巾に仕立ててしまう「総かがり仕立」。お太鼓部分を縫わないようにしておき、二重太鼓のようにみえる(通称:トンネルかがり)などのお仕立方法があります。

格調ある柄行の「綴織」はセミフォーマルにも・・・
綴織で金糸使いなどの格調ある袋名古屋帯(一重太鼓)は、色留袖、訪問着、付け下げ、色無地にも使われています。

この際、お太鼓部分を縫わないように仕立(トンネルかがり)をすることで帯を着用したときに二重太鼓のようにみえるため、よりセミフォーマルのお着物にも向くことでしょう。もちろん、柄行の格調を合わせてコーディネートすることも重要です。
綴織 袋名古屋帯(八寸帯)

袋名古屋帯(八寸帯)のコーディネート
帯芯なしでかがり仕立てとなる八寸帯は気軽に楽しめるおしゃれ帯となります。主に小紋、紬のカジュアルのお着物にコーディネートしていただくのが基本です。

しかし、小紋や紬の中にも多くの柄行が存在します。小紋であれば友禅染、江戸小紋、紅型、ローケツ染などの技法による違い。上品、粋、モダンなどの柄行による違いがあります。それぞれのお着物に組み合わせ、より相応しい帯をコーディネートしていただくことが最良です。

@三軸組織 西陣八寸帯
A本場筑前博多八寸帯
B本場筑前博多八寸帯

上に3つの八寸帯を並べてみました。
@の三軸組織は組紐の技術を応用して織られた帯です。帯の模様がシンプルでどんな着物にも合わせやすいのが特徴です。ABは博多織の八寸帯ですが、同じ博多織でもイメージがだいぶ違うタイプです。Aの帯は市松模様の粋な柄行が特徴的ですし、Bの帯はお洒落ものにふさわしいモダンな柄行が魅力的です。仮に一枚のお着物に上の3つの帯を組み合わせた場合、帯による柄行で大きくイメージの異なるコーディネートができるのがご想像いただけるのではないでしょうか。

綴れ織などの特殊な例を除き、袋名古屋帯はお太鼓結びを行なう帯の中では「もっとも気軽に楽しめる帯」という基本スタンスが存在します。カジュアル着として個人の好みを強く表現しながら帯選びを存分に楽しんでいただきたい帯といえるでしょう。



弊店オンラインショップにて名古屋帯の販売を行っております!
皆様からのご注文を心よりお待ち申し上げます。




元のページへ戻る