総合トップページへ戻ります!
弊店からのご挨拶(ホームページのご案内) 会社案内・所在地は、こちらからご確認ください! お気軽にお問い合わせください! 弊店が馴染み深いお店・会社をご紹介! お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます!
総合トップページ>防虫剤について

お着物の保管とお手入れ/防虫剤について

防虫剤の種類、使用上の注意点などをご紹介しています!

大切なお着物に虫食いが…
そんなことにならないように、防虫剤にも気を配りたいとこです。

ひとくちに防虫剤といっても、成分や種類により、それぞれ特徴が異なります。こちらでは、防虫剤に関する基本的な「種類」「使用上の注意点」をまとめてみました。

主に衣類で使われている防虫剤は下記の4種類です。
@パラジクロルベンゼン
「パラジクロルベンゼン」は非常に揮発性が高く、効き目が強いのが特徴です。
よく「パラ剤」なんて呼ばれ方をしていますが、防カビの効果もあり天然繊維や化学繊維の保存に向いています。しかし、その効き目の強さのため、合成皮革などには向かず、プラスチック製品(ボタンなど)は光沢が損なわれたりする場合もあります。そしてお着物では多く使われている金彩や金銀糸を「塩素」により黒く変色させる恐れもあります。
効き目の強さはかなり効果がありますが、使用の際には注意も必要な防虫剤です。

Aナフタリン
「ナフタリン」は防虫効果も高く、効力が比較的長続きするのが特徴です。
防虫剤の中では効き目が長いこともあり、次の衣替えまで使える長期間タイプもあり、衣類全般にお使い頂けるものが多いようです。
但し、他の防虫剤と同時に使うことで化学変化を起こしたりする場合もありますので取り扱いには注意が必要です。

B樟脳(しょうのう)
和服の防虫剤の定番として大変多く使われている樟脳。
くすのきの葉の匂いの成分が樟脳で、古くから医薬品としても利用されているそうです。
樟脳はオランダ語でカンフル。カンフル剤なんて聞いたことありますね。
樟脳は、その穏やかな効力と香りの好さから和服収納の防虫剤として多く方に愛用されていますが、ちょっとお値段は高めのようです・・・。やはり、こちらも他の防虫剤と同時に使うことで化学変化を起こしたりする場合もありますので取り扱いには注意が必要です。

Cエンペントリン(ピレスロイド系)
ピレスロイド系は防虫剤特有の匂いがない無臭の防虫剤です。
一般に防虫剤は違う種類を同時に使うことは厳禁とされますが、唯一、違う種類の防虫剤を同時に使用していただけるタイプとなります。また、お着物では多く使われている金彩や金・銀糸を変色、変質させることが少なく、非常に取り扱いやすい防虫剤です。


防虫剤には臭いのあるもの(樟脳・パラジクロールベンゼン・ナフタリン)と無臭(ピレスロイド系)のものがあります。

おきものによく使われる定番といわれる防虫剤に樟脳があります。
お好みにもよりますが、樟脳は臭いが気になる場合もあります。そのような場合は無臭のピレスロイド系の防虫剤がおすすめです。

また、防虫剤は使用法や使用量を守ってご使用ください。
特に「パラジクロールベンゼン」「ナフタリン」は既述の通り、防虫剤としての効力は非常に高いのですが、金彩・金銀糸を傷める可能性もありますので気をつけてご使用ください。


防虫剤の使用方法にも注意が必要です!
違う種類の防虫剤を同時に使うのは危険
2種類以上の違う防虫剤を同時にしようすることで、化学変化をおこして生地にシミができる恐れがあります。このシミはしみ抜きでも取れないことが多いため注意が必要です。

特に「パラジクロールベンゼン」「ナフタリン」「樟脳」は単独でも生地に影響を及ぼす恐れもあるようです。これら3種類の昇華力(気化力)の高い順(効き目の強い順)は・・・。
【パラジクロールベンゼン>ナフタリン>樟脳】の順となります。保管するお着物やお洋服の種類により上手に使い分けることが大切です。(異種類の防虫剤の同時使用は避けましょう)また、これ以外で化学変化や変質の可能性が少ない防虫剤が「エンペントリン(ピレスロイド系)」で、とても扱いやすい防虫剤といえるでしょう。

防虫剤を交換する時にもご注意を…
防虫剤の種類を交換するときは、使用していた防虫剤の残留臭気が消えてから交換を行ってください。たとえ残留臭気でも化学変化を起こし、「変色」や「変質」が発生する可能性がありますのでご注意ください。

防虫剤がお着物に直接触れないように…
近年の防虫剤はパッケージが優れておりますので少ないケースと考えられますが、防虫剤をタトウ紙の中に直接入れてしまうことで、お着物が薬剤に触れてしまう危険があります。
こちらは万が一のパッケージの破損なども考慮し、お着物に直接薬剤が触れない対策を行うことが望ましいでしょう。

防虫剤の使用法・使用量にもご注意を…
多量の防虫剤を使用することで、お着物に悪影響を与えることがあります。
防虫剤の種類により使用量は異なりますが、引き出しや衣装箱の一段に対し、四隅に防虫剤を入れる程度でも十分効果はあると思われます。それぞれの使用法や使用量をご確認の上、防虫剤をご使用いただくこをおすすめいたします。


弊店が取り扱っている防虫剤をご紹介!
「防虫/防カビ/調湿/除臭」4つの効果!
高級保存剤 そうび デラックス
一箱4枚シート入り
高級保存剤 そうび デラックス
弊店HPでお取り扱いをさせて頂いている防虫剤「そうび デラックス」は、「防虫・防カビ・調湿・除臭」と4つの効果がある防虫剤なのでお取替えにも非常に便利です。

成分はエンペントリン(ピレスロイド系)の無臭保存剤となり、防虫剤独特の「いやなにおいがつかない」ことが大きな特徴です。

また、お着物で多く使用されている金彩や金・銀糸を変色、変質させることも少なく、他の防虫剤と同時にお使いいただけることでも、非常に取り扱いやすい防虫剤となっております。
そうびデラックス販売ページへ


番外編 防虫剤と同じくらい大切な防湿剤!
防虫剤と同様に収納で気を配りたいのが「防湿剤」です。
現代のマンションや新築の家では、昔と違って密室度が高く、湿気が篭ります。そのため、カビの問題が多くなってきました。

日常の着用による風通し、虫干しを行なっていただくことが1番良いのですが、念のため、シリカゲルなどの防湿剤も入れておくことをおすすめいたします。シリカゲルは、防虫剤と併用しても化学変化の心配は無いとされています。
湿気によりカビが発生して
しまった大島紬(実例です)

防虫剤を交換される際は、防湿剤も一緒に交換されることをおすすめいたします。

和装用防カビ乾燥剤 きものの友
タンス、引き出し、衣装箱用 シートタイプ!
持続性シリカゲル使用/シート1枚入り
再生シグナル
再生シグナルがピンクに変わったら、直射日光に半日以上
あててください。ブルーにもどったら、再び使用できます。
大切なお着物を湿気、カビから守ります!
和装品の収納では使いやすいシートタイプの防カビ乾燥剤「きものの友」をご紹介させていただきます。

この商品の大きな特徴は、湿気を吸い過ぎてしまった場合でも、繰り返し再利用することができる「持続性シリカゲル」を使用している点が挙げられます。

通常の乾燥剤では、湿気を吸い過ぎて効力がなくなっていても、気がつかずに継続して使用してしまうケースがありますが、こちらは「再生シグナル」にてシートの吸湿状態を一目で確認して頂くことができます。

そのため、再生シグナルが「ピンク」になっている場合には、効力がなくなっている状態を指していますので、日光に半日以上あててシートの湿気を掃うことで再利用が可能です。

大切なお着物だけに…安心してご使用頂ける「きものの友」はおすすめの防湿剤です。
※標準有効期間は開封後約1年となります。
きものの友販売ページへ

元のページへ戻る